最新の記事
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信:12月24日号

・中山
エイワンキセキ___1R 2歳未勝利 ダ1200 54 横山 典弘____4着
メイルリヒト____5R 3歳上500万下 ダ1200 54 勝浦 正樹___8着
タガノサイクロン__8R フェアウェルS ダ1800 55 池添 謙一___1着
ドリームパスポート_9R 有馬記念 芝2500 55 内田 博幸_____4着
タイセイドラゴン__10R ハッピーエンドC ダ1200 57 五十嵐 冬樹__15着

・阪神
エイジアンウインズ_2R 2歳未勝利 ダ1400 54 藤田 伸二____1着
スナークムサシ___7R 3歳上500万下 ダ1400 56 高橋 亮____4着
フミノウインダム__7R 3歳上500万下 ダ1400 56 本田 優____6着
ダイワレキシントン_8R 3歳上500万下 芝1800 56 吉田 隼人___5着
ヴンダー_____10R クリスマスC賞 芝1800 57 四位 洋文___9着
ハギノメトロポリス_10R クリスマスC賞 芝1800 57 M.モンテリーゾ_6着
ビッグホワイト___11R サンタクロースS 芝1400 57 今村 康成__18着

・中京
ハッピイアスリート_3R 3歳上500万下 ダ1000 54 小島 太一___10着
アドマイヤミラクル_5R 3歳上500万下 ダ1700 56 柴山 雄一___1着
オンワードサマンサ_9R 3歳上500万下 芝1200 55 嘉藤 貴行___8着
リスティアエーデル_9R 3歳上500万下 芝1200 55 川島 信二___13着
テイエムアクション_12R 尾張S 芝1200 56 橋本 美純______12着


 最終日は3勝追加で115勝。昨年の114勝を越えて自己最多。内国産種牡馬としては今年のサクラバクシンオーの117勝、4年前のダンスインザダークの116勝に次ぐ記録。また獲得賞金は内国産種牡馬として過去最高記録。G1勝利こそ1勝だったが素晴らしい1年だった。

 2歳馬エイジアンウインズが5馬身差圧勝。デビュー戦から2戦続けてダートを使っているが、芝でも見てみたい素材。脚元か体質が弱いのだろうか。今回の5馬身差はタイム的にもそこまででもないので、あまり大きな期待はしないでおきたい。桜花賞トライアルで権利取得目標に。

 500万下条件では明らかに力上位のアドマイヤミラクルが最終日でようやく勝ち上がり。来年以降は大きく伸びるってほどの期待はできないかもしれないが、着実に力をつけてビッグホワイトくらいは活躍してほしい。

 そのビッグホワイトは阪神メインのサンタクロースSに出走……って何で芝を走ってるんだ。18着とシンガリ負けも仕方ないか。ただ、18着と言えども時計はそこそこで、しばらく芝を使えばそれなりに通用してくれたりするかもってのは言いすぎかな。ま、無難にダートを使ってください。

 3歳世代には来年を引っ張る強力な柱が3頭いる。中長距離路線のドリームパスポート、短距離路線のキンシャサノキセキ、そしてダート路線のタガノサイクロンだ。展開が向いたが大きな不利もあったとのことで、それで最後伸びてくる大外一気の末脚はもちろん重賞戦線でも通用すること間違いない。本当に来年が楽しみな1頭。正直アロンダイトが相手ならまともにいい勝負だと思うのだが。カネヒキリが帰ってくるまでに新王者としてダートに君臨してほしいところだ。


■有馬記念:ドリームパスポート
 有馬記念に出走したドリームパスポートは4着。これでいい。最高じゃあないけども、これで文句はない。

有馬記念に出走する上で求められていたこと
・怪我をしない(来年へ影響のないレースをする)
ディープインパクトに勝利する

 本音は出走してほしくなかった。3歳時に無理をせずとも、心身ともに充実することが期待される来年に力を注いでほしかった。それでも出走するのなら、何よりも怪我のないように。そして、2着はもういらないということ。これが有馬記念でのテーマだった。

 そういう意味では内田が最後の最後までインにこだわった騎乗をしたのは正解。外を回せば無難に2着できていただろう。外を回さなくとも向こう正面で少しだけ位置取りを変えて、進路を確保する選択もあったかもしれない。それでも充分にドリームパスポートの走りはできていただろう。力を出し切ったと言える騎乗となっていただろう。もちろん2着は堅かったと思う。それをやったのがポップロックとペリエのコンビだった。

 しかし、それでディープインパクトに勝てたのか、という話。ディープインパクトに勝とうと思ったら、ドリームパスポートの力を出し切るのは最低限の前提条件、その上でもうひとつ何かが必要だった。

