最新の記事
Tag : ウェディングフジコ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信・10月17日号
3場開催12頭出走【1-2-3-1-5】


京都開催5頭出走【1-0-2-1-1】
セキサンキセキ7R3歳上500万下ダ140051国分 優作12着
タガノラヴキセキ9R壬生特別芝120053池添 謙一1着
タマモコントラバス9R壬生特別芝120057川田 将雅3着
アカンサス11R秋華賞芝200055横山 典弘4着
アドマイヤサガス12R京都オータムPダ140055岩田 康誠3着


東京開催3頭出走【0-1-0-0-2】
チャームポット10R白秋S芝140055中舘 英二5着
ヒットジャポット10R白秋S芝140057N.ピンナ2着
ウェディングフジコ11R府中牝馬S芝180055黛 弘人16着


新潟開催4頭出走【0-1-1-0-2】
デンファレ5R3歳上500万下ダ120055的場 勇人2着
ホーマンルッツ5R3歳上500万下ダ120055松田 大作6着
キャニオンブラウン6R3歳上500万下芝180057田中 健3着
スターダムオーラ12R竹尾特別芝160057津村 明秀8着


 今日は12頭出走で1勝・2着2回・3着3回・4着1回・5着1回と掲示板に8頭載る素晴らしい結果に。

スポンサーサイト
■フジキセキ通信・10月17日号
2場開催16頭出走【1-2-3-0-10】


京都開催8頭出走【1-2-1-0-4】
サダムパテック4R2歳新馬芝160055柴田 善臣2着
スリーロビンソン4R2歳新馬芝160055浜中 俊12着
プリティアクィーン4R2歳新馬芝160054酒井 学3着
タガノディーバ5R3歳上500万下ダ140053幸 英明10着
エアリアルショット6R3歳上500万下ダ180057浜中 俊6着
ファイアレッド7R3歳上500万下芝240057池添 謙一2着
ジニオマッジョーレ9R壬生特別芝120052渡辺 薫彦10着
マルカベンチャー12R京都オータムPダ140057安藤 勝己1着


東京開催8頭出走【0-0-2-0-6】
ミエノキセキ4R2歳新馬芝200055勝浦 正樹3着
デパール6R3歳上500万下ダ160055田中 博康16着
クロフォード7R3歳上500万下芝140053田中 勝春6着
マシラ7R3歳上500万下芝140053江田 照男3着
マックスバローズ7R3歳上500万下芝140055藤岡 康太7着
グレースエポナ8R3歳上1000万下ダ160055北村 宏司5着
ツクバホクトオー10R白秋S芝140057津村 明秀10着
ウェディングフジコ11R府中牝馬S芝180055丸山 元気5着


 今日も16頭と大挙出走。そして久々の勝利。今日勝てなかったら4週連続未勝利となるところだった。


 京都オータムプレミアムに出走したマルカベンチャーが直線で豪快に差し切って快勝。いつものように後方からのレース、相変わらずダート戦でホントに届くのかなと思わせる位置取りから、相変わらず度肝を抜く末脚を披露しての勝利。直線向いたところではなんとか届いてくれと思っていたが、ゴールするときには2馬身突き抜けているのだから驚きだ。いや、ホントはまれば重賞でも勝ち切れるんじゃなかろうか。本当に楽しみな1頭だ。
【京都オータムP】(京都)?マルカベンチャーが豪快に差し切る


 府中牝馬Sではウェディングフジコ5着と健闘。前走は札幌で大きく負けてしまったが、ここは相手関係が強化された中でもよくがんばった。好スタートから中団で脚をため、直線では外から脚を伸ばしての5着。確かに伸びはいまいちだったところはあるが、もともとそんなにキレるタイプでもないし、インが伸びて前が残る今の馬場で相手を考えれば充分な走りだったとも言える。どこかで重賞勝ちを収めてほしい1頭ではあるが、決めて不足の分だけ勝ち切れないんだよなぁ。
【府中牝馬S】(東京)?テイエムオーロラが制し、人馬ともに初重賞V


 2歳新馬戦ではサダムパテック・ミエノキセキ・プリティアクイーンが馬券圏内に入ってくる好走。サダムパテック上がり2Fともに推定10秒台という究極の上がりを使って後方から追い込んでの2着。結果的に勝てなかったのは引っかかるが、次であっさり勝ち上がるようなら楽しみになってくるというもの。ミエノキセキ伸びない外から1頭追い込んでの結果だけに胸を張っていい。
【メイクデビュー】(京都3、4R)
【メイクデビュー】(東京3、4R)


 500万下ではファイアレッド・マシラが馬券に。ファイアレッドはこれで3戦連続の2着。そろそろ勝ち上がる順番が来てもいいのになぁ。帰ってきた期待馬マックスバローズはとりあえず全然ダメ。使って次、かな。
■フジキセキ通信・8月15日号
3場開催19頭出走【2-4-1-1-11】

