最新の記事
Tag : NHKマイルC
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■第11回NHKマイルC
 毎年表情を変えるレースのひとつであるNHKマイルC。谷間の低レベルG1だったという結果になる年もあれば、後に大きく羽ばたく馬を輩出する年になることもある。また、東京マイルという条件から中距離実績が問われる=中距離でも走れるようなスタミナが問われるようなレースになることもある。マイル適性の高い短距離馬が台頭する年もある。後にダートで覇を唱える馬が勝利する年もある。世代最大の栄誉を浴びるダービーへの前哨戦となる年もある。そして、遠く海外へ飛び立つ馬となることもある。毎年のように表情を変え、毎年のようにいろいろなタレントを輩出するレース。それがNHKマイルC。

 今年は皐月賞で健闘止まりに終わったフサイチリシャールと、クラシックには歩を進めることが出来なかったマイネルスケルツィが人気を争い、中距離実績のある馬もいないような、なんとなくイマイチ感が溢れるメンバー。シンボリインディウインクリューガーが勝利した年のようなイマイチG1となりそうな予感が漂っていた。

 先行馬が揃ったメンバー通りペースは前傾ラップとなり、最後の1Fはその前の1Fより1秒もかかっている。東京マイルらしい消耗戦となりレースの質はスタミナを問う厳しいもの。ここで好走した馬は軽い京都マイルよりは1800m以上に適性を見せる可能性が高いのではないだろうか。

 ちなみにこのレースを勝利した馬の中で大きく羽ばたいた馬とどうもイマイチだった馬をわけるラインを探してみたところ、一応というレベルのラインが見つかった。それがなぜ勝利馬が大きく羽ばたく条件となるのか説明つかないのでなんとも言えないのだが。それはテンの3Fと上がりの3Fのタイム差が1秒以内だと勝ち馬が後に出世するというもの。つまりはおよそイーブンペースだということなのだが。なぜレースがそうだと勝ち馬がそうなのか説明しきれないので参考までに。なお、これに当てはまるのがシーキングザパール・エルコンドルパサー・クロフネ・キングカメハメハの4頭。後はラインクラフトの時に上がり3Fの方が1秒以上速かったのを除けば、すべてがテン3Fの方が速い前傾ラップでのレースだった。

 理由はちょいとわからないのだが、このレースがそんなにスローになりやすいってことはないってのはわかる。その中で後半のラップも落とさずに決着するようなレースを勝つ馬が弱いはずがないと言われれば、まあそりゃそうだわなと思わないわけでもない。

 ということで極端な前傾ラップとならずにイーブンに近いペースでレースが運べば今年の勝ち馬も歴史的名馬の仲間入りなんて根拠のない妄想を描きながらの観戦となったのだが。うーん、なんとも渋い結果。

12.1-10.8-11.3-11.5-11.8-11.7-11.5-12.5

 ラップはテンとラストの1F以外は12秒台を刻まない息の入らないラップ。2ハロン目の10.8を頂点に緩やかにラップが落ちて5ハロン目が11.8。そこからまた2ハロン続けて速くなって、最後はさすがに止まってしまう。タイム自体は当日の馬場にしてはなかなか優秀で、例年よりも少しいいタイムかなというくらい。うーん、なんつーか、微妙

 最後が少しかかりすぎな感はあるが、そこまで12秒台が入らない上に5ハロン目からラップタイムが上がっていく辺りを考慮すると妥当なのだ。そう、妥当なのだ。優秀なタイムという前提においてで語るならば、「ま、こんなもんじゃね?」ってくらいで、「すげーーー」って感じはまったくないわけだ。

 先行して直線でも脚を伸ばしたファイングレインだけはハッキリいいレースをしたと言えるのだろうが。それ以外の馬は現時点ではどうとも言えない気がする。

 1頭ごとの評価は続きで↓

スポンサーサイト

 【NHKマイルC】武マジック!3番人気ロジックを王者へと導く
http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200605/ke2006050801.html

あまりにも大きなクビ差だった。9番人気ファイングレインは好位の内で経済コースをスムーズに追走。直線は横山典弘騎手のGOサインに瞬時に反応してラチ沿いを鋭く伸び、残り1ハロンからは後ろから迫る武豊ロジックと壮絶な叩き合いを演じたが、ゴール寸前で力尽きてクビ差及ばす無念の2着に敗れた。
「先入観なしでリズム良く走らせた。馬ごみも問題ないし、見ての通りよく頑張っているよ」と言葉少なに立ち去ったノリだが、長浜博之調教師は「きっちり1600メートルを走ってきたからね。最後は差されてしまったが、まだまだこれから良くなる馬だし」と、納得の表情。ただし、レース後に脚元に違和感を感じたため、栗東に帰厩した後に詳しく診察する予定でいる。