 ディープインパクトが距離損承知で外を回すのなら、ドリームパスポートはリスク承知でインベタでギリギリまで経済コースを狙うというのは、勝負としては充分アリ。本当に勝ちに行こうと思ったからこそ、内田も向こう正面で外目に持ち出すこともなく、ギリギリまでインにこだわった。

 果たしてその勝負には敗れてしまった。全馬力を出し切るために自分のレースに徹していた。ダイワメジャーが自分の位置取りからアドマイヤメインの外に馬体を合わせる。その後ろでこちらもラチ沿いを走っていたデルタブルースも経済コース狙い。しかし前にダイワメジャー、外にメイショウサムソンがそれぞれピッタリ蓋をして身動きが取れない。ドリームパスポートの前はデルタブルース・メイショウサムソンが壁になる。

 内が開かない、前は壁。その1頭分外のコースには、ペリエとポップロックは道中で外目に持ち出した分だけ素早く飛び込んだ。更にその外からはトウショウナイトがコーナーで膨らむことなくうまいコーナリングで蓋をする形。

 前が開かない、外に持ち出せない。それは、経済コースにこだわったがゆえのリスクを受けただけの話。元々それだけのリスクがあっての勝負。ただそれに負けただけ。

 そりゃディープインパクトと追い比べのシーンは見たかった。だが、本気で勝ちに行ってその勝負に敗れてしまったのだから、これはもう仕方がない。結果的に脚を余して4着だったことは、むしろ実力の証明。やっと前が開いた時にはすでに他の馬はトップスピードに乗っていた。そこから追い出してあの脚色の違いだ、もしイン狙いの勝負に勝っていたら、ドリームパスポートディープインパクトを追い詰めるシーンが見られたかもしれない。

 また、疲労という点で語るなら力が出し切れなかったことはむしろいいこと。インが開いて力を出し切れていれば、極限まで勝利に近づくことができていた。力が出し切れなかったから、疲労は小さいもので済んだ。この有馬記念のテーマを考えるなら、これもまた最良の結果だ。

 正直なとこ、連続3着以内の記録なんてどうでもいい。ずっと連対というのなら、そりゃシンザンの記録までと思うけども。それでもシンザンの記録は狙ったレースはすべて獲っていたからこそ、連続連対の記録も価値があるわけで。G1に手が届かないでいるドリームパスポートではそんな記録には何の価値もない。

 ただ必要なのはタイトル。そしてそれを狙う態勢が整うのは来年。有馬記念で世代交代を告げられなかったことは、ディープインパクトにも競馬ファンにも申し訳ないと思うが。来年きっと凄いものを見せてくれるはず。そしてフジキセキの後継種牡馬として、また次の世代へと夢を繋いでくれるはず。

 ということで、まずは来年だ。鞍上固定頼むぞ。
スポンサーサイト
 久しぶりに馬券を買ってきた。

 単勝 3:ドリームパスポート 5000円(+記念馬券100円)
 3連単 3?4・5・6・7・8?4・5・6・7・8 100円

 ドリームパスポートは来年に繋がるレースをしてくれればそれでいいってのが本音。馬券が当たるかどうかは瑣末な問題だ。

 一番怖いのは怪我。そして疲労の蓄積で来年春に影響が残ることが怖い。無理をしてまで勝ちに行ってほしくないけど、無理をしないと勝てる相手でもない。

 もちろん勝ってほしいけれども、何よりも無事に終わってくれれば。

 がんばれ、ドリームパスポート
■フジキセキ通信:12月23日号

・阪神
ステラパラダイス__5R 2歳未勝利 芝1600 55 幸 英明_____9着
ルアシェイア____6R 2歳新馬 ダ1400 54 幸 英明______2着
レオフォーレンス__12R 3歳上1000万下 ダ1400 55 池添 謙一__13着

・中山
ファルカタリア___5R 2歳新馬 芝1600 55 田中 勝春_____2着
ダイヤモンドスター_8R 3歳上1000万下 ダ1800 57 熊沢 重文__6着

・中京
ショウナンアンジュ_2R 3歳上500万下 ダ1700 54 中舘 英二___10着
ナスノオスカー___5R 2歳新馬 芝1200 55 安藤 光彰_____10着
ツルマルキセキ___10R 樅の木賞 ダ1700 55 和田 竜二___出走取消


 今日は1頭取り消して7頭出走と淋しい一日。血統的に期待があった1頭がデビュー戦を迎えた。

 ファルカタリアがデビュー戦をクビ差2着と惜しいレース。ノーザンテースト・リアルシャダイ・トニービンサンデーサイレンス前のリーディングサイアーが順に配合された牝系に、次世代のリーディングサイアー候補筆頭のフジキセキという血統は夢がある。初仔ということでデビュー前の注目はあまりなかったようだが、叔父ペインテドブラック・叔母ギミーシェルターと近親にも活躍馬が多い血統で、この馬にも大仕事の期待がかかる。ちなみにniftyのネットPOGで指名している1頭。

