最新の記事
Category : 競馬一般
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このブログでフジキセキ産駒以外のことを書くのなんて結構久しぶりなんじゃないかと思いつつ。


 ディープインパクトが凱旋門賞に出走した時はまだgooブログ時代でしたかね。ああ、確認してみたらFC2には移っていたみたいです。

 フジキセキ産駒の成績まとめも始めて間もない頃で、ダビスタ時代のブログが競馬テキスト系ブログへと変貌を遂げ、完全趣味ブログになった辺りですね。身辺で色々な変化があったりなかったりで、今では考えられない日々の中で生きていたような気がします。


 オルフェーヴルですね。

 直線で外からやって来た時には声が出ましたよ。ええ。「勝ってしまう」という思いと「勝ってしまえ」という思いが半々くらいで。せっかくなら突き放してしまえと思ったところで、まさかまさかという結果。

 この馬にして、まだその頂に触れることは叶わぬのかと、声が出ました。


 専らフジキセキ産駒のことばかり考えていたら、G2くらいまでは出走馬も知らないなんてくらいに競馬から離れてしまい、いや、フジキセキ産駒を見てるだけあって競馬にビッチリ密着の日々なんですけど、でもやっぱり競馬から離れてしまっていたんですね。

 そんな私ですら、オルフェーヴルの強さには震えたこともありますし、可能性というものを感じていたりしました。ええ。

 そのオルフェーヴルですら、あの末脚をしっかり繰り出しておきながら、それでも届かない。


 あれですね、呪いという名前で呼んでおけば少しは気が楽になりそうですね。


 相変わらず競馬は面白いですね。フジキセキ産駒ももちろんですが。毎週一応目を通している重賞を見ては心が躍ります。G1もパドックまでは忘れているくらいのノリですが、それでも本馬場入場では子供の頃のようにワクワクしながら1頭ずつ見ています。最後の直線では手に力が入ります。

 こうやって続いて行くその先に、きっと日本馬による凱旋門賞制覇というものがあると、そう思うと、やっぱり次の競馬が待ち切れませんね。また新たなヒーローとドラマに出会えると考えると、楽しみで仕方ありません。

 これは一生物の趣味ですよね。

スポンサーサイト
 カジノドライヴがピーターパンSを勝ったらしい。それも結構強いレース振りで。

 さて。こんな形とは想定してなかったけども、およそ2年前に書いたこのエントリで放り投げてみた問いにさっそく激突。

 この馬、日本馬っすか?

 このまま向こうでG1勝って、日本馬による米クラシック制覇!! なんて言われても困りますけど。


 できれば日本生まれであること、少なくとも育成の大部分から調教、デビューが日本で、まず日本で実績を残して日本の馬として海外へって道を辿ってくれないと、ちょっとなんつーか日本馬って思えない。私は。私の感情は。

 逆に噂の6億円馬なんかは、最初から海外にいて仏オークス勝ったとしても、カジノドライヴより日本馬っぽく感じることができる。私は。私の感情は。


 こういうのって個人の感じ方でしかないんだけども、個人の感じ方でしかないってことを許してくれる空気になるにはもう少し時間がかかりそう。

 それにぶっちゃけ言わせてもらったら、私の場合はコテコテ日本血統日本生まれ日本調教馬よりSun Classiqueの方が身近で応援したくなるわけで。悪い意味で日本馬とかどうでもよくなってます。
■逮捕
安田康彦元騎手が恐喝で逮捕:netkeiba.com


 この人の生き方はある意味では素晴らしいと思っていたのだが。勝負の世界の真っ只中で昔気質の特異な存在として存在感を見せておきながら、「もう充分だ」とばかりにあっさりとした引退。それだけでもある種のかっこよさはある。

 それ以上になんというか。生きてるよなーって感じがするというか。戦う男はかっこいいに決まってるんだけど、それが一番偉くて遊ぶことは悪でみたいな日本人的な感覚がないというか。それを体現できてる凄さというか。ね。