小倉開催2頭出走【0-1-0-0-1】
タガノシビル6R3歳未勝利芝120054川田 将雅2着
デグラーティア10R北九州記念芝120053和田 竜二5着

新潟開催10頭出走【2-2-0-1-5】
コルノグランデ1R2歳未勝利芝180054吉田 豊1着
ファストカラー1R2歳未勝利芝180054北村 宏司5着
グァンタナメラ2R3歳未勝利芝140054張田 京2着
ショウナンバレーノ6R3歳未勝利芝180056吉田 豊18着
マイネルヴンダー6R3歳未勝利芝180056松岡 正海2着
アイティアビー7R3歳上500万下ダ120055蛯名 正義11着
ドゥービリーヴイン9R佐渡金銀山特別芝160055嘉藤 貴行15着
ジニオマッジョーレ12R3歳上500万下芝100055松岡 正海1着
スノーライダー12R3歳上500万下芝100057岩部 純二10着
フラッシュバット12R3歳上500万下芝100055西田 雄一郎4着

札幌開催7頭出走【0-1-1-0-5】
カメリアビジュ2R3歳未勝利ダ170054横山 典弘2着
デンファレ6R3歳未勝利芝120051川須 栄彦3着
リーヴタイム7R3歳上500万下ダ100055大野 拓弥10着
バアゼルリバー8R羊蹄山特別ダ170057安藤 勝己9着
ウェディングフジコ9RクイーンS芝180055吉田 隼人9着
ピエナビーナス9RクイーンS芝180055古川 吉洋10着
ベストブルーム12R小樽特別芝150054四位 洋文9着



 19頭出走して2勝・2着4回・3着1回・4着1回・5着2回と、掲示板に10頭という好成績。重賞出走勢がもうひとつがんばれれば最高だったが。


 2歳未勝利戦ではコルノグランデが先行して抜け出す完勝で初勝利デビュー戦は4着と敗れたが、一度使われて馬がよくなった。2着馬を2馬身差、そこからさらに3着馬までは5馬身差、時計も馬場を考えれば充分なもの。これでひと段落という事で、次は秋になってからの出走となりそうだが期待できそうな素材。血統的にも楽しみは大きく、ちょっと注目してみたい1頭
【2歳未勝利】(新潟1R)


 最終では500万下ジニオマッジョーレ直線1000m戦を快勝。この馬は1000m戦では馬が変わったかのように強い。今日は降級戦ということもあって安心して見ていられた。改めて1000万下、直線1000m戦はこの開催中に出走するチャンスはなさそうだが、今度は直線コース以外でも走るところを見せてもらいたい。


 北九州記念人気に推されたデグラーティアはハイペースに巻き込まれる形で5着まで。さすがに前走とは違って重賞戦ということでテンのペースは速くなったが、それにしても32.1秒はきつかったか。さほど無理なく追走したのはさすがといったところだが、最後は荒れたインを走る形にもなってしまい後続に交わされて5着まで。それでも一瞬先頭に立つシーンもあったし、もう少しだけラップが緩んでくれるなり直線で伸びるコースを突くなりできればもっと際どかったか。今日のレースは改めて実力を感じさせたというか、重賞でも充分やっていける手応えがあった。スプリンターズSは賞金的に厳しいのかなぁ……
【北九州記念(GIII)】(小倉)?メリッサ 重賞初V


 クイーンSに出走したウェディングフジコ・ピエナビーナスの2頭は9着・10着。ま、外枠に入った時点できついとは思っていたし、実際にレースでもインにもぐりこめる形は作れずではこの結果もやむなし。両馬ともに条件的には勝負できるコースだっただけに、枠順に恵まれなかったのは本当に残念。ウェディングフジコはまだまだこの先でも重賞のチャンスはありそうだが、ピエナビーナスの方は函館・札幌適性ありきのタイプなだけに、今日はもう少しまともな枠からレースをさせてやりたかったが。


 残り少なくなってきた3歳未勝利戦。秋開催のスーパー未勝利含めても、今日走った馬たちにはあと2戦くらいしかチャンスはないだろうが。グァンタナメラ・マイネルヴンダー・カメリアビジュ・タガノシビルの2着、デンファレの3着と、この5頭は今日勝ち切れなかったことが響きそうで……。ウェディングフジコのような例もあるにはあるが、未勝利戦がある間になんとか勝ち上がってほしいものだ。特にマイネルヴンダーは鞍上がなんか結構期待しているっぽいことを言っているようだしね。
■フジキセキ通信・5月16日号
3場開催12頭出走【1-0-1-1-9】

・京都(5頭出走【0-0-1-0-4】)
タガノサムアップ__2R 3歳未勝利 芝1400 54 川田 将雅_____7着
ローザグランデ___4R 3歳未勝利 芝1600 53 高倉 稜______18着
デルマカラカラ___5R 3歳未勝利 芝1800 56 高田 潤______15着
コパノカチーノ___8R 4歳上500万下 ダ1200 57 浜中 俊____3着
タガノエクリプス__10R 栗東S ダ1400 56 太宰 啓介_______12着

・東京(3頭出走【0-0-0-1-2】)
エクスプレスワン__8R 4歳上500万下 芝1600 57 福永 祐一___4着
プレゼピオ_____10R 是政特別 ダ2100 57 後藤 浩輝_____5着
ウェディングフジコ_11R ヴィクトリアM 芝1600 55 吉田 隼人___12着

