最新の記事
Tag : スティルゴールド
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信・1月9日号
2場開催7頭出走【1-2-0-0-4】


京都開催3頭出走【1-0-0-0-2】
タガノビッグバン6R3歳新馬ダ180056太宰 啓介8着
スティルゴールド12R4歳上1000万下芝160057浜中 俊1着
タマモコントラバス12R4歳上1000万下芝160056松山 弘平5着


中山開催4頭出走【0-2-0-0-2】
カフェルネッサンス1R3歳未勝利ダ120056中舘 英二15着
ピュアダイヤモンド5R3歳未勝利芝220054福永 祐一9着
コウトヤード6R3歳新馬芝160054小林 淳一2着
キングレオポルド10RサンライズS芝120057福永 祐一2着



 簡易更新。1000万下スティルゴールドが直線早め抜け出しから粘って粘ってそのまま押し切っての勝利。今日は力を最大限出し切ってなんとか勝ち切った印象。上で通用するにはもうひとつ成長してくれないと厳しいか。タマモコントラバスは直線向いた時点で絶望的な位置取りに見えたが、最後は際どいところまで追いつめての5着と、こちらはまだまだ上積みが見込めるか。サンライズSキングレオポルドは良く伸びるも2着まで。直線で一瞬狭くなったところがなければハナだけ出てたんじゃないかというのはひいき目か。どちらにせよ前が残る展開だっただけに、この馬の力は見せる事が出来たか。この馬とタガノラヴキセキが今年のスプリント戦線では楽しみかもね。
【サンライズS】(中山)~ダノンフェアリー 4連勝
【メイクデビュー】(中山3R、6R)
スポンサーサイト
■フジキセキ通信・12月4日号
3場開催16頭出走【4-1-0-2-9】


阪神開催6頭出走【2-1-0-1-2】
ゴットマスタング3R2歳未勝利芝180054国分 恭介1着
ミラクルペガサス6R2歳新馬芝140055藤岡 佑介4着
クレバートウショウ9R再度山特別芝180057武 豊1着
タムロスカイ9R再度山特別芝180056佐藤 哲三2着
オメガブルーハワイ12R3歳上1000万下芝140054C.ルメール13着
キャニオンブラウン12R3歳上1000万下芝140057池添 謙一6着


中山開催5頭出走【2-0-0-1-2】
エフティシュタルク6R2歳新馬ダ180055横山 典弘9着
ニューレジェンド6R2歳新馬ダ180055柴田 善臣1着
ジートップキセキ7R3歳上1000万下ダ120057三浦 皇成7着
スティルゴールド12R市川S芝160056蛯名 正義4着
ヒットジャポット12R市川S芝160056松岡 正海1着


小倉開催5頭出走【0-0-0-0-5】
カラフルデイズ3R2歳未勝利芝120054中舘 英二7着
ジュヴェビアン5R3歳上500万下ダ100054田中 克典8着
サトノレジェンド7R3歳上500万下ダ170056二本柳 壮7着
ヒーロー7R3歳上500万下ダ170056北村 友一5着
シルクナデシコ10R耶馬渓特別芝120055長谷川 浩大9着



 今日は16頭出走で4勝と大爆発。


 市川Sでは昇級戦のヒットジャポットが鋭く抜け出して勝利見事な連勝劇で一気にオープン入りを決めてくれた。まだまだ現時点では重賞でという力強さは感じないが、今日のセンスある走りを見ても思っていたより可能性がありそう。まだ3歳、年明けからいきなり重賞戦線とはいかないにしても、しっかり成長して見せてほしいところだ。4着スティルゴールド昇級戦で外からいい脚。こちらも今日のところは通ったところの差といった感じで、同様にオープンでの活躍が見込まれるところ。この世代は本当にレベル高いなぁ
【市川S】(中山)?ヒットジャポット 連勝


 再度山特別ではクレバートウショウタムロスカイのワンツーフィニッシュクレバートウショウ5ヶ月半の休養もなんのそのであっさり準オープン入りを決めた。初勝利は3歳夏と遅く今年になっての連勝に休み明けで更に充実したところを見せてきた馬だけに、今後もまだまだ成長してくれそう。これなら準オープンでもそれなりに楽しめるんじゃなかろうか。オープン入りは堅そう。タムロスカイはこれでこのクラス4戦して2着2回・3着1回・4着1回という結果。足踏みしているものの市川Sの2頭と比べても同じくらいに期待感がある。こういったもう一息タイプは何かのきっかけで一気に出世したりというのもよくある話。楽しみだ。
【再度山特別】(阪神)?クレバートウショウ 差し切り勝ち