 それだけにこんな形で再びメディアにってのがちょっとねー。ある意味ではやっぱり生きてるよなーって感じはするが、なんせ程度が低すぎるというのが。どうせならもっとでかいことでなんて思ったり思わなかったりする。


■内田博幸JRA騎手免許受検へ

内田博騎手がJRA受験を表明:nikkansports.com


 ダーレージャパンが中央馬主の資格を取得した時点で既定路線だったろってところだが。ま、腕があるんだしそれを評価してくれる人もいるんだから、プロなら稼げる場所を選ぶってのは至極当然のことなんでいいんじゃないかと。


■ミスベロニカ死亡

3歳牝馬ミスベロニカ急死


 ただでさえ楽しみだった秋の牝馬戦線にウオッカ参戦ってのでテンションは上がっていたのだが、そのテンションがこれでちょっと下がってしまったのは事実。誰が痛いってテイエムオペラオーが痛いだろうなぁ。

 そんなことよりこれが馬インフルエンザと関係があるのかないのかが気になる。関係なければいいんだけどね。
馬インフルエンザに関するお知らせ
中止した重賞競走の移設について
8月23日(木)の出馬表の発表時刻の変更について


 JRAにとって先週の開催中止での損失は450億とかなんとかって噂も聞く。そりゃできるだけ早いとこ再開したいわな。調教師とかも一部の勝ち組を除けばとにかく早いとこ再開してもらわないとおまんまの食い上げってなところだろうし。個人的にも競馬のない週末は淋しいし。ファンの多くはそうだろうし。

 基本的に少々強引だったとしても再開に踏み切ったのは正解だと思われ。信用を失うとかって声も聞こえてくるものの、それ以上に毎週400億失うってのは痛いっしょ。失う信用ってのもそもそも眉唾物だし。ファンは競馬やってりゃ基本的に買うしね。


 ということでキーンランドCのビーナスラインと新潟記念のユメノシルシと未勝利のタマモナイスプレイが順調なら見られそうってので私は大満足。
●●●東西トレセンで馬インフルエンザの疑い?開催に影響か●●●


 こりゃーどうもやばいっぽい噂。これから判断下されるんだろうけど、今週の競馬どころかしばらくは覚悟しておいた方がいいのかも。

 前回1972年に馬インフルエンザが流行った時には2ヶ月の開催中止となったらしいが、今回はさすがにそんなことはないと信じたい。というか、まだ開催中止って決まったわけじゃないし。まだ馬インフルエンザの疑いって段階だし。

 でもまー覚悟しておいた方が云々。


 追記。

今週末の競馬開催、予定通り実施へ

 ということで開催中止だけはなんとか回避。ただ、馬の移動がJRA管理施設間のみということで、放牧中の馬は帰って来れずだし入厩中の馬は放牧に出れずということで。

 とりあえずカネヒキリゴールデンダリアはすでに帰厩してるってのはよかったなぁと。キンシャサノキセキも8月10日に帰厩したということで一安心だ。秋に向けてトレセンで調整できるってのはある程度のアドバンテージと考えていいんじゃないかと。コイウタも放牧には出ていないっぽいけどどうなんだろねこれ。

 2歳勢では期待の大きいムービーハウスも数日前に予定を前倒しにして函館に入厩したとのことで。デビューは予定通りにできそうだ。また先日衝撃的な走りを見せたサブジェクトも放牧に出されていないようで、目標の札幌2歳Sへ向けて順調に調整ができそうだ。

 ま、コスモマーベラスとかダンディズムとかタガノサイクロンとかナリタプレリュードとかファイングレインとか、秋にちゃんと帰ってくる予定だった期待馬は計画変更を余儀なくされた形になってるし、何の問題もなく喜んだりできる状況ではないんだけどもね。というか、いつ頃に解除されるかだよなぁ。

