最新の記事
Tag : コイウタ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■コイウタ
コイウタの繁殖入りが決定

 コイウタが引退を決定。今後は社台ファームで繁殖牝馬として第二の馬生を送る。

 2歳時から活躍、桜花賞3着のあとはオークスでの競走中止、古馬になってからは人気薄ながらヴィクトリアマイルを制覇2007年度最優秀古馬牝馬に輝いたコイウタ。まだ早い気もするけども、繁殖に上がってからが本番。

 同期のカワカミプリンセス・アドマイヤキッス・キストゥヘヴンらに先駆けて次なるステージに進むことになったのも、競走馬として活躍してちゃんとした実績を残すことができたから。本当によくがんばってくれた。

 現役時代のスピードと瞬発力に加えて、配合相手を選ばない血統構成(さすがにサンデーサイレンス系は厳しいけど)も魅力。母として再びその名を聞くことができれば、これ以上の幸せはない。
スポンサーサイト
■フジキセキ通信・2月2日号
3場開催15頭出走【0-2-1-1-11】

・京都(3頭出走【0-1-0-0-2】)
メイショウラフログ_1R 3歳未勝利 ダ1800 56 田嶋 翔_____2着
ナリタフリッカ___5R 3歳未勝利 芝1400 54 渡辺 薫彦____11着
ミツワフラッグ___5R 3歳未勝利 芝1400 51 田村 太雅____取消
ルアシェイア____12R 4歳上1000万下 ダ1800 51 田中 克典__13着

・東京(5頭出走【0-0-1-0-4】)
アドマイヤラップ__1R 3歳未勝利 ダ1400 54 田中 勝春____7着
ケイアイスカイ___8R 4歳上1000万下 ダ1300 55 藤田 伸二__3着
プリンスコウベ___10R 春望S ダ1400 54 福永 祐一_____7着
コイウタ______11R 東京新聞杯 芝1600 54 松岡 正海___10着
フジサイレンス___11R 東京新聞杯 芝1600 56 江田 照男___13着

・小倉(7頭出走【0-1-0-1-5】)
ファイアレッド___3R 3歳未勝利 芝1800 56 中舘 英二____2着
サクラキセキ____7R 4歳上500万下 芝2600 52 藤岡 康太__8着
ミラキュラス____8R 4歳上500万下 ダ1700 54 中村 将之___6着
エイシンシテンノー_9R 4歳上500万下 芝2000 57 松田 大作___9着
リーヴタイム____10R 萌黄賞 芝1200 54 芹沢 純一_____8着
タガノエクリプス__11R 和布刈特別 ダ1700 57 長谷川 浩大___12着
パスタイム_____12R 香春岳特別 芝1200 55 西田 雄一郎__4着


 今日は重賞にコイウタ・フジサイレンスの2頭出し含む15頭出走も勝ち星はなし。ただ、未勝利戦ではメイショウラフログ・ファイアレッドの2着と先への楽しみも増えた。
■エフティマイア
 阪神JFの前哨戦として京王杯2歳Sを選んだ。サブジェクト萩Sを選んだのと同様に、延性を嫌ったのと本番までの間隔を考えてのことだろうが、さすがにここでも連勝をというのは厳しそうだ。それでも良質のスピードとレースセンスの高さは充分通用するだろう。いい形で本番へ繋いでもらいたい。


■ミリオンウェーブ
 こちらも京王杯2歳Sを使ってくる。朝日杯FSで期待するにはここでもある程度の結果を残してもらいたいところだが。


■コイウタ
 マイルCSへ。前走では斤量負担を考えればそこそこがんばってくれたが、牡馬相手のG1となる次走はどこまで踏ん張れるか。できるだけロスないレース運びでキレを生かせる展開に持ち込みたいところだ。


■ファイングレイン
 こちらは前走の大敗もあってか距離短縮でオーロCへ。春先のレースを見る限りでは距離は持ちそうにも思えるが、スピードを生かすにはある程度短い方がよさそう。相手関係も楽になってくるし、そろそろオープンで勝利が欲しいところだ。


■フジサイレンス
 こちらもオーロCへ。相手関係がぐっと楽になってくれるので少しは期待できそう。これ以上のびしろなんてないだろうから、一戦一戦で力を発揮していってほしい。