・新潟(4頭出走【1-0-0-0-3】)
ハヤブサイッポン__3R 3歳未勝利 ダ1200 56 石橋 脩______10着
ナスノロアール___6R 3歳未勝利 芝1800 56 中舘 英二_____15着
ヒカルアカツキ___6R 3歳未勝利 芝1800 56 石橋 脩______1着
フラッシュバット__12R 湯沢特別 芝1200 55 西田 雄一郎____10着


 12頭出走して1勝。


 ヒカルアカツキが直線で外から突き抜けて完勝。ここまでなかなか結果が出なかったが、今日は人気に応えての完勝。しかしこの馬、なんか人気になるタイプなのかね。前走で負けてた相手とかもいたのに1番人気、てか前走までもさほど人気になりそうな要因なかったのに上位人気だったわけだし。結果、しっかり完勝してるんだから、ファンの見る目があったってことだろうけども。


 ウェディングフジコヴィクトリアマイルでG1挑戦。この高速馬場での時計勝負はやはりこの馬には厳しかったか。次走以降、再び牝馬限定重賞で走ればいつでも重賞勝利のチャンスはあるはず。がんばってほしい。
■フジキセキ通信・4月24日号
3場開催14頭出走【1-1-2-1-9】

・京都(4頭出走【0-0-0-1-3】)
ウォーターリズム__2R 3歳未勝利 ダ1200 54 幸 英明______5着
タマモコントラバス_5R 3歳500万下 ダ1200 54 松山 弘平____9着
コパノカチーノ___7R 4歳上500万下 ダ1200 57 藤岡 佑介___4着
ケイアイアストン__10R Aトロフィ 芝1200 55 秋山 真一郎____7着

・東京(3頭出走【0-0-1-0-2】)
シルクメガリス___2R 3歳未勝利 ダ1600 56 松岡 正海_____9着
ディアシークレット_2R 3歳未勝利 ダ1600 56 藤田 伸二_____3着
ツクバホクトオー__10R アハルテケS ダ1600 56 柴田 善臣____15着

・福島(7頭出走【1-1-1-0-4】)
テイエムゴッド___1R 3歳未勝利 ダ1150 56 田嶋 翔______13着
クイーンズガーデン_3R 3歳未勝利 芝1200 54 石橋 脩______8着
クレメンティア___3R 3歳未勝利 芝1200 54 上村 洋行_____2着
フサイチダイチャン_9R 4歳上500万下 芝2000 57 福永 祐一___1着
ウェディングフジコ_11R 福島牝馬S 芝1800 55 吉田 隼人_____3着
キシュウグラシア__11R 福島牝馬S 芝1800 53 太宰 啓介_____11着
ピエナビーナス___11R 福島牝馬S 芝1800 55 古川 吉洋_____9着


 今日は14頭出走で1勝。重賞での馬券圏内もあったりとまずまずの一日。


 フサイチダイチャン500万下を勝利、ようやく1000万下への昇級となった。前走は休み明け、その前の2走はダート戦と、ノイズを消せばこれくらい走れて驚くほどじゃない。今日は見事な逃げ切りだった。


 福島牝馬Sではウェディングフジコ・ピエナビーナス・キシュウグラシア3頭出し

 人気に推されたウェディングフジコは逃げ争いを見ながら集団の先頭からのレース。直線向いてからの伸びでは勝ち馬・2着馬にやや見劣ったものの、前走に続いて馬券圏内の走り。もう完全に牝馬重賞戦線では主役の1頭に。ピエナビーナスは夏場に北海道で走ってくれるはずなんでそれまでのレースはすべてその調整レース。キシュグラシア格上挑戦で初の重賞で大きく出遅れたのだからどうしようもない。
【福島牝馬S(GIII)】(福島)?レジネッタ 久々の重賞V


 ケイアイアストンは年明け初戦でテンの争いを制してのこの走り。タイム差からも、充分にこのクラスで通用するどころか、叩いて次以降は充分に重賞狙えそう。この馬も本物だ。
■フジキセキ産駒通信・3月14日号
3場開催10頭出走【0-2-1-0-7】

・阪神(4頭出走【0-1-0-0-3】)
タガノシビル____1R 3歳未勝利 ダ1200 54 川田 将雅_____5着
ヒデノキセキ____3R 3歳未勝利 ダ1400 56 武 幸四郎_____9着
タガノディーバ___6R 3歳500万下 ダ1400 54 川田 将雅____5着
キシュウグラシア__12R 4歳上1000万下 ダ1400 55 川田 将雅___2着

・中山(2頭出走【0-1-1-0-0】)
ウェディングフジコ_11R 中山牝馬S 芝1800 54 吉田 隼人_____2着
グレースエポナ___12R 4歳上1000万下 ダ1800 55 後藤 浩輝___3着

・中京(4頭出走【0-0-0-0-4】)
オースミレジスタ__5R 3歳未勝利 芝2000 56 古川 吉洋_____12着
エイワンキセキ___6R 4歳上500万下 ダ1700 55 太宰 啓介___6着
マルチメトリック__6R 4歳上500万下 ダ1700 55 中舘 英二___中止
テイエムノキセキ__7R 4歳上500万下 芝1200 55 古川 吉洋___除外
ジートップキセキ__8R 4歳上500万下 ダ1700 57 西田 雄一郎__13着


