最新の記事
Tag : ドリームパスポート
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信・5月9日号
3場開催12頭出走【1-2-2-1-6】

・京都(3頭出走【0-1-0-0-2】)
テイエムゴッド___1R 3歳未勝利 ダ1800 56 小林 徹弥_____13着
ゼットフジ_____2R 3歳未勝利 ダ1400 54 国分 恭介_____11着
タガノシビル____5R 3歳未勝利 芝1400 54 藤岡 佑介_____2着

・東京(4頭出走【1-0-0-1-2】)
シルクメガリス___2R 3歳未勝利 ダ1600 56 武士沢 友治____6着
サトノエクスプレス_9R 八ヶ岳特別 芝1800 57 横山 典弘____4着
キングレオポルド__11R NHKマイルC 芝1600 57 伊藤 工真____12着
ダノンシャンティ__11R NHKマイルC 芝1600 57 安藤 勝己____1着

・新潟(5頭出走【0-1-2-0-2】)
メイショウギリシャ_2R 3歳未勝利 芝1800 53 川須 栄彦_____3着
エルフガーランド__3R 3歳未勝利 芝1200 51 平野 優______3着
テツキセキ_____10R 二王子特別 芝1800 57 荻野 琢真____6着
テンザンイカヅチ__12R 五泉特別 芝1600 57 太宰 啓介_____2着
ファイアレッド___12R 五泉特別 芝1600 57 古川 吉洋_____5着


 今日は12戦して1勝馬券圏内に5頭掲示板に7頭。内容もその1勝がフジキセキ産駒として3歳芝G1を初勝利と素晴らしい結果に。


 NHKマイルCに出走したダノンシャンティが直線豪快に追い込んで日本レコードで快勝フジキセキ産駒として初めて3歳芝G1を勝利した。3歳G1勝利はジャパンダートダービー・ダービーグランプリでカネヒキリが先に達成世代限定G1勝利のくくりでは全日本2歳優駿でグレイスティアラも達成していたが、芝の世代限定G1勝利はこれが初。過去にはダイタクリーヴァ(皐月賞)に始まり、ブルーリッジリバー(桜花賞)・ドリームパスポート(皐月賞・菊花賞)・ファイングレイン(NHKマイルC)・エフティマイア(桜花賞・オークス)7度の2着があったが、ダノンシャンティ1番人気に応える形で遂に達成してくれた。

 レースは五分に近いながらやや遅れ気味のスタート。そのまま中団につける……と信じてみていたら、中団からやや離れた後方3番手。今日の芝は内が伸びて前残りという傾向がハッキリ出ていただけに、この時点で卒倒しかけた。まだだ、直線でインをつけば可能性はあるはず、なんて思っていたら外々を回していったので更に卒倒。ペースが速いのだけが心のよりどころと見守っていたら、そのまま4角大外へ。直線ではさすがに先行集団は厳しそうというのは分かったが、中団から脚を伸ばしてくる連中の手応えが非常に良い。なんとかゴール前でハナでも捕らえればと見ていたら、中継のカメラワークの関係もあってか400mから200mの間でワープしたかのように先頭に迫ってた。そこからは他馬を圧倒するいつもの末脚で突き抜けて快勝、3歳春のこの時期に驚異的な日本レコード1.31.4という勝ち時計。上がり3Fも1頭だけ飛び抜けた33.5秒形容する言葉を失ってしまうほどの圧倒的な走りだった、としか言えない。

 折り合いに難のあるこの馬にとってハイペースになったのは確かに恵まれたと言えるかもしれない。しかしそれを差し引いても今日のレースで33秒台半ばの上がりを使ってしっかり抜け出したのは驚異的。レース全体の上がり3Fが11.5 - 11.6 - 12.0というラップ、つまり直線で先頭が11秒台半ばを刻む中で一気に前との差を詰め、最後1F12.0秒のところで先頭を交わして突き抜けたのだから、この馬自身は最後の1Fも11秒台の脚を使っていたということ。これまでのレースではいきなり10秒台を刻める瞬発力とそれを2F続けられる豪脚っぷりは証明していたが、このハイペースで流れた中でやはり10秒台を刻みながら最後1Fを11秒台でまとめる走りを見せつけ、充分なスタミナ・持続力も証明。末脚だけで語ればG1を複数勝てる超一流馬の領域に既に突入していることを知らしめた。