 2歳戦ではデビュー戦ニューレジェンドが外から軽く差し切って勝利。今日はダートのレースだったが芝での走りも見てみたい1頭。とりあえず今日は余裕の勝利だった。未勝利戦でもゴットマスタング豪快な競馬で勝利。大きく出遅れて外を回して差し切り勝ちは圧巻の内容。やや荒っぽいところはのびしろと考えれば、クラシックに向けてまた1頭楽しみな馬が出てきたといったところか。
【メイクデビュー】(中山5R、6R)
【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)

■フジキセキ通信・11月6日号
3場開催10頭出走【2-2-1-0-5】


京都開催4頭出走【0-2-0-0-2】
クエルクス7R2歳500万下芝120054福永 祐一6着
タムロスカイ9R保津峡特別芝180055幸 英明2着
テツキセキ9R保津峡特別芝180057小牧 太11着
ホーマンフリップ11RファンタジーS芝140054古川 吉洋2着


東京開催1頭出走【1-0-0-0-0】
スティルゴールド12R3歳上1000万下芝160056蛯名 正義1着


福島開催5頭出走【1-0-1-0-3】
セイユアドリーム1R2歳未勝利芝120054嘉藤 貴行9着
クリノビッグスカイ4R3歳上500万下ダ170053西田 雄一郎6着
テンザンイカヅチ7R3歳上500万下ダ170057太宰 啓介10着
ジートップキセキ9R3歳上500万下ダ170057中舘 英二1着
メルヴェイユドール10R檜原湖特別芝200053石橋 脩3着


 今日は10頭出走して2勝・2着2回・3着1回と半数が馬券に絡む好成績。


 1000万下では久々のスティルゴールド先手を奪って逃げ切り。クラシックのトライアルに出走までした素質は本物、5か月の休み明けもなんのそので勝ち切って見せた。今日の競馬は5か月の休み明けで初の古馬混合戦だったことを考えると高い評価ができる。直線ではインが伸びるコースではあったが、内外からやってくる追い込み勢を最後もうひと踏ん張りして寄せ付けなかった走りは圧巻。

 これでイチブンに続く準オープン馬となったが、春に結果を残せなかった勢としてはタムロスカイも含めたこの3頭に注目していきたい。いずれは重賞戦線に乗り込んでほしい素材だ。


 500万下ではジートップキセキが勝利。このクラスでは2度の2着があったが、ようやく勝ち切ってくれた。派手さには欠けるが地道に力を付けて順番を待ち続けた強さがようやく報われたか。1000万下はまた一段と相手が強くなるが、堅実な走りで結果を残してほしいところだ。


 ファンタジーSに出走したホーマンフリップは最後猛然と追いつめてハナ差2着調整不安に5か月の休み明けで馬体重は+12kg、キャリアもこれがようやく2戦目、道中では行きたがるところを見せた上に勝負どころでの反応もいまいち、直線向いてからは外からの追い込み勢の勢いに呑み込まれそうにってんじゃ、見てるこっちも完全に諦めたってのに。そこから猛然と脚を伸ばして最後はハナ差まで追いつめての2着なんだからこれはもう地力の高さとしか言いようがない。

 勝ち切れなかったのは本当にもったいないが、なんとか賞金は加算してくれた。今日はベストじゃなかったのは勝負どころの反応の悪さからも明らかで、そんな中でも次につながる結果を得られたのは、年末・来春のG1戦線を見据えたローテを考える上で大きい。能力的には現時点でのデビュー組の中でも上位だと改めて認識させられた。これは昨年のシンメイフジよりもチャンスがあるんじゃなかろうか
【ファンタジーS】(京都)?マルモセーラが粘りこみ、人馬ともに初重賞V


 タムロスカイ1000万下3戦目4着→3着→2着と着順を上げてきた。今日勝ち上がったスティルゴールドと一足先に勝ち上がっているイチブンとともに期待したいところ。
【保津峡特別】(京都)?カネトシディオスが差し切る
■フジキセキ通信・5月8日号
3場開催19頭出走【4-1-2-1-11】

・京都(3頭出走【1-0-1-0-1】)
ミラクルレジェンド_6R 3歳500万下 ダ1800 54 岩田 康誠____1着
メメビーナス____6R 3歳500万下 ダ1800 54 池添 謙一____3着
シャイニーナイト__10R 京都新聞杯 芝2200 56 川田 将雅____13着

