最新の記事
Tag : ミラクルボネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信・11月11日号
・東京
トゥインクルタイム_2R 2歳未勝利 ダ1300 54 蛯名 正義____5着
ミラクルボネット__6R 2歳500万下 ダ1300 55 L.イネス____14着
アドマイヤミラクル_7R 3歳上500万下 ダ1600 56 横山 典弘___6着
バトルサクヤビメ__7R 3歳上500万下 ダ1600 54 松岡 正海___5着
ダイワレキシントン_8R 3歳上500万下 芝1600 57 北村 宏司___7着
ハッピームード___8R 3歳上500万下 芝1600 54 須貝 尚介___16着
ヒカルアルタイル__9R 西湖特別 ダ1400 57 後藤 浩輝_____2着
コスモマーベラス__10R ユートピアS 芝1600 55 安藤 勝己___1着
ジェイウォーク___12R 3歳上1000万下 芝1600 56 吉田 豊___6着
・京都
フミノウインダム__8R 3歳上500万下 芝1400 56 本田 優___5着
ビッグファルコン__12R 醍醐特別 芝1200 57 石橋 守_____4着
・福島
ナスケンウインド___6R 3歳上500万下 ダ1700 57 二本柳 壮___1着
キッスアンドライド__8R 3歳上500万下 ダ1700 53 中舘 英二__取消

 今日は2勝、これで年間100勝達成。足踏みの時期が結構あっただけに思ったよりいいペースだったことに驚く。

 東京1Rでは母父フジキセキパープルストックがデビュー2戦目を快勝。見事な変わり身を見せた。ダートの方が合うのかな。

 長く500万下でくすぶっていたナスケンウインドが1番人気で勝ち上がり。2月から入った休養後、10月に復帰してから2着→3着と好走していたのは本物だった。確実な成長を見せただけに、上でも通用することが期待できそうだ。

 エリザベス女王杯ではなくユートピアSに回ってきたコスモマーベラスが見事に押し切って勝利。さすがにここでは力上位。これから冬場にかけての牝馬限定重賞での重賞初戴冠に期待したいレベルの馬だ。

 個人的に注目しているミラクルボネットだが、どうやらダートは向いていないみたい。いくらなんでもシンガリ負けするような馬じゃないはず。夢は大きくファイングレインくらいに考えていたのだが、マイルのいちょうSでも負けているし器もちょっと足りないのかな。しかし持っているスピードは素晴らしいと思うんだけども。それを発揮できる気性になってくれないことにはどうしようもない感じかね。

 休養明けいきなり500万下勝利したジェイウォークが連勝を狙ったが、直線伸びず6着まで。道中いい手応えで前に進出して、直線向いて絶好の手応えだったのだが。先週のキンシャサノキセキのような圧勝まで見えたのだが、追い出してから案外で。ま、長期休み明けで勝利した反動とか言い訳しておくか。どちらにしてもこの条件でも充分に勝負になるのは間違いなく、ゆくゆくはオープン入りも見えてくる素材というのも間違いない。楽しみ。さて、そろそろこの馬を500万下で負かしたあの馬も戻ってこないかな……。
スポンサーサイト
■前日、夜
 もう明日に迫っている。なんつーか、ドキドキする。

 もうホント心から勝ってほしいと思う。そして勝てるだけの力はあると思う。でも勝てるかどうか不安でならない。胸の辺りをグググっと強く押されているような圧迫感。息苦しいのだけども、身体は熱くなっていく一方だ。こんなのはゼンノロブロイの有馬記念以来かな、と。


■フジキセキ通信:10月21日号
 今日は一挙19頭出走。しかし勝利を挙げることはかなわなかった。ま、いいとこまで行く馬は多かったわけなのだが。

 3着までに入ったのはフミノウインダム・ユメノシルシ・ヒカルアルタイル・ナスケンウインドと4頭、他にも掲示板入りは数頭と、全体的にはなかなかの成績。勝ちきれなかったのはちょっとした運という感じで、同条件ならいつでも勝てそうな感じ。むしろうまい具合に賞金を稼げたと喜ぼう。