 こちらも一応指名しているルアシェイア。勝ち馬からは2馬身離された2着だが、後ろも3馬身半離した形で次での勝ち上がりが期待できる。ただ気になるのは産駒にまったく活躍馬が出せていないファレノプシスが母であるということ。母の兄弟もSunday Breakがアメリカで走ってG2ピーターパンSを勝利したのが唯一の活躍馬と、血統的には決して勢いがあるわけではない。このままメジロラモーヌのような位置付けで終わってしまうのか、この馬の活躍で評価を一変させることが可能なのか。
ダイタクリーヴァ産駒通信:12月23日号

・阪神
コアレスリーヴァ__2R 2歳未勝利 ダ1200 55 小牧 太_____7着

 コアレスリーヴァがなかなか勝ち上がれない。今回は7着まで。12.5 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 13.2 - 13.9というラップを先頭集団でレースを進め、4角ではすでに後退気味。そのまま伸びずで7着だから、これは情けない負け方と言うしかないか。しかもこの日の他のレースを見てみると、2歳未勝利D1200mにしても1:14.6というタイムは遅いもの。決してレベルの高くないレースで何もできないまま7着。疲れがたまっているのだろうか。一旦休みに入って……と言いたいところだが、このクラスの馬だとこの時期からの休養は引退を意味するものになってしまいそう。ちょっと不安になってきた。
 調べものの途中でSun Classiqueの次走について思い出して。少しだけ調べてみた。

 TBA Paddock Stakes登録馬

 来年の1月1日に行われる3歳以上牝馬によるG1のようで。今度は古馬牝馬相手の一戦となるみたい。前走は57kgを背負ってのレースだったが、次走は一気に5kg減って52kgの斤量で出走できる。距離は1F伸びて1800mだが同じケニルワース競馬場ということで、ある程度力を発揮できる条件じゃないかなぁ、と。

 日本で言えば桜花賞馬としてヴィクトリアマイルに参戦するようなものなのかな、と。時期的にはまだまだ古馬相手にするのは厳しい時期だが、斤量差5kgならある程度は抵抗してほしいところだ。


 しかし海外馬の次走とかのチェックって何か効率いい方法ないのかな。
■フジキセキ通信:12月17日号

・中山
テーオードラゴン__5R 障害未勝利 ダ2880 60 嘉堂 信雄____10着
タイフーンクラス__6R 2歳新馬 芝1600 54 津村 明秀_____2着
ニシノフジヤマ___7R 2歳500万下 ダ1800 55 勝浦 正樹____5着
ケイアイスカイ___8R 3歳上500万下 ダ1200 55 横山 典弘___6着
アクロスザヘイブン_9R 3歳上1000万下 芝1600 53 吉田 隼人___1着
ジェイウォーク___12R 香取特別 芝1800 56 吉田 豊______9着

・阪神
イッツファイン___5R 2歳新馬 芝1800 55 四位 洋文_____17着
フジノカミカゼ___5R 2歳新馬 芝1800 55 O.ペリエ_____2着
タマモホットプレイ_11R 阪神C 芝1400 57 渡辺 薫彦______10着
ニューベリー____11R 阪神C 芝1400 57 四位 洋文______6着
ビーナスライン___11R 阪神C 芝1400 55 秋山 真一郎_____8着

・中京
ウォーターギブン__1R 2歳未勝利 ダ1700 55 高橋 亮_____15着
レイトレーサー___9R 3歳上500万下 ダ1700 56 菊沢 隆徳___9着
ロマンスオーラ___10R 犬山特別 芝1800 54 飯田 祐史_____15着

 今日も1勝。また牝馬。牝馬が元気。2歳馬もデビューの2頭が好走。

 アクロスザヘイブンが牝馬限定戦ながら1000万下を勝利。また牝馬が、3歳馬が1000万下を突破して準オープン入り。兄はヒシアトラス、妹はルミナスハーバーと次々に活躍馬を送り出す優秀な母で、アクロスザヘイブンもフローラSで3着してオークスに出走するなど活躍をしている。ここまでの2勝は2000mだったが今回は1600mでの勝利と、マイルまでカバーできる短中距離馬というのは間違いないぽい。牝馬限定重賞のほとんどが1600m?2000mで行われるため、この馬もコスモマーベラス・コイウタに次ぐ第3の矢として牝馬重賞戦線に乗り込む日も遠くなさそうだ。