 さあ、次はダービー今年のダービーは至る所で語られているように、ここ10年を振り返っても最高レベルじゃないかと思われるほどメンバーが揃った一戦となる。例年なら既に祝杯モード、最悪でも馬券圏内を外すことはないだろうってところだが、今年はまだまだ挑戦者としての立場。近年では稀となった王道路線驀進中ヴィクトワールピサに、無敗で青葉賞を圧勝したペルーサ2強。他の脇役候補も例年なら主役の1頭となれるような馬が多い。ハッキリ言って相手は強い。なんでこの世代に生まれてしまったのかと嘆きたくなるほどに。今日のレースではハイペースのおかげでスムーズに折り合えたが、ダービーでは一気に800mの距離延長ペースも落ち着いてしまうのは確実。その分だけ位置取りは前になってくるだろうが、依然として折り合い難という問題は残っている。鞍上も陣営も距離延長を問題視。今日のレースの反動もあるだろう。厳しい戦いになるのは間違いない。

 それでも。この馬ならその全てを跳ね返して、父が挑むことさえできなかったダービーの舞台で、他の17頭を従えて先頭でゴールするのは夢じゃない

 その先に見える歴史的名馬への道程。それは偉大なフジキセキを超えるためには避けて通れない道。フジキセキファンだった人間の一人としてのを語らせてもらうならば、フジキセキ紡ぐことができなかった物語の続き祖父サンデーサイレンスが最強を高らかに宣言したBCクラシックという大舞台へと挑戦する姿を見てみたい。80年代のアメリカ最強馬だったサンデーサイレンスの血がGlorious Songの血と巡り合い、再びアメリカ最高峰の舞台に戻ってくる。そんな夢物語のような現実を見てみたい。フジキセキを超えるために、フジキセキが語ることができなかったIFを引き継いで、フジキセキ以上の夢を現実に。それが私のささやかな夢。
【NHKマイルC(GI)】(東京)?ダノンシャンティ 驚異のレコードV








スポンサーサイト
■ドリームパスポート
 ブライティアパルスの故障に続いてドリームパスポート故障のニュースが。今後の方針は来週の精密検査後ということだが。

 これで引退なのかねぇ。なんとかもう一度G1で好勝負できる状態に戻ってほしかったけども、現実的に考えて現状の走りと屈腱炎ってことから引退っぽいよなぁ。てか引退した方がいいだろうなぁ。

 シルクフェイマスみたいになっちゃうともう引けないから。すでになりつつあったけども。

 種牡馬入りは……できるよね? 血統的背景とそれなりの競走実績とで。大丈夫だよね。
■フジキセキ通信・10月12日号
2場開催5頭出走【0-0-0-0-5】

・京都(2頭出走【0-0-0-0-2】)
ミラクルフェイマス_1R 2歳未勝利 ダ1200 54 熊沢 重文____10着
ツルマルキセキ___6R 3歳上500万下 ダ1800 54 荻野 琢真__8着

・東京(3頭出走【0-0-0-0-5】)
アメジストリング__10R オクトーバーS 芝2400 54 武 豊____5着
ドリームパスポート_11R 毎日王冠 芝1800 57 三浦 皇成____11着
フィールドベアー__11R 毎日王冠 芝1800 57 秋山 真一郎___10着


 今日は5頭出走も楽しみな一日だと思っていたのだが。


 アメジストリング昇級戦5着で3連勝とはいかず。それでも内容的には充分満足できるもの。

 スタートもうまくいって内枠を利して好位追走。直線では内をついて最短距離を走ろうとしたが、止まった逃げ馬が壁になる形。外に進路変更して追い出すも時既に遅しと、敗因はハッキリ。それでこの着差だから、このクラスで充分通用する。

 ただ、この馬のキレのなさを考えると、3?4角でもう少し積極的に乗ってもらいたかったなぁという印象。タップダンスシチーとは言わないけども、もっと強気なレースをする鞍上の方が手があってるかも。って、武豊にケチつけてりゃ世話ないんだけども。

 アルゼンチン共和国杯ってフルゲート割れすることもちょいちょいあるレースなんだけども、出走を検討してくれないのかな。焦る必要ないんだけども、なんかチャンスありそうなんだよなぁ。
【オクトーバーS】(東京)?ジャガーメイル 休養を挟んで3連勝


 毎日王冠に出走した2頭はともに二桁着順。なんとも。

 ドリームパスポートは中団からまったく伸びず。キレのあるタイプではあるが、実は33秒台の上がりとなるようなレースが得意じゃない、なんてのも言い訳にしか聞こえないような走り。後ろに交わされたのはちょっとショックだったなぁ。強かった頃の面影がまったく感じられない走りだった。

 休み明け、距離不足ってのが敗因と言えなくもないかもしれないが、しょせんは言い訳の範囲内。天皇賞も賞金的にライン上ギリギリだし、ローテ的にもアルゼンチン共和国杯が無難なのかなぁ、と。ハンデもキャリアからすれば軽いものになりそうだし、そこでもう一度見てみたい。できれば上がり34秒台で最速上がりになるようなペースで。