 今日は10頭出走で未勝利。重賞連対や掲示板5頭という結果を見ればそんなに悪くもない一日だったのだが……。


 ウェディングフジコ中山牝馬Sで2着好走。中団待機グループの一番前でじっくりと脚をため、4角から直線でもロスなくインを突いて脚を伸ばす。相変わらず競馬がうまい印象。最後は決め手の差で負けてしまったものの、これで前々走のTCK女王盃2着に続いて芝の重賞でも初連対1600m?1800mの牝馬限定重賞は山ほどあるし、実力的にも充分通用するのはすでに証明済み。あとは順番が回ってくるのを待つのみだ。ヴィクトリアマイルではダイタクリーヴァ産駒ブライティアパルスと並んで楽しみ。
【中山牝馬S(GIII)】(中山)?ニシノブルームーン 重賞初制覇


 キシュウグラシアは昇級戦の前走の大敗から一気に巻き返して2着。勝ち馬には千切られたものの、直線での粘りはみどころ充分。これならばこのクラスでも充分にやりあえる。グレースエポナはおそらく引退レース。その引退レースでこのクラスで一番惜しいレース。最後にこうやって素晴らしい走りを見せてくれて感謝の気持ちでいっぱい。


 マルチメトリックは故障で競争中止、予後不良となってしまった。このクラスで3戦連続2着中で、今日こそ勝ち上がりと期待していたのだが……。元PO馬でもあり、他のフジキセキ産駒よりもちょっとだけ気になる存在だっただけに……。ご冥福をお祈りします。
■フジキセキ通信・12月19日号
3場開催21頭出走【1-4-1-1-14】

・阪神(4頭出走【0-0-0-0-4】)
イカイカブラウン__3R 2歳未勝利 ダ1400 55 浜中 俊______7着
テイエムアクション_11R ギャラクシーS ダ1400 56 和田 竜二___9着
アスカルディ____12R 3歳上1000万下 ダ1800 54 村田 一誠___14着
ルアシェイア____12R 3歳上1000万下 ダ1800 55 和田 竜二___11着

・中山(10頭出走【0-2-1-1-6】)
マシラ_______1R 2歳未勝利 ダ1200 54 江田 照男_____12着
マスターソムリエ__2R 2歳未勝利 ダ1800 55 勝浦 正樹_____2着
エイワンキセキ___7R 3歳上500万下 ダ1200 55 横山 典弘____6着
ジャドール_____8R 3歳上1000万下 ダ1200 55 石橋 脩____12着
クーノキセキ____10R 仲冬S ダ1200 55 勝浦 正樹_______4着
ツクバホクトオー__10R 仲冬S ダ1200 56 柴田 善臣_______6着
メガリス______10R 仲冬S ダ1200 57 小林 淳一_______15着
ゴールデンダリア__11R ディセンバーS 芝1800 56 内田 博幸___3着
タガノサイクロン__11R ディセンバーS 芝1800 55 田中 勝春___2着
デュヌラルテ____12R 3歳上1000万下 芝1600 55 横山 典弘___5着

・中京(7頭出走【1-2-0-0-4】)
ラスティングソング_1R 2歳未勝利 ダ1700 54 鮫島 良太_____5着
メインヴォーカル__2R 3歳上500万下 ダ1000 56 丸田 恭介____2着
キシュウグラシア__3R 3歳上500万下 ダ1700 51 国分 恭介____2着
レディービスティー_8R 3歳上500万下 芝2000 55 中舘 英二____1着
メグリ_______10R つわぶき賞 芝1200 54 大野 拓弥_____10着
ウェディングフジコ_11R 愛知杯 芝2000 54 菊沢 隆徳_______6着
ピエナビーナス___11R 愛知杯 芝2000 55 古川 吉洋_______10着



 今日は21頭と大挙出走も勝ち星はひとつのみと少し残念な結果に。3場全てに出走馬があったもののひとつも勝てなかったのがなぁ。


 レディービスティー9ヶ月ぶりの実戦、+28kgという大幅な馬体重増という条件でいきなり勝利。デビュー戦では大物感溢れるレースに将来が嘱望されたが、その後は物足りない走りを続け勝利に見放されていた。それが今年の頭に復帰してからは現クラスで3連続好走、そして再び休養を挟んだ今回はしっかりと勝ち切ってくれた。たくましく成長を遂げた今なら、上のクラスでも通用してくれるはず。


 東のメイン・ディセンバーSでは1番人気に推されたゴールデンダリアが、最速上がりを使いながら3着と脚を余しての敗戦。年明け以降のレース選択を考えるに、この敗戦は致命的だったと言えるだろう。相手を2番人気と決めてレースをしたが、結果的にはそれが敗因となってしまった形。結果論にはなるが、向こう正面で他馬が位置を押し上げたところで一緒に動くのが正解だったというとこ。

 ただ、今日のレースで改めて重賞戦線で戦って行けるポテンシャルを再確認できたし、故障前の状態とまではいかないものの、夢を見ることができそうな段階に入ってきた気がする。だからこそここで賞金加算しておきたかったんだよなぁ。