 フジノカミカゼ・タイフーンクラスがそれぞれ人気薄でデビュー戦を2着。ともにデビュー前に期待が大きかったわけでもなく、人気からも調教が良かっただの良血だのってことはないわけで。今年の2歳世代は産駒の数も少ないのだが、それだけでなく使い出し・仕上げが昨年までよりも遅いという傾向があるということだろうか。じっくりと仕上げてある程度使える状態を待って使われた産駒=ここ最近デビューしている産駒は成績が安定してきている感じ。ま、何よりも絶対的に数が少ないのは間違いないので、1頭1頭が確実に勝ち上がりを目指してほしいところだが。

 そして阪神C。短距離戦線を今年まで引っ張ってきた3頭タマモホットプレイ・ニューベリー・ビーナスラインが出走。次代の短距離王候補キンシャサノキセキは除外された(むしろこれはありがたいが)だけに、先輩3頭は恥ずかしいレースができないところだったが、3頭とも掲示板を外すレース。一番上が6着のニューベリー。そこから僅差の8着にビーナスライン、離されてタマモホットプレイが10着。

 ハイペースだったが後方からも追い込むのは難しい厳しいレース。2F目を頂点としてゴールまで少しずつラップを落としていく珍しいラップだったが、前で粘った馬も先行集団から抜け出した馬も中団から足を伸ばした馬もいたが、上位4頭はこの中では力上位なのは間違いないと言えるだろう。正直こんな消耗の激しくレベルの高いメンバー構成のレースにキンシャサノキセキが出走してなくてホント良かった。無理せず賞金だけ加算してG1出走権利を確保するためのレースをしてくれればいい。
■フジキセキ通信:12月16日号

・中山
トゥインクルタイム_1R 2歳未勝利 ダ1200 54 横山 典弘____7着
フラワーギフト___3R 2歳未勝利 芝1200 54 柴田 善臣____13着
トーセンアイリス__4R 2歳未勝利 芝1800 54 横山 典弘____5着
ホットストック___5R 2歳新馬 ダ1800 55 今野 忠成_____1着
ワイルドソニック__12R 仲冬特別 芝1200 54 松岡 正海_____8着

・阪神
ハギノエアロ____1R 2歳未勝利 ダ1200 54 四位 洋文____5着
アメジストリング__3R 2歳未勝利 芝1600 54 福永 祐一____7着
キセキノオーラ___3R 2歳未勝利 芝1600 54 熊沢 重文____9着
アルティマトゥーレ_6R 2歳新馬 芝1400 54 四位 洋文_____1着
スイートアリッサム_7R 3歳上500万下 ダ2000 57 福永 祐一___2着
ナリタジューン___8R 3歳上1000万下 ダ1200 54 上村 洋行___14着
モアマイガール__8R 3歳上1000万下 ダ1200 55 M.モンテリーゾ_13着
ビッグファルコン__10R 摂津特別 芝1600 57 熊沢 重文_____9着
ビッグホワイト___11R アクアルミナスS ダ1400 55 長谷川 浩大_7着
タガノエクリプス__12R 3歳上1000万下 ダ1800 56 岩田 康誠___

・中京
ラファル______2R 2歳新馬 ダ1700 54 和田 竜二_____7着
サンゴノウミヲ___3R 3歳上500万下 ダ1700 55 小牧 太____7着
トーアセンヒメ___3R 3歳上500万下 ダ1700 55 幸 英明____1着
キシュウティアラ__10R 3歳上500万下 ダ1700 53 鮫島 良太___12着
コスモマーベラス__11R 愛知杯 芝2000 56 安藤 勝己______2着

 今日は大挙出走、ここまで不振にあえいでいた2歳馬から2頭が勝ち上がった。その2頭ともデビュー戦だったということで、期待馬はデビューを遅らせていただけ? という妄想をしてみる。

 アルティマトゥーレは言わずと知れた名牝エアトゥーレの産駒。今年のフジキセキ産駒では最も期待できる良血の1頭だったが、デビュー戦をまったく危なげない無難な走りで勝利。次は紅梅S辺りだろうと思われるが、更なる上昇は間違いないところ。桜花賞へ向けて期待が膨らむ1頭だ。
12月16日(土) 【新馬戦】(阪神6R)?レース後のコメント

 D1800mでデビューしたホットストックは快勝。兄にサクラエキスパート・ウインジーニアス、従兄弟にキングファラオ・チゴイネルワイゼンなど。芝でも走る牝系なので芝で試してもらいたいところだが。まずは無難にもうひとつダートで勝ってから。
12月16日(土) 【新馬戦】(中山5R)?レース後のコメント

 トーアセンヒメが500万下で勝利。1度500万下での勝利経験はあるが、近走を見る限りここでいきなり勝ち上がることは想像していなかった。条件が上がってしまって次から苦戦してしまいそうだが。強いの相手に揉まれて成長してくれれば。