・東京(8頭出走【1-0-0-0-7】)
カメリアビジュ___1R 3歳未勝利 ダ1600 54 蛯名 正義_____6着
ライラックパンチ__1R 3歳未勝利 ダ1600 54 内田 博幸_____5着
ダイワトリビューン_2R 3歳未勝利 ダ1300 56 蛯名 正義_____1着
ディアシークレット_3R 3歳未勝利 ダ1600 56 戸崎 圭太_____5着
サトノレジェンド__5R 3歳未勝利 芝1800 56 内田 博幸_____6着
ジェットメジャー__5R 3歳未勝利 芝1800 56 佐藤 哲三_____16着
スティルゴールド__11R プリンシパルS 芝2000 56 田中 勝春___11着
セイクリッドセブン_11R プリンシパルS 芝2000 56 後藤 浩輝___17着

・新潟(8頭出走【2-1-1-1-3】)
マシラ_______2R 3歳未勝利 芝1400 54 大野 拓弥_____1着
メイショウオリビア_2R 3歳未勝利 芝1400 54 吉田 隼人_____2着
キャニオンブラウン_8R 4歳上500万下 ダ1200 57 松田 大作___14着
ジートップキセキ__8R 4歳上500万下 ダ1200 57 三浦 皇成___3着
ドンスピリタス___8R 4歳上500万下 ダ1200 57 丹内 祐次___7着
ゴールデンダリア__11R 新潟大賞典 芝2000 56 柴田 善臣____1着
ドゥービリーヴイン_12R 飛竜特別 芝1000 55 田辺 裕信_____9着
メイショウフレアー_12R 飛竜特別 芝1000 57 北村 友一_____4着


 19頭出走して4勝掲示板には10頭と大爆発。4月10日にも1日4勝やってたけど、ホント今年は全体的に好調。それもすべては3歳勢が過去数年で飛び抜けて優秀ってのがでかいのだろうけど。3歳未勝利500万下で数を稼げるってのはでかいよやっぱり。



 新潟大賞典に出走したゴールデンダリアが直線馬場の真ん中を突き抜けて悲願の初重賞制覇を飾った。セントライト記念で2着してから2年8ヶ月。あの頃は重賞を勝つまでこれだけかかるとは思いもしなかった蟻洞による長期休養から復帰まで1年9ヶ月かかったのがすべてを狂わせてしまった。復帰後はかつての輝きが嘘のような走りを繰り返し、もう終わってしまったのかと思った時もあった。本当に長かった。前走の大阪杯2着、そして今日の新潟大賞典1着。やっと、強いゴールデンダリアが帰ってきてくれた。

 ここ最近のレースぶりから中団辺りを追走するかと思ったが、今日は後方集団からのレース。前はある程度やりあっていただけに悪くない位置取りにも見えたが、直線での瞬発力勝負は3年前ならいざ知らず今のゴールデンダリアにはきつそうに思えた。ところが直線では持ったままで前との差を詰め、追い出されたら一気の伸びで突き抜けてゴールに飛び込んだ。着差はどこまで行っても変わらない種類の1馬身差。文句のつけようがない完勝劇。今日のメンバーでは1枚も2枚も格が違うところを見せ付けた。直線で追い出されてから手前を変える瞬間、内にヨレていたのだけが気になるところ。ダメージになってなければいいが。

 さあこれで胸を張ってG1戦線へ。現在の王道路線を見渡すと、同期のドリームジャーニー4歳牝馬2騎以外にそれほど怖い相手はいない。レベルが低い時代だと言われても構わない、なんとかG1タイトルがほしい。宝塚記念に向かうなら直行か金鯱賞を使ってからか。それともここで一息入れてサマー2000シリーズで実績を積んでから秋の大舞台を目標か。夢は広がるばかり。
【新潟大賞典(GIII)】(新潟)?ゴールデンダリアが6歳にして待望の重賞初制覇


 3歳500万下ではミラクルレジェンドが前走見せた強さそのままに連勝を決めた。よほどダートが合っているのか、5ヶ月の休養で馬が変わってきたのかやっぱり分からないが、強いことは間違いない。これで関東オークスも視野に入ってくるのかな。個人的には芝も試してほしいと思っているが。3着のメメビーナスもこのクラスで勝つ力はありそうだが、脚質的にもしばらく苦労しそう。ゆっくり力をつけてくれればこの馬も古馬になれば準オープンくらい可能性ありそうだ。
【3歳500万下】(京都6、7R)