 結果論にはなるが、向こう正面でインをスルスルと位置取り押し上げたのが成功したのがタガノサイクロン。直線でしぶとく伸びる脚は、ダートの時と変わらずしっかりとしたもの。あの位置からスパートできればこれくらいはやれるってことだ。ま、それがなかなかできないからこの馬は勝ち切れないのではあるが。これでにも目処が立ったし、むしろダートよりはこの馬の脚質で一発の可能性はありそうだ。どこかのオープン特別で一発の姿が見られるかも。
【ディセンバーS】(中山)?ショウワモダンが2番手から抜け出す


 愛知杯ではウェディングフジコが力を出し切っての6着上がり3F34.8なら自分の脚は使えてる。決して凡走じゃないってとこ。事実、5着までの馬は実績的にも格上と言える馬のみ。もう少しこの馬に向いた展開ならもっと差は詰まっただろうが、今日の展開ならこんなもんだろうし上出来だろう。やっぱり重賞はレベルが高いなぁ。

 ピエナビーナスはやっぱ夏場固め打ちタイプってことなんだろうなぁ。無理することもないだろうし、これからもゆっくりやってほしい。


 仲冬Sでは昇級戦まさかの連闘クーノキセキ4着と好走。これには驚かされた。連闘で+8kg、テンでまったく行けず後方追走、この時点で完全に諦めてしまったのだが、最後にしっかりと脚を伸ばして離されこそしたものの4着。正直最初は苦戦が続くだろうと思っていたが、いきなり目処が立った感。もしかして最終的には芝のスプリント重賞とか持って行ってしまう類の馬なのかな。
【仲冬S】(中山)?グリフィンゲートが連勝を飾る


 他にもキシュウグラシア・メインヴォーカル・マスターソムリエ2着好走。現クラスなら充分やりあえる馬たちなんで、近いうちに勝ち星を運んでくれるんじゃなかろうか。
■フジキセキ通信・12月6日号
2場開催7頭出走【2-0-0-1-4】

・阪神(4頭出走【1-0-0-1-2】)
ディオメデス____4R 2歳未勝利 芝1800 55 藤田 伸二_____9着
マルカベンチャー__8R 3歳上1000万下 ダ1400 56 福永 祐一___4着
ヒットジャポット__9R 千両賞 芝1600 55 武 豊________1着
アメジストリング__12R GホイップT 芝1600 56 C.ウィリアムズ__5着

・中山(3頭出走【1-0-0-0-2】)
スペースウォッチ__5R 2歳新馬 ダ1800 55 菊沢 隆徳______5着
マルブツフジ____8R 3歳上1000万下 ダ1800 54 丸山 元気___14着
ウェディングフジコ_11R ターコイズS 芝1600 52 菊沢 隆徳____1着


 7頭出走して2勝掲示板5頭と素晴らしい成績。


 ターコイズSに出走したウェディングフジコ内ラチ沿いをスルスル抜け出して快勝。未勝利戦も勝ち上がれなかったあの仔が遂にオープン特別勝利まで成し遂げてしまった。道中は好位をロスなく追走、直線でも狭いながら1頭分だけ空いた内ラチ沿いを突いて、最後は完全に抜け出しての完勝。

 オープン昇級後は重賞ばかり使われてなかなか結果が出なかったが、その中でもそこそこ見所のある走りを見せていた。前走のエリザベス女王杯でもどこにもないかと思わされるようなところから8着まで追い上げていたし、まだまだ相手関係次第では可能性があるとは思っていたが、今日は本当に素晴らしい走りだったと思う。

 次走は中1週で愛知杯と厳しいローテだが、間隔を詰めて連戦してもへこたれず結果を出してくれるのがこの馬の最大の魅力。今日より相手関係は厳しくなるだろうが好走を願う。
【ターコイズS】(中山)?ウェディングフジコ ラチ沿い抜ける


 2歳戦では千両賞ヒットジャポット見事な差し切り勝ち。道中窮屈な形になって後退、勝負どころの3角辺りでも他の馬について動くことなく待機。このまま終戦かと思ったが、直線向いてから見事な末脚を披露してくれた。道中緩まず勝負どころでぐっと速くなるラップで、2歳500万下にしては厳しいラップだったが、その中で自分から動かずに勝機を待った好騎乗を見せてくれた鞍上にも感謝。今日はすべてがうまくはまった感じだった。

 薄いMilan Millクロス持ち、母父リアルシャダイという血統、案外クラシックに向いた血統にも思える。初勝利まではてこずったが、休養挟んでしっかり成長したところを見せてくれたし、これから春に向けて更にもう一段階成長してくれれば、楽しみな存在となるかもしれない。
【千両賞】(阪神)?ヒットジャポット G前差す


 1000万下昇級戦となったマルカベンチャー4着とまずまずの結果。いまだ掲示板を外したのは1度のみと、オープンまで出世しそうな戦績。今後も要注目。アメジストリングはいつもより短い距離への出走ながら、いつもより前目の位置取りでちょっと驚かされた。なんか外人騎手って馬を先行させるのが巧いって気がする。勝負どころではいつものように異常に遅いエンジン点火で一旦置かれるも、最後の最後にぐいぐいと伸びて掲示板まで持ってきた。すでに1億円以上稼いでいるしこのまま引退でもいい気はするが、可能ならばオープン入りを決めて引退となってほしいなぁ。
■フジキセキ通信・11月15日号
3場開催18頭出走【2-3-3-2-8】