■ダンディズム
 霜月Sで復帰予定。D1400mはこの馬のベスト条件。休み明けの影響はあるだろうが、いきなりでも楽しみ。年齢のわりにキャリアが浅く、まだまだ可能性を秘めている一頭なので、オープンでも注目してみていきたいところだ。


■コスモマーベラス
 エリザベス女王杯へと向かう予定。福島に回るかとも思ったのだが。距離も相手関係もちょっと厳しそうだが、ひとつでも上の着順を目指してほしいところ。


■タガノサイクロン
 今週の花園Sへ登録がある。平安SアンタレスSでの走りもそうだが、何より休養前の最後のレースだった大沼Sでの結果からもオープンで通用する実力があるのは間違いないところ。降級戦となる次走では負けてられない。
■フジキセキ通信・10月20日号
3場開催21頭出走【0-1-1-1-18】

・京都(9頭出走【0-1-1-0-7】)
ビギンマニューバー_3R 2歳未勝利 芝2000 55 四位 洋文____6着
メイショウシンゲツ_4R 障害未勝利 ダ2910 60 嘉堂 信雄____13着
ジジラモローゾ___5R 2歳新馬 芝1400 55 北村 宏司_____7着
キッスアンドライド_7R 3歳上500万下 ダ1200 55 角田 晃一___2着
ベレッツァ_____7R 3歳上500万下 ダ1200 52 浜中 俊____8着
ダイワチャーム___8R 3歳上500万下 芝1800 53 鮫島 良太___3着
エイシンイチリン__9R 保津峡特別 芝1400 51 中村 将之____6着
メイショウオキナ__10R 太秦S ダ1400 57 北村 宏司______11着
ファイングレイン__11R オパールS 芝2000 56 四位 洋文____11着

・東京(3頭出走【0-0-0-1-2】)
ドゥービリーヴイン_9R いちょうS 芝1600 54 田中 博康_____4着
コイウタ______11R 富士S 芝1600 56 吉田 隼人_____8着
フジサイレンス___11R 富士S 芝1600 56 吉田 豊______15着

・福島(9頭出走【0-0-0-0-9】)
リキアイノキセキ__4R 3歳上500万下 ダ1700 55 西田 雄一郎__8着
ランプランサス___6R 3歳上500万下 ダ1150 55 岩部 純二___13着
エクロジオン____7R 3歳上500万下 ダ1700 57 津村 明秀___7着
ニシノフジヤマ___7R 3歳上500万下 ダ1700 55 村田 一誠___8着
デイバイデイ____9R 3歳上500万下 ダ1700 57 河北 通____8着
アクロスザヘイブン_11R 西郷特別 芝1800 54 津村 明秀_____7着
マコトジョワイユー_11R 西郷特別 芝1800 52 田中 克典_____9着
ハギノエアロ____12R 会津特別 芝1200 53 荻野 琢真____7着
ハッピームード___12R 会津特別 芝1200 55 赤木 高太郎___9着


 21頭出走と久々に大挙出走、しかも期待馬も多く非常に楽しみにしていたのだが、結果はもう残念としか言いようがない。


 コイウタは得意の府中マイルに戻って期待されたが8着まで。しかし斤量56kgと条件が厳しく、それで1着から0.3秒差ならそれほど悲観することもないか。位置取りが微妙に中途半端だったこともあるし、マイルCSでは斤量が戻るのに人気を落としてくれるだろうから、今度こそ楽しみ。だが、今日の結果がしょせんはG3クラスのメンバー相手のものでしかないというのだけは認識しておくべきか。

 フジサイレンスは後方から伸びず。休み明けの分というよりは実力が足らないというべきか。今後も現役続行ならオープン特別を選びつつしかないか。


 いちょうSではドゥービリーヴインが軽快な逃げでよくがんばったものの、最後1Fでつかまって3着。しかしこの逃げはなかなか魅力的。年明け牝馬相手のオープン特別くらいなら主役を主張できるくらいの実力はありそう。ただ距離についてはマイルが合わないようにも感じた。短い方がいいんじゃないかとも思うが、逆に2000mくらいでテンの速さとしまいの持続する脚を生かすってのも面白いかも。今のうちに色々と可能性を試してもらいたい。