 2連勝でここ愛知杯へ辿り着いたコスモマーベラスだったが、惜しくも2着まで。小回りコースは向いたが距離2000mは少しだけ長かった感じで、レースもいつもより後ろからのもの。直線は外からよく追い詰めたものの、同斤量のアドマイヤキッスが前でレースを進めて抜け出す完璧なレースだった。位置取りの差がすべてだろうが、その位置取りをやむなくされた時点で劣っているということか。しかし3歳世代のものさしにちょうどいいアドマイヤキッス相手に後ろから追い詰めるレースで惜しい2着なら、来年のヴィクトリアマイルが楽しみになったと言っていい。
■鞍上決定
ドリーム、内田博と新コンビ/有馬記念

 ドリームパスポートの鞍上が内田博幸に決定した。微妙。


■内田博幸
 今年500勝達成(JRA61勝)という実績からも分かるように、地方を代表する騎手であり中央に入れて考えた場合にも最上位クラスに位置づけていい名手だと思う。ごくごく個人的な考えから言わせてもらうと、四位が再びとかってシナリオよりもはるかに頼りになると思う。

 ただ、やっぱり微妙。


■不満点
 騎手としての腕は申し分ないと思う。というか内田に文句つけたら他誰がいるってくらいだと思う。ただ、いかんともしがたいのはその経験値の低さなわけで。

 例えば1995年の桜花賞・オークス。例えば2004年のダービー。安藤勝己や五十嵐冬樹が技術的に未熟だったわけではない。ただ、彼らは桜花賞・オークスというレースを、ダービーというレースを知らなかった。阪神1600m・東京2400mというコースを知らなかった。騎手としての技術・経験は充分なものであったが、その舞台においては彼らの経験値は、それぞれ手綱を取ったライデンリーダー・コスモバルクを勝たせるためには絶対的に足らなかったわけだ。

 内田博幸は、有馬記念を知らない。


■不満点2
 内田博幸は馬を動かす能力は非常に高いと思う。日本で一番かもしれない。彼が乗れば勝てない馬を勝たせることも可能だろう。

 だが、ドリームパスポートは騎手の腕で動かさなければならないようなタイプではない。鞍上の合図に俊敏に反応して、素晴らしい瞬発力を発揮する能力を持っている。もちろん内田が乗ることでより動いてくれたり最後のひと踏ん張りが利いたりはあるかもしれない。だが、この馬にとってより必要なものは他にある気がする。

 素晴らしい瞬発力を持っていながら勝ち切れないでいるドリームパスポート。あまりにもキレすぎるために、その脚の使いどころが非常に難しい。そのため、彼を勝たせるために必要とされる騎手は、ペースを的確に判断してしかるべき位置取りをしてしかるべきタイミングでスパートの合図を送る能力に長けた騎手ということになるだろう。

 あくまでも馬のタイプと騎手のタイプの問題でしかないが、この組み合わせがベストのものとは考えにくい。


■不満点3
 有馬記念で13戦目。未だに連続して同じ騎手が手綱を取ったことがない。これはドリームパスポートのキャラ立てに寄与している面白ポイントでもあり、なかなか勝ち切れないことの最大の原因ともなっているんじゃないかと。

 つまり今後必要とされているのは主戦騎手として継続して手綱を取ってくれる騎手の存在。地方所属の内田博幸が有馬記念で鞍上に収まるということは、来年の初戦で再び乗り替わりとなる可能性が高いわけで。そういう意味では内田が鞍上というのは決して嬉しいことではない。


■じゃあ誰?
 だからといって内田に文句つけてそのままってのじゃただのクレーマーとなってしまうわけで。誰なら良かったの? ってのをちょっとだけ考えてみる。

 てことで不満点3より、まずは今まで手綱を取ってきた騎手を。

・高田潤
  2歳新馬:3着
  京都2歳S:2着
  皐月賞:2着
  神戸新聞杯:1着

・横山典弘
  2歳未勝利:2着
  菊花賞:2着

・安藤勝己
  2歳未勝利:1着
  きさらぎ賞:1着

・岩田康誠
  萩S:2着
  JC:2着

・デムーロ
  スプリングS:3着

・四位洋文
  ダービー:3着


■安藤勝己
 どう見ても安藤勝に乗ってもらわないとってことになる。既に2戦手綱を取っている経験、しかもその2戦とも勝利を挙げているという実績。安藤勝さえ乗ってくれればそれでいいのかもしれない。ダイワメジャーさえいなければ。

 他に有力なお手馬を抱えている騎手だと、バッティングした時に乗り替わりという事態が起きるわけで。ダイワメジャーが来年も現役を続行する限りは、正直安藤勝には頼みにくいところ。きさらぎ賞後に「マイル以下の馬」と言って、キャプテンベガ・アエローザを優先したこともファンは忘れてないし。

