最新の記事
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フジキセキ通信・7月29日号
3場開催5頭出走【1-0-0-1-3】

・小倉(3頭出走【0-0-0-1-2】)
タマモナイスプレイ_4R 2歳新馬 芝1800 54 渡辺 薫彦_____4着
プリティロマンス__6R 3歳未勝利 ダ1700 54 上村 洋行____12着
バトルサクヤビメ__8R 3歳上500万下 ダ1700 55 幸 英明____7着

・新潟(1頭出走【1-0-0-0-0】)
テイエムアクション_11R 北陸S ダ1200 55 中舘 英二______1着

・函館(1頭出走【0-0-0-0-1】)
ヒカルアルタイル__11R 檜山特別 ダ1700 56 津村 明秀_____11着


 今日は5頭と少ない出走数。しかしながらその中から見事に勝利を挙げたのは、2年ぶりとなるオープン特別での勝利だった。


 テイエムアクションが一昨年の5月に欅Sで勝利を挙げて以来、2年2ヶ月ぶりの祝杯。今年でもう6歳と古豪と呼ばれる年齢となってしまったが、オープン入りしてからは故障などに悩まされ順調に使えていないため、年齢ほど使い減りしている感じはない。まだまだこれから初重賞を目指せる1頭だ。

 今日は内々を回って直線もスムーズに追い出せる理想的展開。対して人気のトウショウギアは斤量4kg差で外目を回ってのもの。まだまだ実力的にはトウショウギアの方が上なのは間違いないのだが、この路線では現在重賞戦線でも筆頭候補の1頭を相手に勝ち切ったという結果は評価してもいい。

 ここ最近は芝のスプリント路線でも上位入着を収めているだけに、この賞金加算のおかげで今後はレース選択が楽になるはず。スプリント路線なら芝でもダートでもオープン特別なら上位候補、重賞だと……一発あって不思議ないくらいの位置付け。非常に楽しみだ。
【北陸S】(新潟)?テイエムアクションが抜け出す


 2歳世代ではタマモホットプレイの全弟タマモナイスプレイがなんと1800m戦で登場。兄が兄だけに距離は置いといても期待は膨らんだが、ここは4着までと無難な結果。調教を見ても充分動けているし勝ち上がれないなんてことはなさそうだ。POG期間中に2勝の目標なら足りるんじゃないかと。兄はデビューから2連勝してシンザン記念2着と早くから活躍したが、今年に入ってからも淀短距離S1着にシルクロードS2着とまだまだ力があるところを見せている。弟のタマモナイスプレイも息長く活躍することを期待したいところだ。
【2歳新馬】(小倉4R)?マイネルアトレがデビュー勝ち
スポンサーサイト
■ダイタクリーヴァ通信・7月29日号

・新潟
マイスイートハート_7R 3歳未勝利 芝1000 54 西田 雄一郎__3着


 距離を一気に短縮して1000m戦となったが、人気通りの3着と好走。もうワンパンチが足りない分だけ勝ち切れないが、最近は安定して上位に入ってくるようになってくれている。あともう少しなんだけどなぁ。
■フジキセキ通信・7月28日号
3場開催13頭出走【0-0-0-3-10】

・小倉(5頭出走【0-0-0-0-5】)
ロングヘラクレス__3R 障害未勝利 芝2900 60 内田 浩一____6着
サダムポラリス___8R 3歳上500万下 ダ1000 55 鮫島 良太___12着
ビッグホワイト___10R 宮崎競馬100年記念 ダ1700 57 和田 竜二_12着
セキサンフジ____11R 青島特別 芝1700 57 川田 将雅_____7着
ツルマルキセキ___12R 3歳上500万下 ダ1700 54 太宰 啓介___11着

・新潟(4頭出走【0-0-0-2-2】)
ダイワデューク___6R 2歳新馬 芝1200 54 田中 勝春_____4着
オンワードサマンサ_9R 村上特別 芝1600 55 嘉藤 貴行_____15着
ムーンシャイン___11R 新潟日報賞 芝1600 55 北村 宏司____16着
アドマイヤフッキー_12R 3歳上500万下 芝1200 55 村田 一誠___4着