 同じく2歳勢では未勝利脱出が期待されたビギンマニューバーだったが、出遅れておしまい。勝てる実力があるのにこういった形で初勝利を逃してしまうのは今後に響いていきそう。次は確実に結果を残してもらいたい。


 3歳勢では久々エイシンイチリンが出走。軽ハンデで快速ぶりを見せて最後まで踏ん張ろうとしたが、最後1Fが11.1となるような瞬発力勝負ではこの馬には厳しかったか。それでもこれで1000万下で勝負できるメドは立った。次はひと叩きした分もあるし、ペース慣れしてしまえば相手次第で頭まで期待ができる。


 キッスアンドライドダイワチャーム500万下では実力上位の2頭は実力上位というのを見せながらも勝ち切れず。残念。
■グレイスティアラ
グレイスティアラが登録抹消

 ダート界の新女王候補だったグレイスティアラが休養から戻ってくることなく中央登録抹消された。G1・G2・G3の勝ち鞍があり、ダートでは8戦4勝・2着2回・3着1回のほぼ完璧な成績。3歳以降のレース選択にはどうにも疑問が残るものだったので、このまま終わるには惜しすぎる。

 地方で現役続行というのが個人的な希望ではあるが。繁殖にあがるのが馬にとっては一番幸せなんだろうなとも。


■フサイチギンガ
 能力検査で3馬身出遅れながらも問題なく合格ラインクリアの時計。出遅れてのくだりは父を彷彿とだとか言っておけば大物感は煽れそう。デビュー予定は今月27日の新馬戦とのことで。地元では嫌でも期待が集まってしまう存在なんで、なんとか結果を残してほしい。


■コイウタ
 賞金的には3番目と余裕の出走圏内。前走の大敗は忘れて改めてここから立て直してほしい。


■フジサイレンス
 賞金順では19番目。上で1頭回避馬が出ないことには出走すらできない。東京マイルのこの舞台はちゃんと出ておきたいが。


■ファイングレイン
 賞金順では28番目。ちょっと出走が厳しい感じ。ここを除外だと登録のあるオパールSに出走するのかしら。2000mの距離を試すにはいい機会だけども、マイルCSへのステップとしてはイマイチだから気になる。
■ハイパーレスポンス
 先日の帰厩情報に続いて次走の情報も入ってきた。10月21日の比叡Sで復帰予定。足掛け3年で未勝利から1000万下まで3連勝してきた素質馬だが、もう怪我は勘弁。またしても2400mという距離のレースを選んだことからも先々では王道ローテに挑戦する夢もあるんでがんばってほしい。


■コイウタ
 10月20日の富士Sへ。遠征がなく実績のある東京マイルとベストの条件。ここで牡馬相手でもある程度やれるところを見せてほしい。


■ファイングレイン
 こちらも富士Sへ向かうとのことで、NHKマイルCで2着した東京マイルの舞台。復帰後の走りからもG3なら充分にやりあえる実力があるのは間違いない。


■フジサイレンス
 そしてこちらも唯一の重賞勝ち東京新聞杯と同じ東京マイル。年齢的にも厳しくなってきているし、東京新聞杯は乾坤一擲の走りだった感じで実力的にも厳しいが、がんばってほしいところ。


■タマモホットプレイ
 次走は予想通り10月27日のスワンSに向かう。得意の京都で3年前には同レースで優勝経験もある。前走の走りからも好調期に入っているんじゃないかと思われるし、馬券に絡む好走を期待したいところだ。


■キンシャサノキセキ
 賞金加算ローテへとの言葉通り、マイルCSは無視する方向のよう。11月11日オーロC11月23日京阪杯が次走の候補。コースはそれほど問わないタイプだが、平坦の方がより力を発揮できるんじゃないかと思われるので、京阪杯に向かってほしい。でもやっぱり賞金加算を考えたら、確実にオープン特別で勝っておくというのも手ではあるが。


■ナリタプレリュード
 前走では重賞の壁に跳ね返されてしまった。10月28日アルデバランSへ向かうとのこと。オープン特別から少しずつクラス慣れしていってもらえれば。
■フジキセキ通信・9月30日号
3場開催10頭出走【0-2-0-1-7】

・阪神(2頭出走【0-1-0-1-0】)
セレスミラクル___1R 2歳未勝利 芝1800 54 鮫島 良太____2着
センティーレ____4R 障害未勝利 ダ2970 58 白坂 聡_____4着