 フィールドベアーは2番手追走から直線で後続にどんどん追い抜かれ。ただ、10着まで下がったものの止まったという感じでもなく。元々がこういった上がり勝負に弱いタイプだし、時計もかなり速かったし、相手も強かったしでここは仕方ないのかも。ただ、どう考えても毎日王冠じゃなくて京都大賞典だろって思うんだよなぁ。輸送してまで2000mを切る距離に使うのは違う気がする

 昨年秋からずっと走っていたわけだし、G1では賞金的にも実力的にもちょっと厳しそうなんで、そろそろ休養に入ってほしい。それで早ければ年明けの日経新春杯くらいからの復帰なんてのが理想的かも。
【毎日王冠】(東京)?スーパーホーネットが重賞3勝目 ウオッカは惜敗

■フジキセキ通信・6月29日号
3場開催11頭出走【2-0-0-1-8】

・阪神(7頭出走【2-0-0-0-5】)
タイセイビエント__1R 3歳未勝利 ダ1400 54 幸 英明_____7着
マイディアダーリン_2R 3歳未勝利 ダ1200 54 河北 通_____9着
スナークムサシ___6R 3歳上500万下 ダ1800 57 高橋 亮___14着
ナリタダイコク___8R 香住特別 芝2200 53 佐藤 哲三____1着
ドリームパスポート_10R 宝塚記念 芝2200 58 蛯名 正義____9着
アドマイヤマジン__11R 鷹取特別 ダ2000 57.5 川田 将雅___1着
マルブツフジ____11R 鷹取特別 ダ2000 56 横山 典弘___9着

・福島(3頭出走【0-0-0-1-2】)
オウシュウブーン__1R 3歳未勝利 芝2600 56 柴田 善臣____6着
ウェディングフジコ_9R 3歳上500万下 芝2000 55 松岡 正海___4着
フジサイレンス___11R バーデンC 芝1200 53 五十嵐 雄祐___8着

・函館(1頭出走【0-0-0-0-1】)
シャルロットノアル_9R 3歳上500万下 ダ1700 55 秋山 真一郎__11着


 11頭出走で2勝。それも秋が楽しみな馬の勝利。


 アドマイヤマジン1000万下連勝。勝って降級同条件ということだったが、2着馬は前走1600万下で連対している馬。それを相手に1馬身以上引き離しての快勝ということで、今後が本当に楽しみになってきた。順調に出走さえできれば夏の間にオープン昇格も充分。夏の上がり馬として期待したいところだ。


 ナリタダイコクも初古馬戦となったここで見事勝利。前走で3歳限定とはいえオープンで惜しい2着しただけあって、500万下でくすぶっているような実力じゃないということか。着差は小さいもののペースや位置取りから実力的に上位と感じさせる勝利だった。相手も上の条件で好走していた馬だけに、こちらも夏の上がり馬としての活躍が期待できそう。秋には菊花賞トライアルか。
【香住特別】(阪神)?祖母にタニノターゲットのナリタダイコクが2勝目


 芝に出走してきたウェディングフジコだったが、今日は勝った馬が強かった。直線で狭いとこに入ったがこじ開けて伸びてきていたのだが、相手が悪かったか。も少し楽にレースできれば2着はあったはず。こちらも2勝目は近い。


 バーデンバーデンCにはフジサイレンスが出走。ここ最近はまだまだ力があるなと思わせる末脚を見せてくれていたが、今日は直線で馬場の悪いところを走らされた分だけ伸びがイマイチ。オープン特別なら馬券圏内ホントいけそうだなぁ。


 ドリームパスポートはまずは休養を。ゆっくり休んで疲れを取ってから、ビシバシ追い切ってきっちり絞れた体でレースに出てきてほしい。
宝塚記念ファン投票 最終結果発表!!


*8位 ドリームパスポート__32,019 牡5 稲葉隆一
36位 エイジアンウインズ__6,685 牝4 藤原英昭
61位 キンシャサノキセキ__3,633 牡5 堀宣行
68位 カネヒキリ______3,085 牡6 角居勝彦
74位 エフティマイア____2,636 牝3 鹿戸雄一
91位 ファイングレイン___1,833 牡5 長浜博之


 ドリームパスポート人気あるなぁ。昨年の宝塚記念ファン投票最終結果発表 では圏外(リストに馬名がなかったんだっけ)だったのに。帰ってきたとはいっても未勝利だし。それで3万票集まるんだから凄い。

 対してエイジアンウインズの人気の低いこと。昨年のヴィクトリアマイルを勝ったコイウタは14位だったのに。エイジアンウインズはG2から連勝したってのに。うーん。ヴィクトリアマイルが終わった後もエイジアンウインズが強い弱いじゃなくてウオッカが不甲斐ないって言葉ばかり聞こえてきたくらいだし、みんなもうエイジアンウインズがG1勝ったっての忘れてるんじゃないのかなこれって。悔しいから馬名連呼。