・京都(9頭出走【2-1-1-1-4】)
キシュウグラシア__6R 3歳上500万下 ダ1200 54 秋山 真一郎__6着
マルカベンチャー__6R 3歳上500万下 ダ1200 56 北村 宏司___1着
アドマイヤインディ_7R 3歳上1000万下 ダ1900 53 福永 祐一__4着
バアゼルリバー___7R 3歳上1000万下 ダ1900 55 安藤 勝己__1着
ケアレスウィスパー_10R ドンカスターS ダ1800 54 金折 知則___3着
メイショウアサガオ_10R ドンカスターS ダ1800 53 北村 宏司___11着
ウェディングフジコ_11R エリザベス女王杯 芝2200 56 菊沢 隆徳__8着
ピエナビーナス___11R エリザベス女王杯 芝2200 56 古川 吉洋__18着
エイワンキセキ___12R 3歳上500万下 ダ1400 55 横山 典弘___2着

・東京(2頭出走【0-0-1-1-0】)
クロフォード____9R 赤松賞 芝1600 54 後藤 浩輝______3着
ファルカタリア___11R オーロC 芝1400 53 柴田 善臣_____4着

・福島(7頭出走【0-2-1-0-4】)
メグリ_______2R 2歳未勝利 芝1200 53 宮崎 北斗_____5着
ファイアレッド___8R 3歳上500万下 芝1800 57 中舘 英二___3着
フサイチダイチャン_8R 3歳上500万下 芝1800 57 鮫島 良太___9着
ゼットオーラ____10R 須賀川特別 芝1200 54 長谷川 浩大___6着
アドマイヤマジン__11R 東北S ダ1700 57 石橋 脩_______2着
バトルサクヤビメ__11R 東北S ダ1700 55 太宰 啓介______12着
ヴィーヴァミラコロ__12R 伊達特別 芝2000 55 吉田 隼人_____2着


 18頭出走して2勝2着2回3着3回4着2回5着1回と、掲示板が11頭。


 条件戦でマルカベンチャー・バアゼルリバーが勝利。

 マルカベンチャー34秒台の鬼脚を見せて、最後は突き抜けて手綱を抑える余裕ぶり。4ヶ月ぶりのレースながら、距離短縮がうまくいったのか成長したということなのか、一味違うレース振り。これは1000万下でも楽しみ。

 バアゼルリバーはダート2戦目で突如復活。前走の走りから時間がかかると思われたが、今日は横綱相撲で完勝。こんなレースができればというのをそのままやってくれた感。こちらもデビュー直後から素質の高さを見せていただけに、本格化なればオープンまで期待してもよさそうだが。


 2着勢アドマイヤマジン・ヴィーヴァミラコロ・エイワンキセキ

 1年4ヶ月ぶりのレースとなったアドマイヤマジンがいきなりの2着好走。休養前の連勝を思い出させるには充分の走り。やはりダートの方がいいということだろう。レベルの高い準オープンダート戦線でも勝ち上がりの期待ができそうな1頭だ。
【東北S】(福島)?バロズハート 逃げ切り勝ち

 500万下ではヴィーヴァミラコロ・エイワンキセキ2着好走。2戦連続のヴィーヴァミラコロは出世の期待が高まるところ。最低でも準オープンまでは行ってくれそうだが。エイワンキセキは500万下で長く走って、獲得賞金4000万目前。引退までに乗せてほしいところだ。


 他にも府中1400mの条件がピタリファルカタリアオープン戦で初の掲示板4着や、ケアレスウィスパーが相変わらずダートの長いところで堅実な走りを見せたり、クロフォードがかかりながら3着好走など、各々が自分の力を出してくれた。
【オーロC】(東京)?軽量アイアムカミノマゴ 後方一気でV
【赤松賞】(東京)?アパパネ レコードで連勝


 ウェディングフジコは遂にG1出走未勝利戦を勝ち上がれなかったことを思うと、この舞台に立てただけで頭が下がる思い。その中で8着と充分すぎる結果。よくがんばった。本当によくがんばってくれた。
■フジキセキ通信・10月18日号
2場開催5頭出走【0-0-0-2-3】

・京都(1頭出走【0-0-0-0-1】)
イカイカブラウン__2R 2歳未勝利 芝1800 55 岩田 康誠_____13着

・東京(4頭出走【0-0-0-2-2】)
ツクバホクトオー__10R 白秋S 芝1400 55 池添 謙一______4着
ウェディングフジコ_11R 府中牝馬S 芝1800 55 菊沢 隆徳____15着
エフティマイア___11R 府中牝馬S 芝1800 55 蛯名 正義____13着
ピエナビーナス___11R 府中牝馬S 芝1800 55 古川 吉洋____4着


 5頭出走で未勝利。今週はさびしい週末だったなぁ。


 府中牝馬Sにはピエナビーナス・エフティマイア・ウェディングフジコの3頭出しも、それぞれ4着・13着・15着と敗れた。

 前に厳しい展開になったとはいえ、そこまで前目につけていたわけでもなかったエフティマイア・ウェディングフジコはちょっとがっかりの一戦だったか。両馬ともに33秒台で勝ち負け、最低でも34秒台前半が求められるような馬場・レースには適性がないとはいえ、今日の敗戦はちょっと残念だった。