 昨日のレース直後のインタビューではダービーに行くなんて長浜さんはテンション上がっちゃっていたが、上にもあるように脚元に違和感を感じたとかいう情報。どうなんでっしゃろとドキドキしていたら、種子骨骨折とかいう速報。まだソースは見つけられないのだが、本当ならばなんとも哀しいニュースだ。

 種子骨骨折というのは、調教やレースの疲労蓄積で起きる疲労骨折だという。完治まで軽いもので半年、普通は1年くらいかかるもので、そのまま競争能力喪失となってもおかしくない。アメリカの近年最強の1頭ゴーストザッパーも種子骨骨折での引退を余儀なくされている1頭。また種子骨骨折からの復帰後にG1を獲得した例ではメジロマックイーン・バブルガムフェローなどが有名。

 ファイングレインのケースはどの程度のものなのかはまだわからないのだが、願わくば現役復帰が叶う程度のものであってほしい。せっかくG1で連対してこれからという時だったのに…。

 考えてみればデビュー時は体重500kgだったファイングレイン。2戦目で大きく減り、休み明けの3戦目で大きく増えて戻した後は再び減少に向かい、NHKマイルCではとうとう478kgとデビュー戦から?22kgでの出走だった。一週前追い切りから意欲的に追われてのギリギリまで攻め抜いての一戦だっただけに、その疲労は大きかったということか。ノリで言ったのだかなんだかわからないけど、これだけここをピークに追っていながら中一週でのダービー出走に言及した長浜さんの感覚をちょっと疑う。

 はぁ。なんか今年に入って期待のフジキセキ産駒の故障が多いような気がする。もうやっちゃったものは仕方ないにしても、これ以上は増えないで欲しいなぁ。
■フジキセキ通信・5月7日号
 今日も未勝利。悔しい悔しい、でも嬉しい感じの未勝利。母父フジキセキならばアンジェトワールが勝利を挙げた。なんとテイエムオペラオーの産駒を勝たせるのだから、フジキセキは母父としても素晴らしく優秀だ。すごいすごい。

 そのアンジェトワールが勝利した未勝利戦ではショウナンアンジュが惜しい3着。いつでも勝ち上がれそうな1頭だ。

 そしてメインのNHKマイルCではファイングレインがクビ差の惜しい2着、キンシャサノキセキが惜しい3着と大健闘。人気が低すぎた感もあるが、いい意味で人気を裏切る好走は本当に嬉しい。それがG1なら言わずもがな。

 ファイングレインはこれで賞金も不安なくなった。3歳の間は古馬相手のG1では厳しそうだが、そこはフジキセキ産駒。2歳時から結果を残す産駒はちゃんと古馬になって成長して重賞で勝ち負けまで出世してくれるので、G1で2着したファイングレインならばゆくゆくはG1勝ちも狙えるんじゃないかと思う。ここで休ませて秋以降に期待しダービーに行くんかい! いやいや、それは無理っしょ。無理しないでゆっくりいかせて欲しいんだけどなぁ。秋は富士S辺りから始動で一応マイルCSには出るけどそこそこの成績止まりでみたいなのでいいから。京都金杯で重賞制覇なら充分とか思ってるんだが。
 むー。出るからにはがんばれ。

 キンシャサノキセキは言わずと知れた豪州産フジキセキ産駒。半年のハンデありながらここでの3着は夢が広がる。それも内を伸びた上位2頭と違い外を回しての3着。実力的にはまったく差がない。ひょっとしたらデュランダルの後の新マイル王ってのまで見えてきたかも。同期にマイルの強豪となりそうな馬は多いが、こいつは本当に楽しみ。

 これで桜花賞、皐月賞に続いてG1入着達成。この世代はすでにG1入着馬が5頭(グレイスティアラ・ドリームパスポート・コイウタ・ファイングレイン・キンシャサノキセキ)。この時期まででG1入着した過去のフジキセキ産駒はダイタクリーヴァ・オースミコスモ・ブルーリッジリバーくらいしかいなかったのに、今年は本当にすごい。元々この世代はダイタクリーヴァの活躍を受けて質・量ともに向上した世代で、つまり繁殖のレベルが上がればダイレクトに産駒成績に表れることを証明している。優秀な種牡馬ってことの証明をこれだけしても繁殖レベルが上がりきらないのが残念で仕方ない今日この頃である。
カテゴリー
CssTagCloud