 未勝利戦ではマシラ・ダイワトリビューンが初勝利。ダイワトリビューンセレクトセールで4000万で落札されているだけに、これくらいはやってもらわないと。どちらかと言えばひとつ勝って安心という思いが勝る。マシラの方はぶっちゃけ驚いた。単勝330倍ってことは世間も驚いたってことだろう。過去5戦、デビュー戦以外は1秒以上開いての二桁着順ここ2戦はダートで2秒以上開いている上に前走は大井での競馬。4ヶ月あれば馬は変わるもんなんだなぁと。


 ダービー一縷の望みをかけた組は全馬大敗外枠からやや無理目に行ったシャイニーナイトは残念だったというか、内目の枠で走らせてあげたかった。スティルゴールドセイクリッドセブンは今日はどうやっても無理だったろうし、成長を待てばまたチャンスもあるだろう。
■フジキセキ通信・4月10日号
3場開催13頭出走【4-1-0-1-7】

・阪神(5頭出走【2-0-0-0-3】)
デルフィニウム___1R 3歳未勝利 ダ1800 54 浜中 俊______14着
スティルゴールド__6R 3歳500万下 芝1600 56 安藤 勝巳____1着
ブルーライトニング_7R 3歳500万下 ダ1400 56 松田 大作____9着
アドマイヤインディ_12R 4歳上1000万下 ダ1400 55 岩田 康誠___7着
キシュウグラシア__12R 4歳上1000万下 ダ1400 55 川田 将雅___1着

・中山(4頭出走【1-0-0-1-2】)
サトノレジェンド__6R 3歳未勝利 芝2000 56 石橋 脩______4着
クレバートウショウ_9R 隅田川特別 芝1600 54 三浦 皇成____1着
キングレオポルド__11R NZT 芝1600 56 福永 祐一________10着
フヨウ_______12R 4歳上1000万下 ダ1200 55 後藤 浩輝___6着

・福島(4頭出走【1-1-0-0-2】)
ボンジュールキセキ_4R 3歳未勝利 ダ1700 53 丸山 元気_____1着
テンザンイカヅチ__6R 4歳上500万下 芝1200 57 太宰 啓介___8着
コパノカチーノ___9R 4歳上500万下 ダ1150 57 古川 吉洋___2着
メイショウフレアー_9R 4歳上500万下 ダ1150 57 芹沢 純一___5着


 今日は13頭出走で4勝の固め打ち1日4勝は最近ではキンシャサノキセキが阪神Cを勝った日に記録して以来。他にもファイングレイン・キンシャサノキセキが高松宮記念で1,2着してエイジアンウインズが準オープンを勝った日なんかも4勝。


 クレバートウショウが前走の500万下からの連勝で一気に準オープン昇格。好位追走からインをうまく抜け出し、最後は交わされたようにも見えたがなんとかギリギリ踏ん張ってくれた。昨年と比較して目に見えるほどの成長ぶりの今ならという思いもあるにはあったが、まさか一発でこのクラスを卒業するとは。現実的に考えれば降級を待ってこのクラスをもうひとつ、夏を越して力をつけてオープン入りってところがこの馬の理想的出世コースか。ただ、ひとつだけ残念だったのは鞍上が高倉君じゃなくなっていたこと。再びコンビを組む姿が見たいねぇ。
【隅田川特別】(中山)?スズカサンバとクレバートウショウが同着


 同じく1000万下ではキシュウグラシア逃げて直線差し返す力強い競馬で勝利。こちらもクレバートウショウと同様に降級待ってもうひとつってところだろう。こちらの方は今日のような競馬が安定してできるなら重賞で姿を見ることができるかもという期待まである。持ち味を発揮するにも先手を奪う作戦は理にかなっているし、1000万下の短距離で実際に先手を奪えているというのも心強い。もうひとつ成長すれば本当に楽しみな存在になりそうだ。


 3歳勢からは平場500万下に出走したスティルゴールド着差以上に余裕がある走りで完勝。馬に無駄にダメージを与えることなく、後ろがやってくる分だけ伸びての2勝目。さすがにデビュー2戦目スプリングSに出走しただけの素質馬だけある。クラシックどうこうじゃなくてもっと先の馬だと思っていたが、今日のレースを見たらダービートライアルで姿を見てみたくなってきた。センスある走りで常に力を発揮できそうなタイプだし、現状でもそれなりに通用してくるかも。
【3歳500万下】(阪神6?7R)


 未勝利勢からはボンジュールキセキ勝ち上がり。前走の走りからすれば、福島に回っての未勝利戦ならこの完勝劇も納得というもの。自らラップを作って上がり最速の内容に時計面も考慮すれば500万下でも即通用ユニコーンSってのは期待しすぎだろうけどダート戦線での出世が楽しみな素材だ。