・中山(2頭出走【0-0-0-0-2】)
コイウタ______11R スプリンターズS 芝1200 55 吉田 隼人___11着
タマモホットプレイ__11R スプリンターズS 芝1200 57 石橋 脩____5着

・札幌(6頭出走【0-1-0-0-5】)
メインヴォーカル__2R 2歳未勝利 芝1200 54 勝浦 正樹____2着
イエローキン____5R 3歳未勝利 芝2000 51 小島 太一____11着
デイバイデイ____9R 3歳上500万下 ダ1700 57 河北 通____7着
ワインアドバイザー_9R 3歳上500万下 ダ1700 57 津村 明秀___11着
ピエナビーナス___11R STV賞 芝1200 53 古川 吉洋_____8着
ワイルドソニック___11R STV賞 芝1200 57 丸田 恭介_____12着


 今日はG1に2頭出し。2頭ともによくがんばってくれた。


 最低人気のタマモホットプレイ5着と大健闘。長らくスプリント路線のトップクラスで走り続けてきた古豪の意地を見せてくれた。

 いつも通りに後ろからのレースになったが、外を回さずにするすると内をついて位置取りを押し上げて、コースロスなく直線脚を伸ばして最速上がりで見事に5着。京都良馬場専用機のイメージを吹き飛ばす好走で着順が上がるまで5着に入ったことにも気付かなかったくらい。正直こんなにやれるとは思っていなかった。

 今年の秋は最後のチャンスにして最大のチャンスかもしれない。得意の京都で行われるスワンS→マイルCSのローテとなりそうだが、中山不良馬場でこれだけの好走を見せた今の充実度なら夢も見られるかも。2001年生世代の代表としてG1戴冠を期待したいところだ。

 コイウタはスタートもよく期待以上の位置取りだったが、4角で追い出してからはまったく伸びずで11着。ついてはいけたものの久々の1200m戦、それもG1のハイラップでは脚をためることができなかったか。不良馬場も堪えたのかも知れない。ま、海外遠征帰りの休み明けでもあるし、マイル路線に戻ってから改めてどこまでやれるか期待したいところだ。



 2歳未勝利戦ではメインヴォーカルセレスミラクルがともに2着と好走。これで昨日から2歳戦は1勝・2着3回・3着1回・6着1回・7着1回と、相変わらず2歳戦の好調は続いている。しかし割りに勝ち上がれないんだよなぁ。

 メインヴォーカルはスローに悩まされたようだし、上がり3Fが12.2-12.1-12.0と尻上がりに速くなるラップを差されたのだから、これは相手を褒めるべきレースだろう。次こそ1着を。セレスミラクルは最速上がりで突っ込んできて2着。もう少し前目の位置取りをできるようになればすぐだろう。競馬を覚えることさえできれば勝ち上がれる馬ではないかと。
【未勝利戦】(札幌2R)?レース後のコメント

【未勝利戦】(阪神1R)?レース後のコメント



 連闘で出走してきたピエナビーナスは8着と大きく負けてしまった。直線いつものように脚を伸ばしていたが、今日はすでに前は捕らえられないところまで離れてしまっていた。1200m戦で勝ち上がった馬だが、今日は1200m戦であるがゆえに負けてしまった形。連闘の影響か馬体重が10kg減っていたのもあったのかも。使い方からなんとか秋華賞というオーナーからの要望があったのかなぁと推測してみるが、これでちょっと出走は苦しくなった。連闘のダメージが気になるし、ここで一旦区切ってほしい。
■サブジェクト
 ポルトフィーノの回避で一気に人気が被りそうになったサブジェクトだが、今日の追い切りでは2歳1勝馬ペプチドルビー5F併せで0.8遅れとイマイチの動き。相手は上がり1Fを11秒台でまとめたのに対して、こちらは12.1となっている。これはちょっとうーん。さほど調教は重視しない方だし、まだデビュー2戦目で調教時計とレース結果とがどう連動するのかも掴めていないのでなんとも言えないが、ここまで時計を出した時は併走馬に遅れることはほとんどなかったように記憶しているのでちょっと気になる。

 この馬に関してはエントリを追うごとにトーンダウンしちゃってる気がするけど、今年の札幌新馬戦で後方から豪快に追い込みを決めたのはこの馬だけ&一番時計ってのを拠り所に、この馬の可能性を信じてみたいところだ。