マルブツフジ  ジュエルクイーン  ブライティアミル  ジャーマンアイリス  コパノカチーノ  サダムリスペクト  エイシンキンチェム  ユアマイラブ  プリティアクィーン  ビービーボヌール  ベルモントホウオウ  メイショウサムソン  リアライズリンクス  ダノンシャンティ  フジノゴールド  ゴールデンファレノ  アドマイヤサガス  ジーガールージュ  ベツレヘムスター  ビーナスライン  フィールドベアー  アカンサス  トシファイブスター  ヤマイチキセキ  ジャズダンサー  アドマイヤコウベ  ベルウッドローツェ  キタサンガンバ  ジャドール  皐月賞  タガノラヴキセキ  安田記念  ポイントキセキ  スマイリングムーン  サグレス  カリスマサンキセキ  サンドルトン  デルマジュゲム  セラミックアート  朝日杯FS  ツキミチャン  アスターサンダー  京都新聞杯  ブラックルーラー  ソワンドタイガー  オブテネール  馬券  パシフィックブルー  マザックヤース  コアレスレーサー  ブルミラコロ  ヒーロー  カフェラビリンス  ハーツクライ  ミラクルポイント  ミツバ  アキトフォルテ  イスラボニータ  ゴーハンティング  クイーンキセキ  ステラーケイト  ナリタスプリング  ナンヨーカノン  マルカベンチャー  トミケンモヴェール  タガノビッグバン  アズマリュウセイ  NHKマイルC  スパイスシャワー  ゴーソッキュー  ゼトス  コットンパール  ダーズンローズ  クレバートウショウ  モンサンビアンカ  エイシンオルドス  レイディルアレナ  ディライトフル  ドリームパスポート  ショウナンバーキン  フリーダムマーチ  マックヴァン  メイプルレインボー  七夕賞  グレイスティアラ  プリームス  チャームポット  ブルザンインディゴ  ウインアズライト  プントバンコ  ビバグリーン  サラマンカ  コアレスフェーブル  ワキノキセキ  ソフトライム  ジェネロシティー  ウインレナータ  キタサンエピソード  コスモレティクルム  ナリタシルエット  ロードシャリオ  ファントムロード  ウインオベロン  サイモンゼーレ  マサノジェット  クランドールゲラン  ナリタプレリュード  グッドラックミー  マックスバローズ  リラ  レーティングまとめ  ウインランブル  ダービー  ローザルージュ  シンゼンガンプ  オリアーナ  フロアクラフト  メイショウホクシン  アスクティターン  ダイシンカレラ  アドマイヤシャイ  ダノンマッキンレー  イチブン  テイエムライオネス  ネオザウイナー  アサクサレーサー  レッドサイファー  パームアイランド  モルトカズマ  レレマーマ  ロープアドープ  オフクヒメ  サダムパテック  リアン  マサノホーク  シュウジ  ブライティアスター  エーシンジャッカル  トルバドゥール  ロースミラクル  ブライトライン  セイクリッドセブン  アラフジ  アルタイル  メイショウワダイコ  アスクジョーダン  ウインブルーローズ  ビギンマニューバー  ミラクルレジェンド  ピュアコンチェルト  タマモトッププレイ  ダンツカナリー  ユリオプスデイジー  桜花賞  セブンサミッツ  レッドグラサージュ  Sushisan  ロードクルセイダー  マイネルヴォーダン  フジキセキ  レッドカーペット  アイムユアドリーム  エルフショット  キクノエクレール  マイルCS  スズハヤトウー  タマモコントラバス  ヴィオラーネ  クールモア  クラシコ  アドマイヤヤング  シャルロットノアル  サンライズイーグル  メイショウボノム  オークス  ブンブンブラウ  グランマルシェ  ルノートル  マダムジルウェット  ゴールドキセキ  ビューティサン  ボップリヴァーサル  ポッドシルビア  マルシアーノ  ベストブルーム  ダイナミックウオー  グランセブルス  シャイニングホープ  ゴールドヘクター  ストローハット  フライトゥザピーク  ティノ  ピュアダイヤモンド  フジヤマコクリュウ  ニザエモン  フォールインラブ  ジュヴェビアン  ヴェリーウェル  ポリール  キョウエイプライド  ドラケンスバーグ  ダンスインザムード  関東オークス  カラマ  コスモアルヘナ  コアレスリーヴァ  開催まとめ  ソーディヴァイン  スマートオーディン  ダノンキセキ  ピュアダイアモンド  コウザンヒキリ  グァンタナメラ  トゥルーストーリー  菊花賞  ショウサンミーベル  タマモホットプレイ  スマートカルロス  プレシャスペスカ  トーセンギャラリー  シャークベイ  クールマギー  オメガブルーハワイ  ジョージジョージ  ゴットマスタング  コスモマーベラス  アチーヴ  スティンライクビー  ノーブルクリスタル  ポップリヴァーサル  トップライセンス  サダムアリガトウ  エフティシュタルク  ツーオブアス  天皇賞  ジュンゲル  サイタスリーレッド  