 案外長引いたとして、番組変更とかありえるのかねぇ。
 アドマイヤムーンについて10分以内に書ききれる程度で。


 40億は大金だと思う。その大金をこの馬を買うために払うってんだから、この馬はとても価値があるんだと思う。終わり。


 これが偽らざる本心。これ以上もこれ以下もない話だと思うんだが、この話題は盛り上がってるらしい。

 アレだ、ダーレージャパンの中央の馬主資格云々ってのとタイミングがかぶってるからどうのこうのとか、そういった政治的な決着が裏にあるとかないとかそういうことで生理的に受け付けないって人もいるんだろうけど、そんなもん現代においてはどんな分野でも当たり前にある話で。

 サッカーでもセリエAだとか、野球ならメジャーだとか。日本人を獲得する理由に商売面の理由が大きかったりするわけで。それは公言されていて、それでいて非難されることはなかったりするわけで。政治的な理由で日本人選手を獲得しておきながらベンチにも入ったりは入らなかったりで試合に出ることはほとんどないってサッカー選手いたりするじゃない。人間がいてビジネスである以上は政治的なお話から逃れられないわけだ。


 ビジネスビジネスって話が嫌だ、競馬はもっとロマンだスポーツだって意見も分かるが。金が動かなかったら成立しない世界においてビジネスであることを嫌だと言われても困る。そこでビジネス化が嫌だと言う意見は、大量に処分される名も無き馬たちの上に成り立つ競馬ってアレだよね動物虐待だよね馬がかわいそうだよねって言ってるやつらと同種に見える。

 そりゃもうしゃあない話じゃないですか。それを言うんだったらもうどうしようもないですよってお話。動物愛護団体のベジタリアンの如く、競馬から離れるしかないんじゃないですか。


 それよりはそろそろビジネスとしてちゃんと競馬を見つめる時期が来たって証拠じゃないかな、と。こないだのキャッシュコールマイルでの斤量問題然り、今回のトレードだって日本競馬が日本人が思っている以上に世界に認められているってのが現象として表れただけ。その事象が今回のアドマイヤムーンのトレード話。それ以上でもそれ以下でもない。

 こっから日本競馬が沈没するのか浮上するのかってのは、今回のトレードが問題になるんじゃないわけで。今回のトレードで日本競馬が認められているってことが現象として表れたってのを踏まえた上で、今後どのように日本競馬が振る舞うことができるかどうかが問題になるわけだ。


 あくまでもこのトレードは日本競馬を取り巻く世界が変化していることが現れただけの現象であり、今後も腐るほど起こりうる事象のひとつでしかない。これがきっかけで人の意識が変わり世界が変わって見えるようになることはあっても、今回の事象のせいで何かに影響を及ぼすなんてことはありえない。

 そんなことがあると思ってるようなヤツは愚鈍で考えの足らない人種だと私は思う。世間はそうやって動いてない、というか、世間を動かしているヤツらはそんなに馬鹿じゃない。激流の中に身を投じる人たちの覚悟と、その覚悟を持った人の脳漿はもっと高尚で泥臭い。


 そんな感じかなぁ。ま、トレードで地元にいなくなるだのなんだのってのは分かるけど、地方馬が中央に移籍したりその逆があったりってのは今までも常識的に行われていたわけで。それ以外にもオグリキャップの馬主が替わりまくったりとか、古くはどうしてもダービー欲しいっつってダイコーターがダービー前に馬主替わったとかって話も昔からあるわけで。

 少なくとも日本国内では主戦場を変えて競馬を続けるってのは当たり前に起きていたわけだし、ビジネス理由で馬主が替わったりもあったわけだし、もっと純粋に馬主としての名誉だとかってのを求めて金で名馬を手に入れるってのもあったわけだし。

 レース選択でも海外レースを使うことが挑戦ではなく純粋なレース選択の一環になってたり、種牡馬でも海外に輸出されたりシャトルで南半球へ渡ったり、セレクトセールに外国から買いに来たり。