■コイウタ
コイウタ乗り込み順調/スプリンターズS

【スプリンターズS】美浦レポート?コイウタ


 春にヴィクトリアマイルを勝ったとはいっても、海外遠征惨敗以来の実戦であること、1200mが2歳以来約2年ぶりであることが影響してか、注目度が低くなっている。中山実績はあるし遠征がないのはプラスだし、素直な気性の馬なんであまりに人気にならないようならと思うが。


■ファイングレイン
ファイングレインは富士Sを視野


 ファイングレインもようやく帰ってくる。今年の復帰戦後は1800m戦でも可能性を見せてくれたが、3歳時マイルでいい走りを見せていた馬。スピードは自信があるタイプなんで、再びマイル路線に戻るのは合うんじゃないかと。今年はとりあえず賞金稼ぎつつトップクラスとの実力比較して現在地を知るってのが課題か。
■タマモホットプレイ
 横山典騎手が鞍上ということで、遂に一流騎手が鞍上と楽しみにしていたのだが。横山典が騎乗停止という事態になってしまった。おそらくは今までの主戦の渡辺に戻ると思われるが。

 渡辺に不満があるってわけじゃなくて、一度でいいから重賞、それもG1の舞台で一流騎手が乗った走りを見てみたいと思っていただけにこれは残念。ま、京都良馬場専用機でしょと言われたら返す言葉がないような成績を残している馬なんで、ここでは誰が鞍上だろうと強気になれないのだが。それでも一昨年には0.6差の6着とがんばっているので、今年はそれ以上の結果を目指してがんばってほしいところだ。


■コイウタ
 海外遠征以来の休み明けに加えて久々のスプリント中山実績は一応あるものの、こちらもどうにも強気にはなれない。だが、人気にならないようなら馬券で狙ってみてもいいかもとは思う。マイルだろうと牝馬限定戦だろうと展開がはまったんだろうと、G1馬には違いないのだからあまりなめてると驚くことになる。


■サブジェクト
 新馬戦以来1ヶ月半ぶりに競馬場に戻ってくる。札幌2歳Sは相手も揃ってなかなかに厳しくなりそうだが、あの新馬戦で見せてくれた可能性を今回も見せてくれれば。しかし除外対象ではないのにすずらん賞にも登録してるのはちょっと不思議。


■レディービスティー
 こちらも牝馬では大物候補。クラシックを見据えての一頭だけにここでどうこうってこともなさそうだが、新馬戦のまくって押し切る走りは並みの牝馬にできる芸当じゃない。もちろん上位進出を目指してほしいが、何よりもダメージの少ない走りをしてほしいところ。今回は経験をつめればよしかと。


■ショウサンマグナ
 未勝利戦を勝ち上がったばかりのこの馬も登録してきた。抽選対象な上に連闘になるので本当に出走してくるかはちょっと微妙だが、1800m戦で勝ち上がったレースぶりからもこれくらいの距離かそれ以上が合ってそうなバランスの馬だけに、後々に重賞戦線で走るにはここでもある程度可能性を感じさせる走りを求められるが、果たしてどうだろう。


■ナリタプレリュード
 準オープンを勝ち上がってから休養に入っていたナリタプレリュードが戻ってくる。今年から距離が伸びたシリウスSに登録してきたが、登録馬だけを眺めるとちょっと相手が揃ってしまった。ハンデ次第というところだが、掲示板付近まで来れるようなら今後も楽しみが膨らむ。
■ゴールデンダリア
 スポニチ前夜速報版により。ゴールデンダリアは正式に菊花賞へ向かうことが決定した。鞍上は山藤賞以来の2度目の騎乗となる田中勝春騎手

 長らくG1に手が届かず苦しんでいた田中勝だが、今年はヴィクトリー皐月賞を制覇。勢いそのままに重賞5勝・特別28勝・勝ち鞍も関東では横山典弘と並ぶ87勝でトップ。すっかり頼りになる男となってしまったのだが、まさか再びゴールデンダリアの鞍上に戻ってくるとは考えてなかった。