 2歳の期待馬の1頭ミラクルボネットはいちょうSで最下位と大惨敗。何かあったのか知らないが、これはちょっと負けすぎな感じ。デビュー戦、2戦目で見せたスピードは上質のものだったし、気性も若い感じだったので、もしかしたら距離が問題だったのかもしれない。無理せず立て直して短いところ中心に使っていけばオープン入りできる素材だと思う。

 1000万下で好走を続けるマルブツフジは、今回1番人気の支持を受けて1着と同タイムの4着。ま、めぐり合わせだなって感じ。1000万下ならいつでも勝ち上がれそうだし、未勝利戦で見せた走りはやはり本物だった感じ。ゆくゆくは平安Sあたりで花を咲かせてほしいところ。まずは着実に勝てる条件で勝ち上がり、成長を待ってあげたい。

 富士Sに出走した2頭フジサイレンス・ニューベリーはともにまずまずの走りを見せながら8着と4着。重賞常連になってきたフジサイレンスだが、得意条件でこの走りだとシーズンオフのG3がやっとかなぁという感じ。年齢も年齢だし、あとは少しでも長く走り続けてほしい。それ以上にジジイのはずのニューベリー。こちらは重賞格というよりも、オープン大将のイメージが強いのかいつも人気が低い。それでも安定して掲示板に乗ってくる辺りさすがである。どこかで重賞制覇といけば嬉しいのだが。


■前日、夜
 今が前日の夜ということは、明日の昼は当日の昼ということ。本番ということ。今から緊張している。

 ただ、がんばってほしい。相手関係云々じゃなく、がんばって力を出し切って、そして一番最初にゴールに飛び込んでくれれば、これ以上の幸せはない。

 絶不調っぽいマルカキセキもついでに応援。立ち直るきっかけ掴んでほしいとこ。
■フジキセキ通信・8月13日号
 今日は14頭出走して2勝。充分な勝利数。昨日とあわせて5勝なら大満足だ。そう、大満足。文句はない。

 ようやくという形でアドミラトゥールが未勝利戦を勝ち上がった。こちらも昨日のショウナンガッドと同じく、ここでくすぶっていた方がおかしな話で、2勝目も遠くない素材。また、函館ではハッピームードも2着と健闘するなど、相変わらずここ最近の未勝利戦は絶好調だ。

 2歳馬からも勝ち名乗り。前走の新馬戦に続いて先頭でゴールを駆け抜けたミラクルボネットに初勝利が記録された。スピードの違いで先頭に立って、そのまま押し切るという素質だけでの走り。まだまだ馬が若いので、2勝目はもうちょっと先になりそうだが、先々楽しみな逸材と言えるだろう。ここで成長を促すためにも放牧に出してほしい。シンデレラマン・エイワンキセキも未勝利戦で掲示板を確保するなど、勝ち上がりも遠くない。この時期にこれだけ結果を残す馬がいるならば、来年のクラシック前は楽しそうだ。

 未勝利戦以外はちょっと一息。キラリダイヤモンドが月岡温泉特別で3着と健闘した以外はイマイチ。北九州記念では1番人気に推されたマルカキセキは人気を裏切って掲示板もない大敗。タマモホットプレイは人気以上の走りを見せたが、馬券圏内には届かない4着まで。唯一の救いは、勝ち馬の鞍上が父フジキセキの手綱を取った角田のお兄ちゃんだったことくらいか。


 今日のマルカキセキの大敗は非常に残念だった。前走では休み明けで僅差3着、今回は馬体重も減って1番人気に支持されての一戦だったのだが。昨年のスプリンターズステークスで、先行勢で唯一サイレントウィットネスに食らいついて4着の飛び込んだ走りは、今年の大活躍を予感させたのだが。そのレースの1?3着馬がいない今年は、スプリンターズステークスでも本命と言っていいとまで思っていたのに。

 タマモホットプレイは復調なったかの4着だが、この馬は走る時に急に走るタイプの馬なので、スプリンターズステークスでどうこうというのもアテにしずらい。秋のG1第一弾は期待馬なしで迎えることになってしまうのかな……。
■フジキセキ通信・8月10日号
 今週は23頭出走。好勝負が期待される馬は複数いるが、特に2歳馬に注目したくなる。