 キンシャサノキセキは遂にG1連対と人気に見合った結果が残せたが、人気投票での位置は変わらず。一昨年の有馬記念との比較だと順位落ちてるとか。なんじゃそりゃ。

 カネヒキリは随分と下がってしまったが、それでもまだこれだけ投票されてるのは幸せ。早く帰って来い。

 エフティマイアは低いなぁと思ったが、3歳牝馬に限定すれば3番目。オークス馬が抜けてるのはいいとして、桜花賞・オークス2着でなんで他と横並びなんだよって気はする。人気ないのかなぁ。ないんだろうなぁ。

 ファイングレインの人気の低さは異常。こちらも3連勝でスプリントG1勝利ってのを既に忘れられてそうだな。
■フジキセキ通信・5月4日号
3場開催15頭出走【0-0-1-1-13】

・京都(6頭出走【0-0-0-0-6】)
マハーバリプラム__4R 3歳未勝利 芝1200 54 川田 将雅____5着
ワキノキルシェ___4R 3歳未勝利 芝1200 51 船曳 文士____12着
ヴンダー______9R 紫野特別 芝1800 57 内田 博幸____7着
ビッグファルコン__9R 紫野特別 芝1800 57 和田 竜二_____9着
ケアレスウィスパー_10R 上賀茂S ダ1800 55 福永 祐一_____6着
ドリームパスポート_11R 天皇賞(春) 芝3200 58 松岡 正海____9着

・東京(4頭出走【0-0-1-0-3】)
クーノキセキ____11R スイートピーS 芝1800 54 酒井 学____8着
ブライダルフェア__11R スイートピーS 芝1800 54 蛯名 正義____15着
メイショウアサガオ_11R スイートピーS 芝1800 54 武士沢 友治____6着
ニードルポイント__12R 4歳上1000万下 ダ1600 57 吉田 隼人____3着

・新潟(5頭出走【0-0-0-1-4】)
サクラメフィウス__7R 4歳上500万下 ダ1200 52 三浦 皇成____15着
センティーレ____7R 4歳上500万下 ダ1200 55 石橋 脩_____10着
トーセンアイリス__7R 4歳上500万下 ダ1200 54 的場 勇人____12着
サバスデイ_____12R 三条特別 ダ1800 57 渡辺 薫彦_____5着
ワインアドバイザー_12R 三条特別 ダ1800 57 津村 明秀_____4着


 今日も静かな一日。3歳勢の奮起を期待していたんだけども残念だ。


 ドリームパスポートが負けた。なんか普通に負けた。外差し馬場だったのかなぁって感はあるにしてもまったく伸びず。4角で前が塞がってくれたおかげで脚がためられたにもかかわらず、直線で弾けるところがなかった。京都コースだったのに何もできなかった。

 気持ちよく外回したレースもそろそろ見てみたいかも。いや、インを突くことは悪いことじゃないし、皐月賞やJCではそれで結果残しているんだから合ってないわけでもないだろうけど。色々やってほしい。このまま終わらせちゃ可哀想。


 ケアレスウィスパーは相変わらずダートの長いところなら堅実に走っている。2000m超えの距離ならオープン入りまで狙えそうだが。そろそろ目先を変えて芝の長いとこにも目を向けてもらいたい気がする。


 ニードルポイント1000万下で連続3着。今日も直線で3頭馬体を併せて追い比べとなったが、後一歩足らない感じで残念。実力的には充分勝ち上がりが狙えるはず。降級時期までになんとかひとつ勝ってほしい。
■フジキセキ通信・4月7日号
2場開催3頭出走【1-0-0-2-0】

・阪神(3頭出走【1-0-0-2-0】)
マジックディーヴァ_2R 3歳未勝利 ダ1200 54 武 豊______4着
ファイアレッド___5R 3歳未勝利 芝1600 56 池添 謙一____1着
ドリームパスポート_11R 大阪杯 芝2000 57 松岡 正海_____4着


 今日は3頭出走のみ。ものっそい少ないね。でも全頭掲示板。


 ファイアレッドが遂に初勝利。これで2日連続PO馬の勝利。ラップ内容も着差も完勝といって問題ないレベル。500万下でも即通用クラスの内容だった。順調に力を付けていけば、古馬になってオープンまで望めるだけの潜在能力がありそう。長い目で見守っていきたいところだ。