 一方で上がりに自信ありのピエナビーナスは4着と健闘。これまでは重い洋芝専用というところもあったが、今の時計が出る府中でこれだけ走れたのは収穫。もう少し時計がかかる馬場ならもっと面白いところまであったんじゃないかな、と。エリザベス女王杯はちょっと距離が長いかもしれないが、今の充実度なら挑戦してみてもらいたいところだ。
【府中牝馬S】(東京)?ムードインディゴ 後方一気で重賞初制覇






カテゴリー
CssTagCloud

フジノゴトク  シンメイフジ  アドマイヤシェル  マスターソムリエ  サダムリスペクト  マダムジルウェット  ディープインパクト  キョウエイヒドラ  宝塚記念  トウケイリニア  アラフジ  ブライトライン  タマモホットポット  ブライティアパルス  ブラスリング  マチノアカリ  ジョージジョージ  マーブルフレンテ  ブルミラコロ  スプリングアース  ハッピーサークル  ローザルージュ  アークマイニング  ウインユニファイド  ブルーメリディアン  サダムアリガトウ  ピュアダイアモンド  シャンパンサーベル  ロースミラクル  モンサンビアンカ  関東オークス  ヴィオラーネ  フォールインラブ  プリティアクィーン  レレマーマ  ロードシャリオ  チーフアセスメント  メイショウワッフル  ポッドシルビア  ショウナンバーキン  エーシンデューク  ゴールデンファレノ  メイショウワダイコ  タガノシビル  マックスバローズ  タマモナイスプレイ  プリームス  アドマイヤリリーフ  リターンストローク  カリスマサンキセキ  セイウンオセアン  コアレスリーヴァ  トルバドゥール  ダノンマッキンレー  ブルザンインディゴ  マザックヤース  デストリーライズ  ワキノキセキ  ダノンキセキ  ノースノース  アドマイヤヤング  コールサインゼロ  トーセンラピュタ  マサノジェット  サンライズイーグル  ビバグリーン  ローズミラクル  ダーズンローズ  プントバンコ  タガノビッグバン  キョウエイプライド  アースエンジェル  サンフレイム  タマモホットプレイ  レインボーシャワー  メイショウジビュス  キンシャサノキセキ  アドマイヤサガス  ユアマイラブ  マダムヤッコ  オリアーナ  ベツレヘムスター  オフクヒメ  ゴットマスタング  レッドカーペット  アキトフォルテ  アズマリュウセイ  シャークベイ  ロードクルセイダー  ラプレシオーサ  ルノートル  ゴールデンクラウン  レイヌドネージュ  セイクリッドセブン  Fuji_Fantasy  アドマイヤコウベ  チャームポット  アポロノホウリン  ソフトライム  マルブツフジ  ブルーイングリーン  スパイスシャワー  ゲネラルプローベ  アースワンキセキ  アスクジョーダン  イクシア  ウインブルーローズ  ヤマイチレジェンド  トップライセンス  パシフィックブルー  スリラーインマニラ  タイキソレイユ  フミノウインダム  ハングリージャック  ポリール  アドマイヤシャイ  開催まとめ  アドマイヤモラール  ブンブンブラウ  ノーブルクリスタル  アチーヴ  ラッキーマイラブ  ベルモントホウオウ  ビューティサン  エースドライバー  ショウナンカウィー  シュシュブリーズ  ポップリヴァーサル  秋華賞  テイエムグンカン  ダイオプサイド  ビーナスライン  ナリタプレリュード  ゼトス  スイープトウショウ  アルタイル  ナンヨーカノン  マイネルパッセ  タガノレイヨネ  ブラックルーラー  シュウジ  ジートップキセキ  シャイニーホーク  タマモトッププレイ  ブライティアミル  ナリタシルエット  オブテネール  メメビーナス  ロサギガンティア  クロンドローリエ  ビギンマニューバー  朝日杯FS  ラズベリータイム  ボップリヴァーサル  オベリスク  キングレオポルド  チョウカイキセキ  ゴーソッキュー  タマモベストプレイ  天皇賞  レッドグラサージュ  レイディルアレナ  クラシコ  ヤマイチキセキ  ミッキーマーチ  マルシアーノ  ウェディングフジコ  ヴィクトリアマイル  ピアチェーレ  ホーマンフリップ  ミルキープッチ  ネコエルフ  テイエムライオネス  サンドルトン  ビップフウマ  スナッチアキス  メルヴェイユドール  マサノホーク  フロアクラフト  凱旋門賞  ヒットジャポット  菊花賞  ゴールドヘクター  トーセンアマポーラ  ミツバ  レッドサイファー  タマモコントラバス  ジューンブラジリエ  シングンガガ  ショコラーチ  フジヤマコクリュウ  サトノスティング  セール  ドンデナーダ  ウインオベロン  タカオキセキ  コスモレティクルム  コスモアルヘナ  ミッキーシャンティ  ダイタクリーヴァ  キラリダイヤモンド  ジャドール  ネオザウイナー  ドラケンスバーグ  トゥルーストーリー  コルノグランデ  イチブン  ティノ  アーベントロート  フレンチイデアル  エイシンキンチェム  ビービーボヌール  安田記念  タガノサイクロン  ダノンシャンティ  グレイスティアラ  マックヴァン  ディライトフル  ディオベルタ  ユースティティア  トーセンウィーク  