 NZTに出走したキングレオポルドはいいとこなしの10着。出負けして好位を奪えなかったどころか後方集団、3,4角で一気に差を詰めにかかったが、直線では2歳時の脚は見られなかった。これじゃ出遅れどうこうじゃなく今日は無理だったのかな、と。中間頓挫があったという話だし仕方ないのかなという思いもあるが、それよりも馬体がまったく増えてこなかったのが残念か。元々が500kgを超える大型馬だけに大きくなりすぎても困りものだが、この時期で4ヶ月ぶりの実戦ならもっとハッキリ増えていてほしかったなぁと。


 ようやくデビュー戦サトノレジェンド4着に敗れるも濃い内容。出遅れて後方追走から3角手前から追い出される形。ズブいのかなぁと諦め気味で見ていたが、直線入ってからは豪快に全馬まとめてなぎ倒すような勢いで追い込んできた。さすがに前が残る展開で4着までとなってしまったが、これはまた1頭楽しみな馬が出てきたという印象。次走が今から待ち遠しい。

■フジキセキ通信・3月21日号
3場開催10頭出走【0-3-0-0-7】

・阪神(3頭出走【0-1-0-0-2】)
ディオメデス____7R 3歳500万下 芝1400 56 藤田 伸二____5着
タマモナイスプレイ_10R 六甲S 芝1600 56 四位 洋文_______2着
ヴンダー______12R 4歳上1000万下 ダ1400 57 太宰 啓介___14着

・中山(6頭出走【0-2-0-0-4】)
クロンドローリエ__1R 3歳未勝利 ダ1200 54 吉田 隼人_____14着
エスピナアスール__4R 3歳新馬 ダ1200 54 蛯名 正義______6着
スノーボール____4R 3歳新馬 ダ1200 56 小牧 太_______10着
ハングリージャック_6R 3歳500万下 芝1600 56 蛯名 正義____2着
デュヌラルテ____9R 浅草特別 芝1600 55 横山 典弘_____2着
スティルゴールド__11R スプリングS 芝1800 56 後藤 浩輝____7着

・中京(1頭出走【0-0-0-0-1】)
ゼットオーラ____11R トリトンS 芝1200 55 松田 大作_____11着


 今日は10頭出走して未勝利。2着3回あるし、母父フジキセキアリゼオスプリングSを快勝したし、いい1日だったけども。


 六甲Sタマモナイスプレイ復活の2着。年明けから3戦全て1秒以上離されての敗戦が続いていたが、久々の積極策がはまる形で2着好走。持ち味を生かす手段として、積極策は正解のひとつだということだろう。調子を上げてきたことをもって、このまま続戦とするのか、一旦間隔を取って得意の夏開催まで調整に入るのか。どちらにしても今の状態なら少しは楽しめるんじゃないかと。偉大な兄に追いつけ追い越せ。


 3歳500万下ではハングリージャック2着。先行2番手から持ったままで直線に向いて、外から人気馬が凄い勢いで突っ込んでくるのをギリギリまで引き付けていたが、さすがにそりゃ引き付けすぎってやつでしょ。こちらが加速ついてからは同じ脚色だっただけにその思いは強く。直線向いてすぐそのままスパートしていれば勝っていたのになぁって印象。春のうちに大きいところをと考えるとこの敗戦は痛いけれども、長い目で育てていくならば今日のようなレースもアリなのかも。個人的にはもったいないという思いのほうが強いけれども。
【3歳500万】(中山6R)


 今度こそ引退レースデュヌラルテが、中団待機から直線外に持ち出して追い込み、ご苦労様でしたの2着で締めくくってくれた。1000万下では4度目の2着、というか1000万下へ昇級してからは1度7着した以外は全て掲示板の好走。やっぱり勝たせてあげたかったなぁ。今後は母としての活躍を祈ってます。はい。


 スプリングSでは外孫アリゼオが見事な勝利。共同通信杯3着からよく巻き返した。来週毎日杯に出走予定のダノンシャンティも楽しみが倍増。デビュー2戦目でトライアル出走スティルゴールドは中団待機から直線外へ、一瞬声が出そうなところもあったが、最終的には前が残る展開にやられてしまった。何頭かにも交わされたが、このキャリアであれだけ見所あるレースができれば充分すぎる。ただ、よくなってくるのはもっともっともっと先っぽいかな。ダービーも見送ってが正解か。長い目で。
■フジキセキ通信・2月28日号
2場開催11頭出走【3-2-1-0-5】