 マジックディーヴァは出負け気味のスタートだったとのこと。スムーズにレースができればこちらも未勝利なら上位の実力。じっくりと。


 そしてドリームパスポート。なんかいつも以上にヒョロっとした馬体に見えたが走りはまずまず。馬券圏内に惜しくも届かなかったものの、この馬なりの走りはできている。インを突いて結局前が開かなかったというのも事実だが、外を回せるようなペースでもないし、そんな余裕を見せて勝ち切れる状態とも思えない。今日の4着は現状の実力だろう。

 ただ、先行馬がそのまま残ったスローペースだったこと、後方2番手の位置取りで1000m通過辺りから前との差を詰めにかかって動いたこと、上がり3Fがダイワスカーレットの34.8(11.5-11.6-11.7)に対して最速34.6を記録したことを考慮すれば、今回の4着はさほど問題でもないだろう。むしろ、逃げたとはいえ得意のスローでギリギリまで脚をためたダイワスカーレットに対して、道中で差を詰めにかかってなおかつ前が開かなかったドリームパスポートの方が上がり3Fが速かったというのは、実力の証明なんじゃないかと個人的には思うわけだが。

 ここ3戦の結果を見ても、キレる脚を使うけども先頭から僅かに遅れてゴールってのは昔からのこの馬の特徴そのまま。状態面に問題があって、騎手の乗り方も決して100点じゃない(合格点レベルとは思う)という状況でこれならば、問題がすべて解決されればG2くらいなら堂々と主役を張れるはずだ。それはG1でも主役候補の一頭になれるということを意味するんだから、なんだかんだで現状でならそんな悪くない結果だと思う。

 これはその問題が今後解決されていくという前提のお話なんだけどね。解決されないようだと、苦しくなるねぇ。
■フジキセキ通信・2月23日号
2場開催7頭出走【0-0-0-1-6】

・京都(4頭出走【0-0-0-1-3】)
ファイアレッド___5R 3歳未勝利 芝1600 56 C.ルメール___6着
テンザンオトヒメ__8R 4歳上500万下 ダ1200 55 岩田 康誠__14着
ジェイウォーク___10R 木津川特別 芝1600 57 幸 英明___14着
ドリームパスポート_11R 京都記念 芝2200 57 松岡 正海___4着

・東京(3頭出走【0-0-0-0-3】)
ゴールデンドーター_3R 3歳新馬 ダ1600 54 武 幸四郎____14着
ハネダテンシ____10R 白嶺S ダ1600 55 蛯名 正義____14着
エフティマイア___11R クイーンC 芝1600 55 蛯名 正義___6着


 今日は全体的に一息の成績。14着が4頭もいたりする。


 京都記念に出走したドリームパスポート4着。馬体重も少しずつ減っているし、鞍上も脚をためる乗り方をしてくれたし、少しずつだけどもいい方向に向かっている。天皇賞を先に見ようとするとかかり癖はどうにかしないとまずいが、今日に限ってはかかり気味でレースを進めて馬場の悪い内側を通った割りによく伸びてきてくれたと思う。

 まだ完全復活じゃない。それでも今日はいい時の走りを思い起こさせるような雰囲気はあった。あとは類稀なる爆発力を持った末脚を取り戻せれば、もっともっと楽しみになる。やっと手に入れた固定パートナー。少しずつでも手の内に入れていって、最大限に力を引き出して欲しいものだ。
【京都記念】(京都)?レース後のコメント


 矢野調教師最後の重賞出走となるクイーンCエフティマイア。3,4角の動きは連勝時を思い出すスムーズさで、直線向いた時にはやったかと思ったのだがそこから伸びきれず。最後は外を回した後続勢に交わされておしまい。脚が鈍って交わされたんじゃなくて、伸び切れずに敗戦というのは毎度のことだ。直線に坂がないコースがいいということなのか、元々がキレ不足ということなのか。脚質的にもダートは向いている気がするんでそのうち試してもらいたいところ。


 ハネダテンシは除外狙いの登録が通ってしまった形。直線勝負どころでまったく追っていなかったところを見ると、最初から調教代わりのレースと諦めていたのかもしれない。改めて芝に戻ってから。久々復活のジェイウォークはまったくレースに参加できず。まずは帰ってきてよかったというスタートになった。
■フジキセキ通信・1月27日号
3場開催15頭出走【0-1-2-2-10】

・京都(6頭出走【0-0-2-1-3】)
ブラックルーラー__3R 3歳未勝利 ダ1400 56 川田 将雅____4着
エイワンキセキ___7R 4歳上500万下 芝1600 54 藤田 伸二__3着
シルヴァーピーク__7R 4歳上500万下 芝1600 54 C.ルメール__中止
レディービスティー_9R 若菜賞 ダ1400 54 C.ルメール_____6着
ハギノメトロポリス_10R 許波多特別 芝2200 57 小牧 太____14着
ナリタジューン___12R 4歳上1600万下 ダ1400 55 安藤 勝己__3着