タムロスカイ  NHKマイルC  テンノサクラコ  ノースウィナー  松国ローテ  ミラグロッサ  モンサンナシーラ  トーホウアマポーラ  コルポディヴェント  ダイナミックウオー  馬券  マウントハレアカラ  シャイニーリーヴァ  ステラーケイト  ゴーハンティング  マンボノテイオー  キタサンコンサート  ルールプロスパー  ミリオンウェーブ  チェスナットバロン  エーシンカオルーン  サラマンカ  ジェイウォーク  イスラボニータ  カラマ  ジャーマンアイリス  ミエノキセキ  シャルロットノアル  ピースオブパワー  エーシングランダム  ヒーロー  ツーオブアス  アサクサレーサー  ビッグホワイト  Sushisan  ゴールドキセキ  エルズミーア  ウインレナータ  メイショウサムソン  マレボプール  ツクバホクトオー  サグレス  オンガエシ  ランパスインベガス  アドマイヤダリヤ  アルマオンディーナ  カネヒキリ  オークス  トーセンギャラリー  キスザスターズ  オトコノヒマツリ  クインズサン  ダンツカナリー  キイレ  ウインアズライト  ブラックブリーズ  ベルウッドローツェ  トシファイブスター  帝王賞  パープルセイル  ダンスインザムード  キタサンアミーゴ  ポイントキセキ  グァンタナメラ  ワンダーブラザウン  ヴェリーウェル  ノリノリハッピー  オルティラアスール  プレシャスレディー  ナリタスプリング  プレシャスペスカ  プリンスコウベ  サイタスリーレッド  クイーンキセキ  皐月賞  スマートオーディン  桜花賞  キタサンガンバ  ショークール  ユリオプスデイジー  ハイベストバイオ  マイネルヴォーダン  アカンサス  タガノラヴキセキ  シュネークリスタル  フジキセキ  シルバーキセキ  ストレイトガール  クレバーカイザー  ツキミチャン  グッドラックミー  キタサンエピソード  プリュキエール  バアゼルリバー  ミラクルポイント  プルメリア  ジュヴェビアン  プレゼピオ  エルフショット  メイショウホクシン  応援馬券  クロフォード  コパノカチーノ  オースミレジスタ  ロープアドープ  ジュエルクイーン  ケイアイアストン  ミラクルボネット  セルリアンコスモ  ベストブルーム  ピックアンドポップ  マーセラス  ストローハット  アイムユアドリーム  クーノキセキ  エフティシュタルク  モルトカズマ  マイルCS  クールモア  ダービー  マルカベンチャー  フライトゥザピーク  コスモマーベラス  シャイニングホープ  メリーチャン  ジーガールージュ  キクノエクレール  スマートカルロス  カラフルデイズ  ヒカルカツキ  スティルゴールド  トミケンモヴェール  フィールドベアー  スマイリングムーン  エスピナアスール  ピエナアプローズ  ファントムロード  ピュアダイヤモンド  レアドロップ  ピュアコンチェルト  エリザベス女王杯  カフェラビリンス  ソーミラキュラス  プレスアテンション  リアン  ロンドンタウン  ピンクベリーニ  ショウナンアンジュ  ジュンゲル  ハーツクライ  コスモバルク  スティンライクビー  ウインフロレゾン  オレンジスムージー  グランマルシェ  ジャズダンサー  京都新聞杯  アスクティターン  コアレスレーサー  デンファレ  スズハヤトウー  ドリームパスポート  ショウサンミーベル  シャイニーアース  クラスまとめ  メイプルレインボー  ツインピークス  ニザエモン  サダムパテック  ウインランブル  アスターサンダー  モレサンドニ  コイウタ  リラ  フリーダムマーチ  シンゼンガンプ  セブンサミッツ  クレバートウショウ  ブライティアスター  シャラントレディ  エーシンジャッカル  フジノゴールド  タガノハウリング  ネオキセキ  フェブラリーS  マルカシリウス  スリーキンシャサ  マウントビスティー  コットンパール  ソワンドタイガー  コアレスフェーブル  エイシンシテンノー  サイモンゼーレ  ピッツバーグ  レディーゴー  リアライズリンクス  メイケイペガスター  セラミックアート  ソーディヴァイン  ユキノカトレア  クランドールゲラン  デルマジュゲム  ビップピュアレディ  ダイシンカレラ  エイシンオルドス  ミラクルレジェンド  ミカノレディー  バシレウスライオン  クールマギー  ナリタシークレット  サニーデイズ  ショウナンバッカス  エールブリーズ  ニューレジェンド  バナナムーチョ  サンマルメジャール  パームアイランド  アクロスザヘイブン  サーカスタウン  オメガブルーハワイ  グランセブルス  タピエス  メイショウボノム  ジャパンカップ  シャイニングタイム  ジェネロシティー  コウザンヒキリ  キングノヨアケ  サンデーサイレンス  プロフェッショナル  ビアンカシェボン  サフィロス  レーティングまとめ  スケールアップ  メガオパールカフェ  キンシノキセキ  ヒカルアカツキ  七夕賞  クッカーニャ  サウンドレーサー  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。