 20年前と違って競馬の中でも色々なことが世界規模で動いているわけで、日本もその中にすでにあるわけで。パート1国入り云々じゃなくってすでに世界の中に飛び込んでるのが日本競馬なんだから。じゃあ馬主トレードとか主戦場の変更だとかが世界規模に変更があっても今更どうこう言う問題じゃないっしょ。

 そう、今更感だね。今更何を言ってるんだって感じ。


 ちょろちょろっと見て回ったら水上とか言うライターだか血統論者だかが発端だったっぽいのかね。うん、この人が言ってることはホント今更感に溢れてるよね。

 競馬に何を求めるのも自由だけど、自分が感情的に納得できないからってそれをいかにも筋道立てて自分の感情こそが正しいと主張するのはみっともない。どうしても感情的に許せないなら、「なんや分からんが俺は嫌やわ」って言ってる方がずっといい。
 ネットでPOG。適当に選んで適当に。

 昨年はkeiba@niftyのnetPOGに参加していたんだが。まったくもってお寒い空気状態。

アルティマトゥーレ
 3戦【2?0?0?1】 1730pt
 父:フジキセキ
 母:エアトゥーレ(父:トニービン)


コアレスリーヴァ
 12戦【1?1?2?8】 1470pt
 父:ダイタクリーヴァ
 母:ダイタクルテミス(父:アスワン)


ニードルポイント
 6戦【2?0?0?4】 1260pt
 父:フジキセキ
 母:ヒシシルバーメイド(父:Silver Deputy)


ファルカタリア
 2戦【1?1?0?0】 800pt
 父:フジキセキ
 母:ドライアッド(父:トニービン)


ルアシェイア
 6戦【0?1?2?3】 725pt
 父:フジキセキ
 母:ファレノプシス(父:ブライアンズタイム)


ダイワチャーム
 3戦【0?1?2?0】 540pt
 父:フジキセキ
 母:エグズマキー(父:Pleasant Colony)


ワーキングウーマン
 3戦【1?0?0?2】 530pt
 父:フジキセキ
 母:ワーキングイオン(父:ジェイドロバリー)


リラ
 8戦【0?1?0?7】 345pt
 父:ダイタクリーヴァ
 母:スピードアクセス(父:ハギノカムイオー)


ヴィヴァルディ
 1戦【0?1?0?0】 290pt
 父:フジキセキ
 母:スプリングチケット(父:トニービン)


メガリス
 3戦【0?0?0ー3】 105pt
 父:フジキセキ
 母:メヤディーニ(父:Mr.Prospector)



 全部足して7795ptの3326位というおっそろしい成績。4500人くらいの参加だったはずだが。これは酷い。500万下を突破したのが2頭じゃ話にならない。

 というか、ヴィヴァルディの屈腱炎とアルティマトゥーレが出走数少なかったのがすべて。クラシックはこの馬たちでなんて考えていただけに、ここがダメだともうどうしようも。ヴィヴァルディは帰厩しているようで、近々出走とのことで今後が楽しみだが。

 しかしこの縛り(フジキセキ・ダイタクリーヴァ産駒のみ)で半分の5頭が勝ち上がり、未勝利馬も2着したのが4頭もいる。残る1頭も掲示板には載ってるわけで、モノは言いようって感に溢れるがそんなに悪い成績でもないように見えなくもない。



 んで今年。今年は更にあと2箇所。netkeibaPOGPOG広場に参加。全部同じ馬で行く。

クーノキセキ
 父:フジキセキ
 母:ビルアンドクー(父:ジェイドロバリー)


クリフクライマー
 父:フジキセキ
 母:オーバーザウォール(父:ドクターデヴィアス)


サイアーエフェクト
 父:フジキセキ
 母:アンティーケリー(父:Polish Precedent)


ダイワディーク
 父:フジキセキ
 母:シルバーコースト(父:Silver Deputy)