・中山(4頭出走【0-0-0-1-3】)
ジートップキセキ__5R 3歳新馬 ダ1800 56 村田 一誠____4着
エフティマイア___9R 菜の花賞 芝1600 56 蛯名 正義____6着
ドリームパスポート_11R アメリカJCC 芝2200 57 松岡 正海__5着
クロカンブッシュ__12R 4歳上1000万下 ダ1800 53 田中 博康__6着

・小倉(5頭出走【0-1-0-0-4】)
アルモニー_____3R 3歳未勝利 芝1200 54 上村 洋行____2着
ヒシビギニン____3R 3歳未勝利 芝1200 54 中舘 英二____11着
ビーチフェスタ___5R 4歳上500万下 ダ1000 52 荻野 琢真___7着
エクロジオン____7R 4歳上500万下 ダ2400 57 川島 信二___7着
ロマンスオーラ___12R 帆柱山特別 芝1200 55 千葉 直人____16着


 ドリームパスポートが負けた。負けてしまった。普通のどこにでもいるような馬の負け方で負けてしまった。

 前が早めに止まってしまい4角先頭となったのはついてないとこはあったものの、折り合いを欠いたわけでもなくすんなりと好位をキープしてレースを進めた割りに、追われてから全く伸びなかった。ホント全く反応しなかった。やや早仕掛けだったが、それにしても駄目だった。

 有馬記念のダメージが大きかったのだろうか。あんなことになってから思いっきり追われたのがダメージになっていたのは間違いないだろう。ただ、僅か1ヶ月でレースに戻ってきたことからもそれほど大きなダメージじゃないと信じていたのだが、この結果を見ると無視することはできないっぽい。

 立て直そう。改めて立て直して、それからG1勝って当たり前なんて考えを捨てて、一からやり直すのを応援していこう。
■フジキセキ通信・1月12日号
2場開催8頭出走【1-1-0-0-6】

・京都(5頭出走【1-1-0-0-3】)
タイセイビエント__1R 3歳未勝利 ダ1200 53 北村 友一____6着
アルモニー_____5R 3歳未勝利 芝1600 54 四位 洋文___6着
ナリタフリッカ___5R 3歳未勝利 芝1600 54 渡辺 薫彦____14着
キッスアンドライド_6R 4歳上500万下 ダ1400 52 船曳 文士___1着
バトルサクヤビメ__12R 4歳上1000万下 ダ1200 55 藤岡 佑介__2着

・中山(3頭出走【0-0-0-0-3】)
コスモディスティニ_5R 3歳未勝利 芝1600 54 柴田 善臣____9着
エイワンキセキ___6R 4歳上500万下 ダ1200 54 柴山 雄一___7着
キラリダイヤモンド_10R 東雲賞 芝1600 52 江田 照男_____15着


 8頭出走してドリームパスポート世代の牝馬2頭が1勝2着1回。3歳未勝利組が4頭出走して掲示板なしが残念。


 キッスアンドライドが見事勝利。一度500万下での勝利経験があって、降級して再度の500万下でも好走を続けていただけに、ようやく勝ってくれたという印象の方が強い。まだまだキャリアも少ない一頭なので今後が楽しみだ。


 500万下卒業まで19戦かかったバトルサクヤビメ1000万下初戦で惜しい2着。いきなりでここまで走れるとは嬉しい誤算だった。どうやら充実期に入っている模様。この勢いで準オープンまで駆け上がってほしいところだ。


■ドリームパスポート
 初戦AJCCという路線はそのまま。マツリダゴッホは回避するようで、いよいよ4勝目が近づいてきた感。そっからのローテは日経賞→天皇賞だと思っていたが、ドバイデューティフリードバイシーマクラシックへの登録をしているようだ。

 ま、おそらく登録のみになるんだろうけども。AJCCでよっぽど強い勝ち方でもしない限りはこのタイミングでドバイってのはさすがに無謀すぎる。ホクトスルタンには悪いけども天皇賞での初G1制覇に向けて無難なローテを組んでほしいところだ。
カテゴリー
CssTagCloud