 そもそも田中勝ヴィクトリーを降ろされたのも理解しがたいが、柴田善ゴールデンダリアから降ろされるのも理解できない。確かにセントライト記念2着は乗り方次第でどうにかなったんじゃないかと思わせる部分はあったものの、7戦中5戦手綱を取っていた関東総大将を降ろすほどの理由は見当たらない。

 ……と思ったが、よくよく見てみると5戦1勝・2着2回3着1回6着1回なのね。そんでもって残りの2戦はそれぞれ田中勝と横山典が乗ってきちっと勝ってるのね。なんか降りるのも分からなくもないような気がしてきた。

 しかしこの馬はドリームパスポートと同様で素直な気性確実に伸びてくる末脚が売りなので、騎手はさほど選ばないだろうし。乗り替わりも続投もたいして影響しない気がしてきた。だからってドリームパスポートのように毎回違う騎手を乗せられても困るし。

 柴田善にしても田中勝にしても今は中距離路線では有力なお手馬もいないっぽいし、どっちに決まってもその後まで任せられそうではあるものの。そろそろ柴田善とのコンビも見慣れてきた頃だっただけに、少しだけ淋しいなぁとは思う。


■スプリンターズS
 結局フジキセキ産駒の登録は、コイウタ・タマモホットプレイ・ナリタシークレットの3頭のみ。他の馬は登録すらなしで。

■コイウタ
 賞金順で出走確定。休み明けいきなりでのスプリンターズSへ。なぜ松岡じゃないんだーという叫びは、単にアイルラヴァゲインに乗るからというのが答えっぽい。1200m戦デビューから3戦経験したのみで久々になるが大丈夫だろうか。同じ中山1200mでカンナSで快勝しているのが救いだが。中山コース自体は得意と苦手ではないはずなので、あとはスタートを美味く出てどうにか好位を奪えればってところ。

■タマモホットプレイ
 賞金順で出走確定スプリント路線総大将もそろそろ後進に道を譲るような年齢に差し掛かってきた。相変わらず京都コース以外ではあまり期待しにくい馬だが、一昨年のスプリンターズSではまずまずの走りを見せてくれている。あの時と同じだけ走れれば今年のメンバーなら掲示板?馬券圏内も充分ありえる。

■ナリタシークレット
 余裕の除外対象。回避馬が何頭出ればいいのか分からないくらい。ここは登録のみだろう。実力的にもちょっと相手が強すぎるし。

■キンシャサノキセキ
 賞金が足らないということで賞金加算ローテへ向かうと陣営から宣言。今年の前半も似たようなことしてたよなぁ……。来年の高松宮記念こそは出走を。

■ビーナスライン
 放牧に出されているのでもちろん登録もなし。このまま引退の道もありえるが、今年の高松宮記念で結果を残したことからも、来年の同じ舞台が花道という可能性が高そうだが。繁殖入りのタイミング的には悪いんだけどもね。