・阪神(8頭出走【3-1-1-0-3】)
シャイニーナイト__3R 3歳未勝利 芝1800 56 川田 将雅_____1着
アドマイヤシャープ_5R 3歳新馬 芝1800 56 安藤 勝己______8着
スティルゴールド__5R 3歳新馬 芝1800 56 岩田 康誠______1着
マハーバリプラム__10R なにわS ダ1200 55 川田 将雅______2着
マルカベンチャー__10R なにわS ダ1200 57 安藤 勝己______1着
メガリス______10R なにわS ダ1200 57 石橋 守_______3着
タマモナイスプレイ_11R 阪急杯 芝1400 56 熊沢 重文______11着
ファルカタリア___11R 阪急杯 芝1400 56 藤田 伸二______14着

・中山(3頭出走【0-1-0-0-2】)
ヴィーヴァミラコロ_9R 潮来特別 芝2500 56 戸崎 圭太_____11着
クロカンブッシュ__9R 潮来特別 芝2500 55 松岡 正海_____2着
ワーキングウーマン_10R 両国S ダ1800 55 田中 勝春_______7着


 11頭出走して3勝、というか、6レースに出走して3勝か。馬券に絡んだのが6頭。大爆発といっていいんじゃないかと。


 マルカベンチャー昇級戦もあっさりと突破。準オープンにしてはメンバーに恵まれ、頭数も少なかったのはこの馬にとって良かったが、それにしても危なげない横綱相撲。最後は抑える余裕まで見せてくれた。これでオープン入り。いきなり重賞ってのを望むのは脚質的にも厳しいだろうけど、どこかで必ず重賞を取ってくれるはず。まだまだ明け4歳、先が楽しみ。

 同じレースではマハーバリプラム・メガリスも好走。なんと準オープンでワンツースリーという結果。マハーバリプラムも直線で狭いところを縫って抜け出し、メガリスは外からマルカベンチャーと一緒に末脚を生かしてきた。両者ともにこのクラスでこれくらい好走はできる実力がある。勝ち切るとなるとなかなか難しいところだが、展開さえ向けば可能性はあるはず。
【なにわS】(阪神)?マルカベンチャーが人気に応える


 今日デビュースティルゴールド見事に勝利。直線での反応を見ると、まだまだ体も精神面もできあがってない感じで、これからの馬という印象。それで新馬戦を勝ったのだからこれは期待してもよさそうだ。クラシックに無理に間に合わせようとすると怖いけれども、自己条件をゆったりとしたローテで使ってもらえれば秋には楽しみがありそうだ。
【メイクデビュー】(阪神5R)


 そしてそして。ようやく初勝利を挙げてくれたのがシャイニーナイト。今日は最後まで止まらず、でもなかなかキレずで、ちょっとだけヒヤッとする瞬間はあったが基本的には完勝といっていい内容。ま、前走の2着でいつでも勝ち上がれるだろうってのは分かっていただけに、コレで一安心という気持ちに近いが。じっくり育ててほしい反面、この馬なら長いところで楽しめるかもという思いもある。ダービー菊花賞で見ることができたらなぁ。


 クロカンブッシュは勝ち馬にこそ離されたが2着確保。これで3戦連続の2着となった。なかなか勝ち切れないし、あまり惜しいという印象も与えないが、実力は確か。長いところを選んで使ってもらって、どこかでこのクラス卒業といければ。
【潮来特別】(中山)?マゼランが大差で快勝
カテゴリー
CssTagCloud