ニザエモン  スマートオーディン  マウントビスティー  サイタスリーレッド  シャークベイ  ミッキーマーチ  レイディルアレナ  サンドルトン  ハイベストバイオ  プレシャスレディー  ロンドンタウン  ヒーロー  アラフジ  スリーキンシャサ  シャイニングタイム  エーシンジャッカル  ミツバ  パシフィックブルー  オベリスク  ジャーマンアイリス  オレンジスムージー  グッドラックミー  ブルーメリディアン  アドマイヤモラール  エーシンカオルーン  キタサンアミーゴ  ユアマイラブ  ショコラーチ  タピエス  オメガブルーハワイ  タガノハウリング  オルティラアスール  ヤマイチキセキ  ウインレナータ  関東オークス  メイショウワダイコ  キンシノキセキ  ダノンシャンティ  ファントムロード  ジェネロシティー  ウェディングフジコ  エルズミーア  オトコノヒマツリ  ダンツカナリー  リラ  ミッキーシャンティ  ミラクルポイント  フミノウインダム  テイエムグンカン  サーカスタウン  プリンスコウベ  ミカノレディー  コアレスリーヴァ  スパイスシャワー  モンサンナシーラ  ハングリージャック  セブンサミッツ  ミリオンウェーブ  ジャパンカップ  スナッチアキス  テイエムライオネス  トルバドゥール  ショウナンカウィー  カラマ  シャイニーアース  ランパスインベガス  ピュアダイヤモンド  ジャズダンサー  ローザルージュ  グァンタナメラ  メイショウホクシン  ビービーボヌール  メメビーナス  ショークール  シュシュブリーズ  ヒカルアカツキ  シャイニーリーヴァ  フライトゥザピーク  ダノンマッキンレー  ショウナンアンジュ  ビーナスライン  プントバンコ  ダノンキセキ  マーブルフレンテ  フジヤマコクリュウ  カフェラビリンス  マックスバローズ  クランドールゲラン  トシファイブスター  クレバーカイザー  アルタイル  リアライズリンクス  アチーヴ  ジュンゲル  ベルウッドローツェ  ダーズンローズ  キョウエイプライド  菊花賞  ルノートル  ロサギガンティア  モルトカズマ  シャイニングホープ  コットンパール  ストローハット  タマモトッププレイ  パープルセイル  エイシンオルドス  プレゼピオ  ブライティアスター  ゴールドキセキ  アドマイヤコウベ  ワンダーブラザウン  ミラクルボネット  メイケイペガスター  クロンドローリエ  七夕賞  ブラスリング  ロードシャリオ  ロープアドープ  ワキノキセキ  マイネルヴォーダン  エイシンシテンノー  ロースミラクル  ゴットマスタング  プレスアテンション  メルヴェイユドール  レッドサイファー  フジノゴトク  イチブン  ステラーケイト  トーセンアマポーラ  フロアクラフト  エーシングランダム  カラフルデイズ  ポイントキセキ  ハッピーサークル  スイープトウショウ  スティルゴールド  フリーダムマーチ  トーセンギャラリー  コイウタ  タマモナイスプレイ  コスモバルク  サダムアリガトウ  ディライトフル  マンボノテイオー  セイウンオセアン  スプリングアース  ハーツクライ  セラミックアート  エルフショット  シャルロットノアル  ブルザンインディゴ  マザックヤース  ベストブルーム  ゴーソッキュー  コアレスフェーブル  デルマジュゲム  ルールプロスパー  エスピナアスール  ジュエルクイーン  マイネルパッセ  メイショウジビュス  ヒカルカツキ  トミケンモヴェール  ウインオベロン  キイレ  キクノエクレール  ソフトライム  シルバーキセキ  サグレス  ピュアダイアモンド  タマモコントラバス  ミルキープッチ  テンノサクラコ  フィールドベアー  アスクティターン  ピアチェーレ  松国ローテ  アクロスザヘイブン  ニューレジェンド  マダムジルウェット  キョウエイヒドラ  アドマイヤヤング  ダイタクリーヴァ  ウインブルーローズ  秋華賞  フォールインラブ  天皇賞  アドマイヤシェル  ピックアンドポップ  ウインランブル  ドリームパスポート  ツキミチャン  ダイナミックウオー  シンメイフジ  レアドロップ  モレサンドニ  スマートカルロス  ディオベルタ  ピンクベリーニ  チャームポット  メガオパールカフェ  バシレウスライオン  レイヌドネージュ  クレバートウショウ  オースミレジスタ  サンフレイム  シャイニーホーク  デストリーライズ  マスターソムリエ  エースドライバー  アーベントロート  ダイシンカレラ  ポリール  コールサインゼロ  ピュアコンチェルト  キタサンコンサート  ノーブルクリスタル  イスラボニータ  アドマイヤダリヤ  キングレオポルド  ブラックルーラー  アサクサレーサー  リターンストローク  ノースノース  ツーオブアス  ビッグホワイト  ゴールデンクラウン  レインボーシャワー  エールブリーズ  