■フジサイレンス
 富士Sに間に合えば……ってくらいなので。
カテゴリー
CssTagCloud

マーブルフレンテ  ビップフウマ  ピックアンドポップ  プリティアクィーン  ネオザウイナー  ピンクベリーニ  スマートカルロス  エーシンジャッカル  ナリタシルエット  ウェディングフジコ  プレスアテンション  ネオキセキ  シャークベイ  アドマイヤシェル  チャームポット  チョウカイキセキ  ハーツクライ  ストローハット  ジャズダンサー  ブライティアスター  ロードクルセイダー  エルズミーア  シュウジ  ヒカルアカツキ  ドラケンスバーグ  ビップピュアレディ  ピュアダイヤモンド  クレバートウショウ  エイシンシテンノー  ショウナンバッカス  ワキノキセキ  レーティングまとめ  ユースティティア  ピアチェーレ  ツインピークス  ウインオベロン  ナリタシークレット  シンメイフジ  プントバンコ  クラシコ  セブンサミッツ  ベルウッドローツェ  アズマリュウセイ  ジャパンカップ  コパノカチーノ  ドリームパスポート  ビーナスライン  ダイナミックウオー  ブライトライン  ナリタスプリング  開催まとめ  フジノゴトク  ショウナンバーキン  マサノホーク  スパイスシャワー  ユリオプスデイジー  メイショウサムソン  ダノンシャンティ  ツクバホクトオー  エーシングランダム  マーセラス  シャイニングタイム  セルリアンコスモ  トーセンラピュタ  コアレスレーサー  ミラグロッサ  タカオキセキ  アドマイヤコウベ  ミラクルポイント  キョウエイヒドラ  グッドラックミー  バアゼルリバー  チーフアセスメント  ダノンマッキンレー  アルタイル  ショウナンカウィー  ラプレシオーサ  マウントハレアカラ  エスピナアスール  エイシンオルドス  マルカベンチャー  ミッキーシャンティ  シンゼンガンプ  ミルキープッチ  秋華賞  クッカーニャ  サダムパテック  ソワンドタイガー  エーシンデューク  ミカノレディー  フレンチイデアル  コアレスフェーブル  ビアンカシェボン  ウインフロレゾン  ローズミラクル  プルメリア  マダムヤッコ  ゴールドヘクター  ボップリヴァーサル  スリラーインマニラ  リアライズリンクス  マックヴァン  サイモンゼーレ  マイルCS  グァンタナメラ  パープルセイル  フジノゴールド  ショウサンミーベル  オトコノヒマツリ  スリーキンシャサ  シャイニングホープ  ケイアイアストン  ショークール  サフィロス  ポイントキセキ  安田記念  ポリール  ゴールデンファレノ  ハングリージャック  デルマジュゲム  ウインレナータ  ウインユニファイド  ダービー  菊花賞  モンサンナシーラ  スケールアップ  タガノハウリング  デストリーライズ  ブライティアミル  クールモア  サンライズイーグル  トゥルーストーリー  サニーデイズ  テイエムライオネス  タガノシビル  京都新聞杯  サイタスリーレッド  オリアーナ  ランパスインベガス  ディオベルタ  メイプルレインボー  オルティラアスール  トーセンウィーク  トーホウアマポーラ  スナッチアキス  キイレ  プリンスコウベ  アカンサス  メリーチャン  ミエノキセキ  シャイニーリーヴァ  ピュアコンチェルト  チェスナットバロン  Sushisan  ダンツカナリー  セール  NHKマイルC  凱旋門賞  カラフルデイズ  サトノスティング  アークマイニング  馬券  ツキミチャン  ダーズンローズ  ブルザンインディゴ  ショコラーチ  ロースミラクル  オベリスク  メルヴェイユドール  スプリングアース  タマモベストプレイ  サンマルメジャール  ルノートル  コスモマーベラス  ブルーイングリーン  ビッグホワイト  ジャドール  ステラーケイト  ブラスリング  グランマルシェ  サウンドレーサー  クーノキセキ  メメビーナス  シャンパンサーベル  キクノエクレール  キョウエイプライド  ショウナンアンジュ  ソーミラキュラス  ティノ  マチノアカリ  タマモホットポット  ダイオプサイド  ロードシャリオ  マザックヤース  クランドールゲラン  アドマイヤダリヤ  タピエス  スイープトウショウ  マックスバローズ  トーセンアマポーラ  ヴィオラーネ  グランセブルス  レレマーマ  モンサンビアンカ  ノーブルクリスタル  フジヤマコクリュウ  メイショウボノム  フリーダムマーチ  タガノラヴキセキ  プレシャスレディー  トップライセンス  ウインアズライト  ラッキーマイラブ  ゴーソッキュー  オレンジスムージー  プロフェッショナル  レッドサイファー  アドマイヤサガス  モルトカズマ  ブルミラコロ  ヴィクトリアマイル  プリュキエール  ナリタプレリュード  タガノレイヨネ  マルブツフジ  ブラックブリーズ  コスモアルヘナ  ルールプロスパー  メイショウジビュス  プレシャスペスカ  