 新馬戦を直線フラフラしながら1位入線、2着降着となったミラクルボネットが早くも2戦目に登場。新馬戦の内容は一言で幼すぎるとしか言えないものだったが、その中で見せたスピードは圧倒的だった。すでに勝ち上がっているシャルロットノアル・トーセンラピュタも能力の高さを感じさせるレース振りだったが、それを超える器かもしれない。初戦も先頭でゴールに飛び込んだわけで、ここでも負けるシナリオはちょっと見えてこない。ただ、素質があるからこそ焦って使うのではなく、じっくりと成長を待ちながらレースを教えながら育ててほしい。

 また、この未勝利戦にはエイワンキセキも出走。こちらは掲示板を目標に頑張ってほしいところ。

 小倉ではシンデレラマンが連闘で未勝利戦に出走。連闘で使ってくるくらいだから、陣営も自信がある一頭ということだろう。もちろんここは軽く通過してくれるはず。


 2歳馬以外に目を移すと、未勝利戦出走組には健闘続きでそろそろ勝ち上がりを期待のエクロジオン、遅いデビューから2戦連続2着でゆったりとしたローテが取られているショウナンガッド、前回出走取り消しのアドミラトゥール、長いトンネルを抜けて前走遂に初連対のハッピームード辺りに期待がかかる。

 それ以外にも今週は本当に数多くの有力馬が出走。どれを紹介すればいいのか分からないくらいに、ほとんどの馬が馬券圏内を期待できる好メンバー。もちろん、重賞に挑むマルカキセキ・タマモホットプレイにも期待はかかるものの、正直それ以外が楽しみな週末だ。

 週末が待ち遠しい。
■フジキセキ通信・7月29日号
 12頭出走して0勝。ちょっと上半期の勢いは完全に止まってしまっている。大きな悪い知らせもないが、大きないい知らせもないといったところ。小さないい知らせとして、新馬戦で2頭ともに2着、ミラクルボネットは1着入線して降着の2着と、2歳戦で久々に動きが出たってこと。

 小倉11R日向特別ビッグホワイトは8番人気の低評価を覆して2着。1400mを中心に使われていたので初距離だったここは嫌われたようで低人気だったが、このクラスは降級後2戦して3着、2着と実力上位だった。新ルールを考えると非常に馬主孝行なのだが、そろそろ勝ち上がってくれてもいいかな、と。

 新潟の新馬戦で2頭がデビュー。エイワンキセキは2着。ミラクルボネットは降着で2着。ともに早い段階での勝ち上がりが期待されるが、特にミラクルボネットには将来的に期待大。いいスピードを持ちながら、直線で右に左にとヨレまくって結果降着。まだまだ気性面が幼いながらも、素質の高さは感じられる。

 函館5R未勝利戦でハッピームードが2着。後がなくなる未勝利戦でまた1頭勝ち上がり。これでまた現役を続けることができるフジキセキ産駒が1頭増えたということ。とても喜ばしいことだ。