 てことで、なし。


■高田潤
 最多の4戦手綱を取った高田潤。調教にも乗っているし、一番この馬のことを理解してくれている(調教師よりも)し、この馬を誰よりも高く評価し続けてくれた騎手。

 2歳時の2戦、特に京都2歳Sでは6頭立てで前が詰まるというネタを披露してくれたりもあったが、直前で代打となった皐月賞では最内を突いてギリギリまで無駄のない騎乗を、神戸新聞杯ではメイショウサムソンと馬体を併せないように外を回して差し切った騎乗と、結果は出してくれている。心情的にも彼に主戦となってほしい部分はある。

 だが。私はあくまでもフジキセキファンでありドリームパスポートファンであるわけで。高田に足を引っ張られてG1を落としたなんてことを受け入れる心の余裕はないわけで。ドリームパスポートにはフジキセキの後継として機能するために、充分なチャンスを得られるだけの実績を現役時に残してほしいと思っている。

 現実を見れば、高田はドリームパスポートの乗り方は誰よりも分かっているが、競馬の乗り方が未熟すぎる。中山競馬場未勝利で今年の勝ち星一桁の障害騎手を乗せてほしいなんて、口が裂けても言えない。調教のパートナーとして、今後も彼を成長させてほしい。


■横山典弘
 関東を代表する名手。というか、チャンスの違いが大きすぎるだけで、騎手としての実力は武豊とも遜色ないと思う。

 ペースを掴む能力も高く、馬を動かす能力も高く。G1で勝負弱いってのは2着回数が尋常じゃなく多いから言われているのだろうが、その中身を見てみると非常に内容の濃い2着ばかり。仕事をやりきってよくやった2着というものが殆ど。武豊とG1での乗り馬を入れ替えていたら、果たしてこの馬たちを武豊は2着まで持って来れただろうかと考えたりすると、横山が下手で2着が多いわけじゃないってのが分かるはず。

 おまけに現3歳世代の有力馬にも古馬の有力馬にも主なお手馬と言える存在がおらず、今のうちに確保してしまえば乗り替わりの心配もなさそう(スウィフトカレントには惚れ込んでるみたいだが)。一番のオススメっつーか乗ってほしい騎手。


■岩田康誠
 JCでは素晴らしい騎乗をしてくれた。もし乗り続けてくれると言うなら彼に任せてもいいと思う。ドリームパスポートを生かす乗り方はまだ完全には掴めてないようにも見えるが、それも乗り続けてくれれば分かってくれるだろう。

 ノリじゃなければこの人でもホントいいと思うんだけどデルタブルースの存在がなぁ。メルボルンCを勝ってしまった以上は降りるつもりないだろうしなぁ。


■デムーロ
 外人じゃずっと乗れないっしょ。


■四位洋文
 外回せばいいって思ってるうちは乗ってほしくない。キレる馬は後ろからしか行っちゃ駄目って勘違いしてないか? 馬に乗る技術はメチャメチャ高いが、競馬で勝つ技術はそれほどじゃない。


■その他
 ありそうで怖いのは武豊アドマイヤメインは香港での惨敗が、アドマイヤムーンは短中距離を使いそうだから、とかなんとか言って春の天皇賞に向けてコンビ結成とかありそうで。そんで宝塚記念じゃあアドマイヤムーンの方に乗るんだぜアイツ。乗り続けてくれないし個人的に好きじゃないってのもあるしで、あんま乗ってほしくない。ただ、ドリームパスポートの持ち味を生かした競馬を完璧にやってくれそうってのもあるんで、乗ったら乗ったで悪くないとも思う。

 あとは出遅れない蛯名とか、G1を午前中にやってくれるという条件付きでの柴田善とか、福島にG1新設されたらという条件付きでの中舘とか。もしくは若手で頭角を見せている北村・川田・松岡・吉田隼人・鮫島みたいなのに任せるってのなら少々の未熟さ込みで応援できる。あと角田鞍上だったら何も文句言わずに現実をすべて受け止めてもいいとは思うかな。

 あ、忘れていたけど藤田伸二・福永祐一とか空いてるんじゃないかな。そうだな、藤田は特にいいかもしれん。やってくれる男だと思う。

 ま、ホントのこと言うと誰でもそんなにこだわりはないけどね。下手すぎず乗り替わりなしで乗ってくれる騎手なら。とにかく騎手を固定してくれ。それが何よりもの願いだから。
カテゴリー
CssTagCloud