タマモナイスプレイ
 父:フジキセキ
 母:ホットプレイ(父:ノーザンテースト)


ナリタダイコク
 父:フジキセキ
 母:タニノホロホロ(父:トニービン)


ファイアレッド
 父:フジキセキ
 母:レッドクローシュ(父:トニービン)


マーシフルフェイト
 父:フジキセキ
 母:プレイン(父:ジェイドロバリー)


マルチメトリック
 父:フジキセキ
 母:ロングオペラ(父:オペラハウス)


ムービーハウス
 父:フジキセキ
 母:ムービースクリーン(父:トニービン)



 徹底的にフジキセキ産駒。馬体とか評判とかほとんど見てない(というかこの時期フジキセキ産駒の評判はほとんど出てこないんだが)。netkeibaで1頭ずつ血統を眺めて決めていった。

 ま、気付いたら牝馬2頭しかいないってのはご愛嬌で。2歳戦は牝馬の方が圧倒的に成績がいいってのも知ってたけど気にしない。活躍馬が出ている血統に寄せて毛色も気にしつつ厩舎も気にしつつで決定。

 おそらく今年も空気だ。
■久々の競馬参戦
 下のエントリでも触れているように、久々に競馬を。土曜日の競馬場の空気をまったり楽しんできました。こちらではフジキセキ産駒以外の馬券の結果について。

 ホントは第1Rからがっつりがっつりの予定だったのだが、うっかり二度寝で逃してしまったレースもあり。予想は前日のうちに終わっていたんで買うだけだったんだが買えず。ま、買ってても小さいのが当たってただけだったんでまあいいや、と。