 明日はたった4頭しか出走しない。3場開催でこれはちょっと淋しい。
カテゴリー
CssTagCloud

キタサンガンバ  アスクティターン  ピースオブパワー  グランマルシェ  ピュアダイヤモンド  エルズミーア  アースエンジェル  ローザルージュ  ゴットマスタング  タイキソレイユ  コスモバルク  ルノートル  ミッキーシャンティ  クールモア  マイネルヴォーダン  ビバグリーン  ピュアコンチェルト  バナナムーチョ  ルールプロスパー  ファントムロード  ブンブンブラウ  フジヤマコクリュウ  エーシングランダム  マンボノテイオー  ポップリヴァーサル  バシレウスライオン  アサクサレーサー  トゥルーストーリー  ナリタシルエット  ボップリヴァーサル  タムロスカイ  ショコラーチ  コスモマーベラス  帝王賞  ブラスリング  ナリタプレリュード  アドマイヤシャイ  デンファレ  プリームス  レイディルアレナ  松国ローテ  カラマ  ダーズンローズ  アーベントロート  ワキノキセキ  ダイシンカレラ  サンマルメジャール  タマモトッププレイ  ランパスインベガス  コイウタ  デストリーライズ  ポリール  サトノスティング  フェブラリーS  チョウカイキセキ  メリーチャン  オークス  オトコノヒマツリ  ビップピュアレディ  クラシコ  カリスマサンキセキ  ネオザウイナー  クレバートウショウ  フリーダムマーチ  ミカノレディー  タガノレイヨネ  アドマイヤモラール  シャルロットノアル  七夕賞  ノリノリハッピー  スイープトウショウ  クインズサン  タマモナイスプレイ  スズハヤトウー  アポロノホウリン  スリーキンシャサ  リターンストローク  シングンガガ  キョウエイプライド  エリザベス女王杯  チェスナットバロン  ホーマンフリップ  ナンヨーカノン  ピエナアプローズ  ラズベリータイム  シャイニングホープ  エイシンオルドス  ビップフウマ  ショウナンバッカス  ジェイウォーク  フィールドベアー  ヤマイチレジェンド  フジノゴールド  コウザンヒキリ  ゲネラルプローベ  ハイベストバイオ  シャイニーホーク  エイシンキンチェム  プリティアクィーン  メガオパールカフェ  コットンパール  オルティラアスール  タガノハウリング  タガノサイクロン  ケイアイアストン  ショークール  ブラックブリーズ  菊花賞  アドマイヤシェル  ビューティサン  チーフアセスメント  トミケンモヴェール  ゼトス  メイショウサムソン  Sushisan  関東オークス  グランセブルス  キョウエイヒドラ  グッドラックミー  ミラクルボネット  クーノキセキ  トウケイリニア  クレバーカイザー  朝日杯FS  ソーディヴァイン  セイウンオセアン  カラフルデイズ  ドリームパスポート  ピアチェーレ  サイモンゼーレ  オフクヒメ  ブルザンインディゴ  ミツバ  ベストブルーム  天皇賞  サダムアリガトウ  ゴールデンクラウン  ユキノカトレア  アドマイヤリリーフ  ヒットジャポット  ハッピーサークル  キタサンアミーゴ  フライトゥザピーク  ユリオプスデイジー  ロサギガンティア  マチノアカリ  メイショウワッフル  シルバーキセキ  ビッグホワイト  ブライトライン  エスピナアスール  サイタスリーレッド  イスラボニータ  皐月賞  ジェネロシティー  エールブリーズ  ショウナンアンジュ  ジャーマンアイリス  アスターサンダー  スプリングアース  ウインブルーローズ  ダノンマッキンレー  ミエノキセキ  トップライセンス  レディーゴー  コアレスフェーブル  プルメリア  開催まとめ  ダービー  アルタイル  アドマイヤダリヤ  スリラーインマニラ  サダムリスペクト  サウンドレーサー  セール  ダイオプサイド  プレシャスレディー  アクロスザヘイブン  コスモアルヘナ  グレイスティアラ  レレマーマ  マダムヤッコ  フジキセキ  キスザスターズ  ラッキーマイラブ  エフティシュタルク  クランドールゲラン  宝塚記念  レッドグラサージュ  ナリタスプリング  ドラケンスバーグ  サラマンカ  プリンスコウベ  スケールアップ  桜花賞  ソーミラキュラス  アドマイヤサガス  ディライトフル  トーホウアマポーラ  シャイニングタイム  凱旋門賞  リラ  ストローハット  ミルキープッチ  テンノサクラコ  コパノカチーノ  ニザエモン  セルリアンコスモ  クッカーニャ  レッドサイファー  ジートップキセキ  Fuji_Fantasy  ブルーメリディアン  セイクリッドセブン  ゴールドキセキ  マウントハレアカラ  タガノシビル  ヴェリーウェル  フレンチイデアル  ネオキセキ  レーティングまとめ  レイヌドネージュ  ブラックルーラー  ジョージジョージ  クイーンキセキ  サグレス  シャンパンサーベル  ダンスインザムード  オベリスク  ディープインパクト  ヒカルアカツキ  