ジェネロシティー  ハングリージャック  バシレウスライオン  マイネルヴォーダン  ピースオブパワー  天皇賞  ウインブルーローズ  オベリスク  メイケイペガスター  ゴールデンファレノ  オメガブルーハワイ  セール  ショークール  コイウタ  ユリオプスデイジー  アサクサレーサー  宝塚記念  コスモマーベラス  アルマオンディーナ  ジーガールージュ  ティノ  ゴールドヘクター  ロースミラクル  スマイリングムーン  マンボノテイオー  フジヤマコクリュウ  ダイタクリーヴァ  ブライティアミル  トーセンウィーク  ナリタプレリュード  ショウナンアンジュ  ゴールデンクラウン  コットンパール  マイネルパッセ  エルフショット  ネオキセキ  グッドラックミー  ワンダーブラザウン  ランパスインベガス  シャイニーリーヴァ  ビービーボヌール  ジャパンカップ  サンフレイム  サイモンゼーレ  ツーオブアス  ブルミラコロ  チャームポット  サンデーサイレンス  シュウジ  グランマルシェ  アルタイル  スケールアップ  ビアンカシェボン  フライトゥザピーク  パープルセイル  アズマリュウセイ  デストリーライズ  トミケンモヴェール  フジキセキ  アポロノホウリン  クレバーカイザー  トーセンギャラリー  トップライセンス  オースミレジスタ  モルトカズマ  サーカスタウン  グランセブルス  サンドルトン  スマートオーディン  マルシアーノ  ダノンマッキンレー  フロアクラフト  ピュアダイアモンド  プリンスコウベ  ローザルージュ  フォールインラブ  ブルーメリディアン  エーシンジャッカル  エフティシュタルク  アラフジ  クールモア  シャイニングタイム  エースドライバー  メイショウワダイコ  クインズサン  ブラックルーラー  タマモホットポット  フリーダムマーチ  セラミックアート  ヴィクトリアマイル  ロンドンタウン  ショウナンカウィー  マルカシリウス  ラッキーマイラブ  ベルウッドローツェ  菊花賞  ツクバホクトオー  エイシンシテンノー  プレゼピオ  コアレスレーサー  ジャーマンアイリス  オレンジスムージー  プレシャスレディー  サラマンカ  クッカーニャ  ダイナミックウオー  レッドカーペット  ルールプロスパー  クーノキセキ  セルリアンコスモ  アキトフォルテ  マチノアカリ  ジュヴェビアン  ワキノキセキ  ヴェリーウェル  アスクジョーダン  ゴーソッキュー  マサノジェット  松国ローテ  トウケイリニア  アクロスザヘイブン  バアゼルリバー  オンガエシ  プリームス  レレマーマ  ヒカルアカツキ  キョウエイプライド  アースエンジェル  シュシュブリーズ  ジャズダンサー  ベツレヘムスター  朝日杯FS  フミノウインダム  ポップリヴァーサル  ブルザンインディゴ  セイウンオセアン  ロープアドープ  マイルCS  ステラーケイト  ヤマイチキセキ  シャイニーアース  ピックアンドポップ  ジャドール  アカンサス  メメビーナス  クロフォード  ミエノキセキ  デンファレ  ジュンゲル  クラスまとめ  テイエムライオネス  グレイスティアラ  スパイスシャワー  ヴィオラーネ  ネコエルフ  ショウナンバッカス  スリーキンシャサ  マックスバローズ  フィールドベアー  アドマイヤリリーフ  ニューレジェンド  ミカノレディー  サダムリスペクト  ダノンシャンティ  プルメリア  ハイベストバイオ  オトコノヒマツリ  ショウナンバーキン  マザックヤース  セブンサミッツ  メイショウジビュス  ヤマイチレジェンド  ミッキーマーチ  ルノートル  桜花賞  タマモベストプレイ  メイショウボノム  シャイニーホーク  ユースティティア  レッドサイファー  レッドグラサージュ  ピッツバーグ  京都新聞杯  カラマ  オリアーナ  ソーミラキュラス  テイエムグンカン  スティルゴールド  タガノレイヨネ  コスモアルヘナ  ゴーハンティング  ハッピーサークル  クラシコ  サトノスティング  フジノゴトク  皐月賞  Fuji_Fantasy  ボップリヴァーサル  タカオキセキ  ミリオンウェーブ  ナリタシークレット  アドマイヤモラール  サフィロス  タイキソレイユ  マックヴァン  キスザスターズ  コウザンヒキリ  シャンパンサーベル  ナリタスプリング  コパノカチーノ  イスラボニータ  マダムヤッコ  キタサンエピソード  イクシア  エリザベス女王杯  タピエス  NHKマイルC  レインボーシャワー  キングレオポルド  ビッグホワイト  マスターソムリエ  ストレイトガール  エルズミーア  モンサンナシーラ  アドマイヤヤング  ドラケンスバーグ  パームアイランド  キイレ  ピンクベリーニ  ニザエモン  スイープトウショウ  スリラーインマニラ  メイプルレインボー  アークマイニング  