関東オークス  マルシアーノ  ピンクベリーニ  マダムジルウェット  ミルキープッチ  クラスまとめ  アズマリュウセイ  コスモアルヘナ  カネヒキリ  ダンツカナリー  マザックヤース  タムロスカイ  シュシュブリーズ  カラフルデイズ  ウインブルーローズ  ノリノリハッピー  ローザルージュ  ベルモントホウオウ  アドマイヤモラール  デストリーライズ  クレバーカイザー  ブラスリング  マレボプール  レッドサイファー  フェブラリーS  コイウタ  クッカーニャ  ダイナミックウオー  スパイスシャワー  エーシンデューク  ジュエルクイーン  サラマンカ  サフィロス  コアレスリーヴァ  スケールアップ  フレンチイデアル  タマモナイスプレイ  ワンダーブラザウン  メイプルレインボー  ミリオンウェーブ  フジキセキ  ポッドシルビア  アドマイヤヤング  ディライトフル  ショウナンバッカス  ダイオプサイド  レーティングまとめ  ミッキーマーチ  オブテネール  ソーディヴァイン  キョウエイプライド  トルバドゥール  タイキソレイユ  メリーチャン  プレシャスレディー  マウントビスティー  アルマオンディーナ  ビッグホワイト  ヒットジャポット  タマモホットプレイ  タカオキセキ  リアン  ミツバ  アキトフォルテ  セルリアンコスモ  ウインアズライト  スティンライクビー  エイシンオルドス  マイルCS  ジーガールージュ  ヒカルアカツキ  アースワンキセキ  オルティラアスール  ファントムロード  オレンジスムージー  シュネークリスタル  松国ローテ  ソーミラキュラス  スマートオーディン  アドマイヤダリヤ  メイショウワッフル  ルールプロスパー  ノースノース  ラプレシオーサ  オトコノヒマツリ  クインズサン  アチーヴ  ユースティティア  サンフレイム  ミエノキセキ  オメガブルーハワイ  キスザスターズ  シュウジ  桜花賞  ダンスインザムード  ハーツクライ  Fuji_Fantasy  タピエス  スリラーインマニラ  マルカベンチャー  マーブルフレンテ  トップライセンス  エイシンシテンノー  ピックアンドポップ  タマモトッププレイ  キクノエクレール  コルノグランデ  シャークベイ  ゴールデンファレノ  マルブツフジ  ティノ  フジノゴトク  ピアチェーレ  キングノヨアケ  サイタスリーレッド  天皇賞  メイショウサムソン  リターンストローク  スマイリングムーン  ストレイトガール  マンボノテイオー  シャイニーリーヴァ  ユリオプスデイジー  ジャズダンサー  ラッキーマイラブ  グランマルシェ  安田記念  クレバートウショウ  ピュアダイアモンド  ブンブンブラウ  サダムパテック  マックヴァン  ワキノキセキ  バシレウスライオン  コパノカチーノ  アドマイヤリリーフ  クラシコ  リラ  京都新聞杯  ビアンカシェボン  アーベントロート  サイモンゼーレ  エリザベス女王杯  トゥルーストーリー  モレサンドニ  クロフォード  フジヤマコクリュウ  イクシア  タガノビッグバン  秋華賞  キラリダイヤモンド  プレゼピオ  トーセンギャラリー  ロンドンタウン  メイショウジビュス  タマモベストプレイ  サトノスティング  ブルーイングリーン  アドマイヤサガス  ルノートル  ジューンブラジリエ  ゲネラルプローベ  ヤマイチキセキ  パームアイランド  ゴーハンティング  テイエムグンカン  ニザエモン  ゴットマスタング  コアレスフェーブル  エールブリーズ  ロープアドープ  オリアーナ  宝塚記念  マーセラス  ミラグロッサ  開催まとめ  キタサンガンバ  ビギンマニューバー  トウケイリニア  サンライズイーグル  コスモレティクルム  グレイスティアラ  ビーナスライン  キンシノキセキ  ジュンゲル  ミッキーシャンティ  シンゼンガンプ  ローズミラクル  パシフィックブルー  ヒーロー  ブルザンインディゴ  ツインピークス  グランセブルス  チーフアセスメント  ロードシャリオ  ダイシンカレラ  ベルウッドローツェ  ジャパンカップ  アスターサンダー  ウェディングフジコ  ハイベストバイオ  皐月賞  シャンパンサーベル  フィールドベアー  ピエナアプローズ  アークマイニング  帝王賞  ランパスインベガス  オースミレジスタ  ツクバホクトオー  キタサンコンサート  ヤマイチレジェンド  サウンドレーサー  フジノゴールド  ラズベリータイム  ウインオベロン  レディーゴー  バアゼルリバー  シャイニーアース  プレスアテンション  キングレオポルド  ツーオブアス  モンサンナシーラ  ゴールドキセキ  アイムユアドリーム  アサクサレーサー  セール  スプリングアース  アドマイヤコウベ  トーホウアマポーラ  メイショウボノム  ネオキセキ  ウインユニファイド  セイウンオセアン  