ノースノース  タマモコントラバス  スズハヤトウー  キタサンコンサート  メイケイペガスター  タイキソレイユ  マルカシリウス  アポロノホウリン  オメガブルーハワイ  セイウンオセアン  サンドルトン  レインボーシャワー  コアレスリーヴァ  フミノウインダム  ノリノリハッピー  ファントムロード  マンボノテイオー  ジュヴェビアン  カラマ  ディープインパクト  イスラボニータ  アドマイヤモラール  エールブリーズ  デンファレ  ビービーボヌール  スティンライクビー  ベストブルーム  フェブラリーS  サンデーサイレンス  アチーヴ  ビバグリーン  ゴットマスタング  ゴールデンクラウン  シングンガガ  ジュエルクイーン  ヒカルカツキ  キンシノキセキ  メガオパールカフェ  パシフィックブルー  マサノジェット  ユキノカトレア  パームアイランド  クロフォード  ジャーマンアイリス  コールサインゼロ  ジェネロシティー  マイネルヴォーダン  タガノサイクロン  コルノグランデ  ニザエモン  マルシアーノ  キンシャサノキセキ  ローザルージュ  ドンデナーダ  レッドグラサージュ  ピッツバーグ  サダムアリガトウ  ハッピーサークル  ロンドンタウン  ダイタクリーヴァ  クラスまとめ  トルバドゥール  ストレイトガール  クレバーカイザー  キングノヨアケ  シャイニーホーク  ピュアダイアモンド  キタサンアミーゴ  ジュンゲル  アスクティターン  マダムジルウェット  トミケンモヴェール  ゼトス  クロンドローリエ  オブテネール  朝日杯FS  エーシンカオルーン  ヤマイチレジェンド  ミラクルレジェンド  ジーガールージュ  応援馬券  ソーディヴァイン  コットンパール  関東オークス  ネコエルフ  ゴールドキセキ  フォールインラブ  メイショウホクシン  レアドロップ  マレボプール  エルフショット  桜花賞  カネヒキリ  アドマイヤシャイ  帝王賞  タマモトッププレイ  エリザベス女王杯  ヒットジャポット  フィールドベアー  キタサンエピソード  ワンダーブラザウン  ミリオンウェーブ  トーセンギャラリー  コイウタ  ピースオブパワー  レイディルアレナ  シュシュブリーズ  アイムユアドリーム  ヤマイチキセキ  ゲネラルプローベ  オフクヒメ  シャルロットノアル  レッドカーペット  松国ローテ  スティルゴールド  クインズサン  リアン  タムロスカイ  ノースウィナー  オースミレジスタ  ポップリヴァーサル  サダムリスペクト  サラマンカ  ツーオブアス  フジキセキ  ロープアドープ  ビューティサン  アクロスザヘイブン  マイネルパッセ  ウインブルーローズ  ユアマイラブ  ミツバ  ホーマンフリップ  ロサギガンティア  ブルーメリディアン  ナンヨーカノン  シャラントレディ  オンガエシ  テイエムグンカン  アースエンジェル  メイショウワダイコ  ミッキーマーチ  タマモホットプレイ  バナナムーチョ  コスモレティクルム  Fuji_Fantasy  アーベントロート  ソフトライム  ベツレヘムスター  ブライティアパルス  ピエナアプローズ  タガノビッグバン  ダノンキセキ  エイシンキンチェム  クールマギー  シルバーキセキ  ダイシンカレラ  ヴェリーウェル  ニューレジェンド  シャイニーアース  アキトフォルテ  トシファイブスター  プリームス  ラズベリータイム  ベルモントホウオウ  フロアクラフト  ジューンブラジリエ  七夕賞  ジェイウォーク  マウントビスティー  レディーゴー  イクシア  モレサンドニ  ウインランブル  アドマイヤヤング  アスターサンダー  サグレス  オークス  アドマイヤリリーフ  プレゼピオ  キスザスターズ  キタサンガンバ  カリスマサンキセキ  キングレオポルド  サーカスタウン  ジョージジョージ  バシレウスライオン  ダンスインザムード  アルマオンディーナ  トウケイリニア  ブンブンブラウ  天皇賞  ブラックルーラー  スマートオーディン  サンフレイム  カフェラビリンス  リラ  エフティシュタルク  キラリダイヤモンド  エースドライバー  アスクジョーダン  タマモナイスプレイ  セイクリッドセブン  ビギンマニューバー  アースワンキセキ  スマイリングムーン  皐月賞  クイーンキセキ  レイヌドネージュ  コルポディヴェント  ディライトフル  フライトゥザピーク  セラミックアート  グレイスティアラ  イチブン  宝塚記念  メイショウワッフル  マスターソムリエ  ハイベストバイオ  リターンストローク  シュネークリスタル  テンノサクラコ  ヒーロー  ポッドシルビア  アサクサレーサー  ゴーハンティング  コウザンヒキリ  ミラクルボネット  アラフジ  ジートップキセキ  コスモバルク  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。