アスターサンダー  パシフィックブルー  七夕賞  モレサンドニ  プロフェッショナル  ベルモントホウオウ  エイシンキンチェム  サダムアリガトウ  ブラックブリーズ  ヒーロー  ウインオベロン  アドマイヤコウベ  チョウカイキセキ  サイタスリーレッド  ノースノース  キタサンガンバ  アスクティターン  ロードシャリオ  マレボプール  スナッチアキス  オブテネール  アースワンキセキ  タムロスカイ  Sushisan  ブライティアパルス  ピアチェーレ  キンシノキセキ  チーフアセスメント  ポイントキセキ  セイクリッドセブン  キクノエクレール  ツインピークス  トシファイブスター  メイショウサムソン  ジートップキセキ  イチブン  ソワンドタイガー  シャークベイ  カラフルデイズ  トーホウアマポーラ  ポリール  安田記念  マーブルフレンテ  ウインアズライト  マウントビスティー  ミッキーシャンティ  ブライトライン  ケイアイアストン  秋華賞  コルノグランデ  アーベントロート  デルマジュゲム  ダイシンカレラ  オークス  ミルキープッチ  ダーズンローズ  ゴールドキセキ  エスピナアスール  アチーヴ  オルティラアスール  エイシンオルドス  グァンタナメラ  ナリタシルエット  ビーナスライン  サウンドレーサー  ジュエルクイーン  タマモトッププレイ  リアン  レアドロップ  ツキミチャン  エーシンカオルーン  トーセンラピュタ  メガオパールカフェ  タガノシビル  シュネークリスタル  ウインランブル  カリスマサンキセキ  ポッドシルビア  ダノンキセキ  タマモナイスプレイ  メイショウワッフル  マサノホーク  カネヒキリ  ジューンブラジリエ  スマートカルロス  マウントハレアカラ  シャルロットノアル  ビップピュアレディ  ウェディングフジコ  コスモバルク  ラズベリータイム  サンライズイーグル  チェスナットバロン  アドマイヤシャイ  タガノラヴキセキ  ミツバ  クールマギー  スティンライクビー  プリュキエール  ラプレシオーサ  ハーツクライ  ミラクルポイント  ドンデナーダ  マーセラス  マルカベンチャー  アイムユアドリーム  コアレスリーヴァ  ローズミラクル  ジェイウォーク  ストローハット  ダンスインザムード  レーティングまとめ  プレシャスペスカ  ノリノリハッピー  ゴットマスタング  オフクヒメ  ダンツカナリー  ウインレナータ  モンサンビアンカ  ディオベルタ  馬券  クランドールゲラン  応援馬券  サニーデイズ  キタサンアミーゴ  ビューティサン  関東オークス  クレバートウショウ  レイディルアレナ  ソーディヴァイン  開催まとめ  キョウエイヒドラ  シングンガガ  ベストブルーム  凱旋門賞  コアレスフェーブル  プントバンコ  ロサギガンティア  ホーマンフリップ  ディライトフル  ブンブンブラウ  シンメイフジ  ドリームパスポート  ミラグロッサ  トルバドゥール  アドマイヤシェル  メイショウホクシン  シルバーキセキ  スプリングアース  エールブリーズ  カフェラビリンス  帝王賞  クロンドローリエ  プレスアテンション  タマモコントラバス  キタサンコンサート  ナンヨーカノン  ピュアダイヤモンド  コールサインゼロ  レイヌドネージュ  ビップフウマ  トーセンアマポーラ  サダムパテック  ディープインパクト  ノーブルクリスタル  フジノゴールド  キラリダイヤモンド  マダムジルウェット  マルブツフジ  フェブラリーS  ピュアコンチェルト  ジョージジョージ  コスモレティクルム  アドマイヤサガス  ネオザウイナー  タマモホットプレイ  ショウサンミーベル  シンゼンガンプ  キンシャサノキセキ  ヒカルカツキ  レディーゴー  コルポディヴェント  プリティアクィーン  ブライティアスター  エーシングランダム  タガノハウリング  ヒットジャポット  ショコラーチ  サグレス  ブルーイングリーン  メリーチャン  トゥルーストーリー  タガノビッグバン  リターンストローク  ロードクルセイダー  ミラクルボネット  テンノサクラコ  ソフトライム  エーシンデューク  シャラントレディ  メルヴェイユドール  キングノヨアケ  ダービー  ブラスリング  シャイニングホープ  リラ  スズハヤトウー  ビギンマニューバー  ノースウィナー  リアライズリンクス  ミラクルレジェンド  ウインフロレゾン  フレンチイデアル  ゲネラルプローベ  クイーンキセキ  ピエナアプローズ  タガノサイクロン  サンマルメジャール  アドマイヤダリヤ  ユキノカトレア  ユアマイラブ  ゼトス  ファントムロード  ビバグリーン  ウインユニファイド  バナナムーチョ  ダイオプサイド  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。