 長いんで折りたたみー。

カテゴリー
CssTagCloud

ゼトス  アキトフォルテ  ビッグホワイト  マックヴァン  ポイントキセキ  メメビーナス  エールブリーズ  マダムジルウェット  レアドロップ  ノースノース  ヒットジャポット  エルフショット  桜花賞  マレボプール  サトノスティング  スティルゴールド  モレサンドニ  タマモトッププレイ  ベツレヘムスター  エイシンオルドス  エスピナアスール  リアン  ユアマイラブ  オリアーナ  キョウエイプライド  サダムリスペクト  プリティアクィーン  シャークベイ  ダノンキセキ  ツクバホクトオー  ミルキープッチ  ダーズンローズ  スマートカルロス  コルノグランデ  ハイベストバイオ  クロフォード  チョウカイキセキ  トーセンギャラリー  ウインオベロン  関東オークス  テンノサクラコ  ナリタシルエット  ジートップキセキ  ユリオプスデイジー  シャイニーホーク  メリーチャン  イチブン  スマイリングムーン  オンガエシ  タガノハウリング  スプリングアース  アイムユアドリーム  タガノサイクロン  サラマンカ  京都新聞杯  クインズサン  アスクティターン  ジャーマンアイリス  アドマイヤヤング  ジューンブラジリエ  セラミックアート  ショウナンアンジュ  マンボノテイオー  ウインユニファイド  ナリタスプリング  ディライトフル  マスターソムリエ  クレバートウショウ  レレマーマ  ハーツクライ  マサノジェット  カネヒキリ  オブテネール  ニザエモン  キクノエクレール  ダンスインザムード  キョウエイヒドラ  メルヴェイユドール  ポッドシルビア  シャイニーアース  ベルウッドローツェ  フジノゴトク  ベストブルーム  アサクサレーサー  トーセンラピュタ  ソフトライム  ショウナンカウィー  モルトカズマ  ロサギガンティア  トップライセンス  ジョージジョージ  サンマルメジャール  ユキノカトレア  チャームポット  シャンパンサーベル  トーセンウィーク  マウントビスティー  ビアンカシェボン  シャラントレディ  タガノシビル  クッカーニャ  ピースオブパワー  レーティングまとめ  ルノートル  モンサンビアンカ  サダムパテック  フェブラリーS  ボップリヴァーサル  マチノアカリ  メイショウホクシン  サグレス  アドマイヤシェル  ダイタクリーヴァ  サダムアリガトウ  タガノビッグバン  ショークール  シャイニングホープ  クールマギー  サウンドレーサー  ブルミラコロ  ミツバ  コールサインゼロ  ミカノレディー  ブンブンブラウ  マルシアーノ  リターンストローク  タマモホットプレイ  スナッチアキス  ロードクルセイダー  アカンサス  ワキノキセキ  スケールアップ  開催まとめ  シュウジ  バアゼルリバー  七夕賞  レインボーシャワー  アスクジョーダン  サーカスタウン  ヴィクトリアマイル  クールモア  ルールプロスパー  ゴールデンクラウン  ジュンゲル  カラマ  アークマイニング  ダイナミックウオー  ダイシンカレラ  マックスバローズ  フォールインラブ  プリームス  マサノホーク  ツーオブアス  ステラーケイト  プロフェッショナル  マザックヤース  イクシア  アドマイヤシャイ  プレゼピオ  エルズミーア  コスモマーベラス  ジャパンカップ  凱旋門賞  セイクリッドセブン  ダノンマッキンレー  天皇賞  レッドグラサージュ  ミエノキセキ  安田記念  ピュアダイアモンド  スパイスシャワー  キンシノキセキ  デンファレ  フミノウインダム  ゴールドヘクター  レッドサイファー  フジキセキ  フジノゴールド  スティンライクビー  レイヌドネージュ  ドリームパスポート  ロンドンタウン  サンライズイーグル  サンデーサイレンス  マルカシリウス  ダービー  ティノ  ゴーソッキュー  宝塚記念  マダムヤッコ  タカオキセキ  ダンツカナリー  朝日杯FS  ブラスリング  コルポディヴェント  メイショウジビュス  ヤマイチレジェンド  オークス  タイキソレイユ  パープルセイル  ローズミラクル  スズハヤトウー  プレシャスペスカ  ビップフウマ  クレバーカイザー  ビービーボヌール  ジャドール  メイショウサムソン  アポロノホウリン  セール  アーベントロート  ダイオプサイド  秋華賞  ノリノリハッピー  キタサンアミーゴ  セブンサミッツ  カラフルデイズ  ピックアンドポップ  ウェディングフジコ  ネオキセキ  ラプレシオーサ  タマモナイスプレイ  ミッキーマーチ  セルリアンコスモ  コアレスリーヴァ  オフクヒメ  クイーンキセキ  ツインピークス  アスターサンダー  皐月賞  ゴーハンティング  マーセラス  プルメリア  エーシンデューク  アースワンキセキ  カフェラビリンス  ピュアコンチェルト  ジェネロシティー  