マーブルフレンテ  ティノ  エースドライバー  ストレイトガール  ノースノース  ジャドール  タマモホットポット  シャイニーアース  メイショウホクシン  ソフトライム  ジュヴェビアン  ヴィクトリアマイル  コアレスレーサー  スマイリングムーン  オリアーナ  ジューンブラジリエ  ブライティアミル  トーセンアマポーラ  チャームポット  ダイタクリーヴァ  サニーデイズ  ポイントキセキ  ディオベルタ  タピエス  フミノウインダム  モルトカズマ  スナッチアキス  アドマイヤヤング  スティルゴールド  キクノエクレール  京都新聞杯  セラミックアート  ツキミチャン  プロフェッショナル  ニューレジェンド  バアゼルリバー  トシファイブスター  ハングリージャック  ビアンカシェボン  フロアクラフト  サダムパテック  レインボーシャワー  アスクジョーダン  プントバンコ  ジャパンカップ  ナリタシークレット  ヒーロー  アズマリュウセイ  エーシンカオルーン  マルブツフジ  ツインピークス  ノースウィナー  クラスまとめ  エイシンシテンノー  ヴィオラーネ  ユアマイラブ  エルフショット  コールサインゼロ  シャイニーリーヴァ  タガノラヴキセキ  ジュエルクイーン  オブテネール  パームアイランド  ビーナスライン  ロープアドープ  マザックヤース  ロンドンタウン  セブンサミッツ  ダイナミックウオー  キンシノキセキ  フジノゴトク  ミラグロッサ  ハーツクライ  メイショウジビュス  安田記念  ロースミラクル  マルシアーノ  アチーヴ  秋華賞  ツクバホクトオー  カフェラビリンス  ブルミラコロ  ドンデナーダ  モンサンビアンカ  ピッツバーグ  マダムジルウェット  ベルウッドローツェ  NHKマイルC  コスモレティクルム  ジーガールージュ  パープルセイル  ウインユニファイド  ウインランブル  サンデーサイレンス  ゴールドヘクター  ピンクベリーニ  ショウナンカウィー  シンメイフジ  デルマジュゲム  マサノジェット  メイプルレインボー  テイエムライオネス  ウインレナータ  ビービーボヌール  スティンライクビー  クロンドローリエ  マサノホーク  リアライズリンクス  ベルモントホウオウ  マルカベンチャー  ゴーハンティング  キタサンエピソード  イクシア  オースミレジスタ  ビギンマニューバー  ミリオンウェーブ  ウェディングフジコ  オレンジスムージー  ワンダーブラザウン  トーセンギャラリー  マレボプール  シュネークリスタル  ヒカルカツキ  タマモベストプレイ  馬券  サフィロス  サンフレイム  ローズミラクル  メルヴェイユドール  ピュアダイアモンド  ブルーイングリーン  ヤマイチキセキ  マックヴァン  パシフィックブルー  キタサンコンサート  コアレスリーヴァ  ミラクルレジェンド  ウインアズライト  エーシンデューク  シャラントレディ  シュシュブリーズ  キングレオポルド  プレシャスペスカ  メイショウボノム  シャークベイ  レッドカーペット  キングノヨアケ  タカオキセキ  クロフォード  ポッドシルビア  ジュンゲル  ピックアンドポップ  エーシンジャッカル  モンサンナシーラ  アドマイヤコウベ  ウインオベロン  アイムユアドリーム  モレサンドニ  ミッキーマーチ  サンライズイーグル  アキトフォルテ  応援馬券  レアドロップ  ショウサンミーベル  トルバドゥール  イチブン  ダンツカナリー  ネコエルフ  トーセンウィーク  ジャズダンサー  マルカシリウス  メイショウワダイコ  ブライティアスター  ゴーソッキュー  ミラクルポイント  オメガブルーハワイ  ロードシャリオ  アルマオンディーナ  メイケイペガスター  ゴールデンファレノ  ソワンドタイガー  プレゼピオ  キンシャサノキセキ  サーカスタウン  マスターソムリエ  ブライティアパルス  ユースティティア  ウインフロレゾン  マーセラス  マウントビスティー  プリュキエール  マイルCS  プレスアテンション  スマートカルロス  タマモコントラバス  ダノンシャンティ  カネヒキリ  タマモホットプレイ  アカンサス  ショウナンバーキン  サンドルトン  マックスバローズ  リアン  タガノビッグバン  シンゼンガンプ  アースワンキセキ  テイエムグンカン  ステラーケイト  キラリダイヤモンド  コルポディヴェント  ダノンキセキ  メメビーナス  マイネルパッセ  アークマイニング  コルノグランデ  ノーブルクリスタル  キイレ  シュウジ  ラプレシオーサ  トーセンラピュタ  ロードクルセイダー  スパイスシャワー  スマートオーディン  アラフジ  オンガエシ  グァンタナメラ  クールマギー  ツーオブアス  フォールインラブ  ベツレヘムスター  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。