プルメリア  シャラントレディ  エーシンカオルーン  トウケイリニア  アルマオンディーナ  エーシングランダム  オベリスク  エルズミーア  アークマイニング  プレスアテンション  プリンスコウベ  フェブラリーS  イクシア  ソーミラキュラス  ルールプロスパー  ビップピュアレディ  セルリアンコスモ  ホーマンフリップ  サンデーサイレンス  ハングリージャック  凱旋門賞  タピエス  ショウナンアンジュ  ヒットジャポット  マレボプール  ウインユニファイド  シャイニングタイム  タカオキセキ  ピエナアプローズ  ハイベストバイオ  メイショウジビュス  キイレ  ビップフウマ  オンガエシ  メイケイペガスター  ブルーイングリーン  ゴールデンクラウン  ネオキセキ  マチノアカリ  タムロスカイ  ツインピークス  オルティラアスール  シュネークリスタル  ユースティティア  マイネルパッセ  タガノレイヨネ  タガノハウリング  レディーゴー  オレンジスムージー  エールブリーズ  シャイニーリーヴァ  メメビーナス  サンフレイム  フレンチイデアル  帝王賞  クインズサン  デンファレ  バシレウスライオン  タマモベストプレイ  プリュキエール  ロサギガンティア  ショークール  ネコエルフ  ラプレシオーサ  Fuji_Fantasy  ドンデナーダ  ミルキープッチ  シンメイフジ  ユキノカトレア  アースワンキセキ  エリザベス女王杯  キラリダイヤモンド  ローズミラクル  ディープインパクト  トーセンウィーク  ロンドンタウン  モンサンナシーラ  クレバーカイザー  アースエンジェル  クロフォード  ダイタクリーヴァ  サウンドレーサー  宝塚記念  スリラーインマニラ  キタサンアミーゴ  タガノサイクロン  マウントハレアカラ  バアゼルリバー  オトコノヒマツリ  トーホウアマポーラ  ディオベルタ  プロフェッショナル  サトノスティング  クーノキセキ  スイープトウショウ  コイウタ  タマモナイスプレイ  コスモバルク  ジューンブラジリエ  タガノシビル  ヒカルカツキ  ブラスリング  ピックアンドポップ  マーセラス  ブライティアパルス  ヴィクトリアマイル  ストレイトガール  マーブルフレンテ  ショウナンカウィー  メイショウワッフル  エーシンデューク  サンマルメジャール  クラスまとめ  シャイニーアース  ナリタシークレット  ミカノレディー  サフィロス  キンシノキセキ  シングンガガ  スティルゴールド  キングノヨアケ  キンシャサノキセキ  応援馬券  ピースオブパワー  リターンストローク  キタサンコンサート  セイウンオセアン  バナナムーチョ  秋華賞  テンノサクラコ  ミラグロッサ  キスザスターズ  チェスナットバロン  テイエムグンカン  レイヌドネージュ  ジェイウォーク  ラズベリータイム  ブラックブリーズ  ジャパンカップ  ジートップキセキ  メルヴェイユドール  アクロスザヘイブン  ダイオプサイド  アドマイヤモラール  アドマイヤダリヤ  ゲネラルプローベ  セール  チーフアセスメント  ミラクルボネット  ウインフロレゾン  アポロノホウリン  ノリノリハッピー  ケイアイアストン  マウントビスティー  アーベントロート  ノースウィナー  ノースノース  スリーキンシャサ  マルカシリウス  トーセンラピュタ  ヤマイチレジェンド  マダムヤッコ  マスターソムリエ  ラッキーマイラブ  モレサンドニ  ミッキーシャンティ  クロンドローリエ  コルノグランデ  サニーデイズ  レインボーシャワー  ミッキーマーチ  シャイニーホーク  ハッピーサークル  ピッツバーグ  ミリオンウェーブ  フミノウインダム  スナッチアキス  サーカスタウン  メガオパールカフェ  コルポディヴェント  キングレオポルド  パープルセイル  エスピナアスール  タイキソレイユ  フジノゴトク  ワンダーブラザウン  ランパスインベガス  ヒカルアカツキ  マンボノテイオー  タマモホットポット  アドマイヤリリーフ  オースミレジスタ  ミエノキセキ  カラフルデイズ  ショコラーチ  ニューレジェンド  メリーチャン  ピンクベリーニ  カネヒキリ  エースドライバー  チョウカイキセキ  ショウナンバッカス  ツクバホクトオー  デストリーライズ  プレゼピオ  シュシュブリーズ  ピアチェーレ  アドマイヤシェル  クッカーニャ  松国ローテ  エイシンシテンノー  シャンパンサーベル  ビッグホワイト  コールサインゼロ  ウェディングフジコ  トーセンアマポーラ  キョウエイヒドラ  ビアンカシェボン  レアドロップ  スプリングアース  ブルーメリディアン  プレシャスレディー  シルバーキセキ  スケールアップ  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。