チーフアセスメント  ヤマイチキセキ  サイタスリーレッド  フリーダムマーチ  シャイニングタイム  ロードシャリオ  ショウナンバッカス  エースドライバー  オメガブルーハワイ  コアレスフェーブル  シンメイフジ  デストリーライズ  ジェイウォーク  メガオパールカフェ  アドマイヤリリーフ  ロースミラクル  ポリール  ゴットマスタング  ナリタプレリュード  ショコラーチ  アズマリュウセイ  ショウサンミーベル  クランドールゲラン  ブライトライン  ジャズダンサー  ミラクルレジェンド  オトコノヒマツリ  ワンダーブラザウン  シンゼンガンプ  ピエナアプローズ  マルブツフジ  グッドラックミー  ハングリージャック  ミラグロッサ  トーホウアマポーラ  ピンクベリーニ  キタサンコンサート  ツキミチャン  イスラボニータ  ウインフロレゾン  マイネルパッセ  エイシンキンチェム  アドマイヤコウベ  アドマイヤモラール  テイエムグンカン  エフティシュタルク  メイケイペガスター  コスモレティクルム  グァンタナメラ  コスモバルク  ミッキーシャンティ  ブライティアミル  ブルーイングリーン  ショウナンバーキン  シュシュブリーズ  ビップピュアレディ  ヴェリーウェル  アクロスザヘイブン  エーシングランダム  トシファイブスター  コウザンヒキリ  コットンパール  トーセンアマポーラ  ピアチェーレ  アドマイヤダリヤ  モンサンナシーラ  スイープトウショウ  ユースティティア  オベリスク  ネオザウイナー  コイウタ  タガノレイヨネ  ブラックブリーズ  ビバグリーン  キスザスターズ  ジュエルクイーン  フロアクラフト  コスモアルヘナ  ローザルージュ  マイネルヴォーダン  ゴールデンファレノ  Fuji_Fantasy  ジュヴェビアン  キイレ  エーシンジャッカル  ヴィオラーネ  アドマイヤサガス  ピッツバーグ  エーシンカオルーン  カリスマサンキセキ  ベルモントホウオウ  マウントハレアカラ  エリザベス女王杯  プレシャスレディー  オースミレジスタ  バナナムーチョ  エイシンシテンノー  バシレウスライオン  セイウンオセアン  キンシャサノキセキ  松国ローテ  タマモコントラバス  菊花賞  トゥルーストーリー  サンドルトン  ソーディヴァイン  レイディルアレナ  NHKマイルC  ナンヨーカノン  ヒカルカツキ  マルカベンチャー  ディオベルタ  プリンスコウベ  ノーブルクリスタル  シルバーキセキ  ネコエルフ  アースエンジェル  グレイスティアラ  ノースウィナー  ブルザンインディゴ  サフィロス  クーノキセキ  ウインレナータ  ゲネラルプローベ  応援馬券  タガノラヴキセキ  リラ  サイモンゼーレ  クラスまとめ  ビギンマニューバー  ウインランブル  グランセブルス  アルマオンディーナ  タマモホットポット  馬券  ウインアズライト  テイエムライオネス  タマモベストプレイ  ホーマンフリップ  ストレイトガール  ソワンドタイガー  メイショウボノム  ラズベリータイム  アルタイル  Sushisan  ヒカルアカツキ  プリュキエール  トルバドゥール  パシフィックブルー  デルマジュゲム  レディーゴー  ブラックルーラー  スリラーインマニラ  ゴールドキセキ  ラッキーマイラブ  グランマルシェ  ハッピーサークル  ブライティアパルス  ミラクルポイント  クロンドローリエ  ビューティサン  コパノカチーノ  スリーキンシャサ  サニーデイズ  ファントムロード  ポップリヴァーサル  キラリダイヤモンド  タムロスカイ  ビーナスライン  シャイニーリーヴァ  ケイアイアストン  オレンジスムージー  オルティラアスール  キタサンガンバ  チェスナットバロン  フジヤマコクリュウ  プレスアテンション  ソーミラキュラス  ランパスインベガス  パームアイランド  レッドカーペット  帝王賞  シュネークリスタル  ディープインパクト  メイショウワダイコ  ドラケンスバーグ  キングレオポルド  ストローハット  クラシコ  マーブルフレンテ  ミラクルボネット  タピエス  スマートオーディン  ダノンシャンティ  アチーヴ  コアレスレーサー  フレンチイデアル  メイショウワッフル  ナリタシークレット  ピュアダイヤモンド  ロープアドープ  ミリオンウェーブ  リアライズリンクス  ジーガールージュ  フィールドベアー  メイプルレインボー  アラフジ  フライトゥザピーク  トミケンモヴェール  サンフレイム  キングノヨアケ  ヒーロー  ブライティアスター  マイルCS  シャルロットノアル  ブルーメリディアン  トウケイリニア  プントバンコ  ドンデナーダ  ウインブルーローズ  シングンガガ  キタサンエピソード  ニューレジェンド  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。