キタサンエピソード  ナリタシークレット  ハッピーサークル  メイショウワダイコ  プレシャスペスカ  オンガエシ  ブルーメリディアン  ドラケンスバーグ  チャームポット  キンシャサノキセキ  ナリタプレリュード  シルバーキセキ  ディオベルタ  ゴールドヘクター  ソワンドタイガー  ジャーマンアイリス  イチブン  ダノンマッキンレー  セブンサミッツ  オベリスク  ユキノカトレア  ビップピュアレディ  マサノホーク  マルカシリウス  グァンタナメラ  アスクジョーダン  マイネルヴォーダン  ビップフウマ  マスターソムリエ  タガノレイヨネ  ピッツバーグ  ショウサンミーベル  トミケンモヴェール  朝日杯FS  メイケイペガスター  クールモア  タガノサイクロン  キョウエイヒドラ  ロサギガンティア  ダノンシャンティ  マサノジェット  カフェラビリンス  エスピナアスール  メルヴェイユドール  ジョージジョージ  トシファイブスター  プリンスコウベ  アドマイヤシャイ  ミラクルボネット  ホーマンフリップ  ショウナンアンジュ  レイディルアレナ  パープルセイル  ショウナンバーキン  ボップリヴァーサル  ウインフロレゾン  キイレ  グッドラックミー  ネコエルフ  プリームス  プルメリア  ポリール  プリティアクィーン  コールサインゼロ  ウインレナータ  レアドロップ  エーシンジャッカル  カラマ  クロンドローリエ  エフティシュタルク  ニューレジェンド  ブラックルーラー  アポロノホウリン  スズハヤトウー  シャイニングタイム  タガノハウリング  プロフェッショナル  スティルゴールド  アドマイヤシェル  アカンサス  ピュアコンチェルト  ブライトライン  ピースオブパワー  クイーンキセキ  シャルロットノアル  ダイタクリーヴァ  プリュキエール  ロースミラクル  ディープインパクト  ショコラーチ  レインボーシャワー  トーセンウィーク  応援馬券  ソフトライム  チョウカイキセキ  七夕賞  タマモコントラバス  コアレスレーサー  マックスバローズ  メイショウホクシン  エーシンカオルーン  ロードクルセイダー  レッドグラサージュ  レイヌドネージュ  フライトゥザピーク  スイープトウショウ  マチノアカリ  ポップリヴァーサル  スナッチアキス  フリーダムマーチ  アルタイル  ビバグリーン  メメビーナス  クランドールゲラン  シャラントレディ  ベツレヘムスター  メガオパールカフェ  ジートップキセキ  プントバンコ  ナンヨーカノン  ブライティアスター  サーカスタウン  エイシンキンチェム  ケイアイアストン  アクロスザヘイブン  エルフショット  ツキミチャン  Sushisan  タガノシビル  ダービー  セラミックアート  バナナムーチョ  コットンパール  ジェイウォーク  ドリームパスポート  レッドカーペット  オークス  シングンガガ  テンノサクラコ  ナリタスプリング  シャイニーホーク  ダノンキセキ  ノースウィナー  アスクティターン  マウントハレアカラ  モンサンビアンカ  フォールインラブ  ナリタシルエット  ショウナンカウィー  エルズミーア  ヴィオラーネ  ブライティアパルス  サニーデイズ  デルマジュゲム  ショークール  NHKマイルC  ポイントキセキ  コスモマーベラス  イスラボニータ  タガノラヴキセキ  シンメイフジ  サンマルメジャール  凱旋門賞  キタサンアミーゴ  レレマーマ  カリスマサンキセキ  モルトカズマ  ノーブルクリスタル  スマートカルロス  ブラックブリーズ  ビューティサン  コルポディヴェント  ピュアダイヤモンド  サンドルトン  マイネルパッセ  サンデーサイレンス  菊花賞  チェスナットバロン  ブルミラコロ  タマモホットポット  ハングリージャック  シャイニングホープ  ヴィクトリアマイル  ジェネロシティー  トーセンアマポーラ  ヴェリーウェル  サグレス  セイクリッドセブン  ネオザウイナー  トーセンラピュタ  ドンデナーダ  コスモバルク  ユアマイラブ  ジャドール  ベストブルーム  ビービーボヌール  サダムリスペクト  ダーズンローズ  フロアクラフト  ヒカルカツキ  馬券  デンファレ  エースドライバー  コウザンヒキリ  ウインランブル  アラフジ  アースエンジェル  ゴールデンクラウン  ミラクルポイント  ミラクルレジェンド  サダムアリガトウ  ゼトス  ジュヴェビアン  テイエムライオネス  クールマギー  ミカノレディー  クーノキセキ  マダムヤッコ  ゴーソッキュー  ステラーケイト  リアライズリンクス  ブライティアミル  スリーキンシャサ  フミノウインダム  エーシングランダム  オフクヒメ  ストローハット  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。