フジノゴールド  キンシャサノキセキ  クラスまとめ  マレボプール  フェブラリーS  ブンブンブラウ  ソーミラキュラス  シャンパンサーベル  アスターサンダー  ピッツバーグ  ツクバホクトオー  ヴィクトリアマイル  ヴェリーウェル  馬券  シャラントレディ  帝王賞  オンガエシ  開催まとめ  チョウカイキセキ  ダンスインザムード  トーホウアマポーラ  レッドカーペット  セイクリッドセブン  コアレスレーサー  応援馬券  コスモアルヘナ  クインズサン  クラシコ  サンマルメジャール  ネオザウイナー  ユキノカトレア  マルシアーノ  タガノビッグバン  アドマイヤシャイ  ビバグリーン  アポロノホウリン  ティノ  アイムユアドリーム  ユリオプスデイジー  ナリタプレリュード  グランセブルス  ビップフウマ  コパノカチーノ  マルブツフジ  メイショウサムソン  ダイオプサイド  タイキソレイユ  メリーチャン  メイプルレインボー  グランマルシェ  ピースオブパワー  サトノスティング  スズハヤトウー  クイーンキセキ  タマモホットポット  オブテネール  タガノシビル  マダムヤッコ  ブライティアパルス  サンデーサイレンス  ベルモントホウオウ  ピエナアプローズ  プルメリア  ケイアイアストン  サラマンカ  ジョージジョージ  クールモア  ミラグロッサ  レレマーマ  ブライトライン  タマモホットプレイ  ダービー  タガノサイクロン  ディープインパクト  ヒットジャポット  安田記念  カリスマサンキセキ  ショウナンバッカス  ネコエルフ  桜花賞  バナナムーチョ  ナリタシークレット  スケールアップ  キングノヨアケ  プリティアクィーン  カネヒキリ  シュネークリスタル  コウザンヒキリ  チーフアセスメント  ゴーハンティング  サダムリスペクト  マイルCS  タガノラヴキセキ  ノリノリハッピー  ショウナンバーキン  トーセンラピュタ  ゲネラルプローベ  ブルミラコロ  キタサンエピソード  ラッキーマイラブ  キタサンガンバ  ナリタシルエット  朝日杯FS  宝塚記念  アースワンキセキ  サンライズイーグル  ソーディヴァイン  NHKマイルC  ロードクルセイダー  ウインフロレゾン  マサノホーク  サウンドレーサー  オフクヒメ  ユースティティア  アドマイヤリリーフ  チェスナットバロン  ブライティアミル  エフティシュタルク  アズマリュウセイ  マルカベンチャー  ホーマンフリップ  アカンサス  ヤマイチレジェンド  セール  トップライセンス  ウインアズライト  ブルーイングリーン  京都新聞杯  ジューンブラジリエ  パームアイランド  ボップリヴァーサル  プロフェッショナル  アークマイニング  メイショウボノム  ゴールデンファレノ  コルノグランデ  ラズベリータイム  ネオキセキ  Sushisan  クーノキセキ  タカオキセキ  ポッドシルビア  ジュヴェビアン  キスザスターズ  ウインユニファイド  イクシア  キラリダイヤモンド  ジートップキセキ  マルカシリウス  ミラクルレジェンド  スティンライクビー  ショウサンミーベル  マチノアカリ  ビップピュアレディ  ミエノキセキ  皐月賞  アスクジョーダン  タムロスカイ  グレイスティアラ  ビギンマニューバー  トーセンウィーク  ローズミラクル  ビューティサン  アースエンジェル  クールマギー  シンゼンガンプ  ナリタスプリング  マーセラス  デンファレ  レーティングまとめ  コスモマーベラス  ドンデナーダ  エイシンキンチェム  ストレイトガール  アキトフォルテ  メイショウワッフル  ナンヨーカノン  スリラーインマニラ  コルポディヴェント  トウケイリニア  サイモンゼーレ  サフィロス  プリームス  オリアーナ  スマイリングムーン  エリザベス女王杯  レディーゴー  モンサンビアンカ  コスモレティクルム  オークス  ゼトス  プリュキエール  ベツレヘムスター  セルリアンコスモ  ノースウィナー  クロフォード  アドマイヤサガス  凱旋門賞  アルマオンディーナ  マウントハレアカラ  トゥルーストーリー  ブラックブリーズ  ラプレシオーサ  ポップリヴァーサル  ソワンドタイガー  シュウジ  ヴィオラーネ  ジーガールージュ  フレンチイデアル  サニーデイズ  サダムパテック  ゴールドヘクター  タガノレイヨネ  クッカーニャ  ビアンカシェボン  タマモベストプレイ  フジキセキ  シングンガガ  ジャドール  レッドグラサージュ  バアゼルリバー  マサノジェット  マックヴァン  エーシンデューク  ドラケンスバーグ  リアン  ツインピークス  プレシャスペスカ  Fuji_Fantasy  ジェイウォーク  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。