・函館(4頭出走【0-0-0-1-3】)
ウインエトワール__6R 3歳未勝利 芝2000 54 武 幸四郎____16着
ハニーフラッグ___6R 3歳未勝利 芝2000 54 須貝 尚介____13着
ピエナビーナス___9R かもめ島特別 芝1800 52 古川 吉洋___4着
ハッピームード___12R 3歳上500万下 芝1200 55 須貝 尚介___9着


 今日は比較的静かな一日に。上位人気に推された馬が軒並みいまひとつの走りで、馬券に絡んだ馬はゼロ。


 デビュー戦で1番人気の推されたダイワデュークは4着まで。直線向いたところで楽な手応えで先頭に並びかけたまでは良かったが、追われてからはまったくのびず逆にレースをやめるような仕草。軽く外にヨレ気味だったりもあったように、馬がまだまだ子供なのかも。レースに力を注ぐことをまずは教え込んでいかないと。距離はこれから延ばすとの事だが、血統的にはカネヒキリが思い浮かぶような血統だけにダート戦線での覇を競ってもらうのでもいいかなぁと思っていたり。


 連勝中のピエナビーナスは前に押し切られる形で4着。今日は連勝している函館ながら距離を600m延長しての一戦だっただけに注目されたが、このクラスでも充分やりあえる手応えを感じさせるレース振り。そもそも今日はちょっとメンバーが揃った感があり。1000万下特別と言うより、牝馬限定ローカルG3のちょいメンバー薄いかなぁってくらいの面白い素材が揃っていた。その中で昇級戦を堂々と4着なら文句なしだ。あとは函館以外でどこまで走れるのかが問われるところだが、この条件までなら函館にこだわらずとも、と思わせるくらいの成長を見せてくれている。今後が非常に楽しみな一頭だ。


 復帰戦のセキサンフジは降級戦ということもあり1番人気に推されたが休み明けが影響したか7着。一度叩いて次で勝負というところか。ただ馬体重が大きく減っているのだけ気になるところ。増えてるのなら次で絞れればいいだけだが、減っているものを増やすのに調教を緩める必要があるようだと……。
■ダイタクリーヴァ通信・7月28日号

・小倉
トラベルノート___2R 3歳未勝利 芝2600 56 芹沢 純一_____7着

・新潟
ベニバナ______4R 3歳未勝利 ダ1800 56 西田 雄一郎____9着


 2頭出走もどうということもなく。1着との着差が1秒以内に入ってこないことには厳しいんだけども。
 アドマイヤムーンについて10分以内に書ききれる程度で。


 40億は大金だと思う。その大金をこの馬を買うために払うってんだから、この馬はとても価値があるんだと思う。終わり。


 これが偽らざる本心。これ以上もこれ以下もない話だと思うんだが、この話題は盛り上がってるらしい。

 アレだ、ダーレージャパンの中央の馬主資格云々ってのとタイミングがかぶってるからどうのこうのとか、そういった政治的な決着が裏にあるとかないとかそういうことで生理的に受け付けないって人もいるんだろうけど、そんなもん現代においてはどんな分野でも当たり前にある話で。

 サッカーでもセリエAだとか、野球ならメジャーだとか。日本人を獲得する理由に商売面の理由が大きかったりするわけで。それは公言されていて、それでいて非難されることはなかったりするわけで。政治的な理由で日本人選手を獲得しておきながらベンチにも入ったりは入らなかったりで試合に出ることはほとんどないってサッカー選手いたりするじゃない。人間がいてビジネスである以上は政治的なお話から逃れられないわけだ。


 ビジネスビジネスって話が嫌だ、競馬はもっとロマンだスポーツだって意見も分かるが。金が動かなかったら成立しない世界においてビジネスであることを嫌だと言われても困る。そこでビジネス化が嫌だと言う意見は、大量に処分される名も無き馬たちの上に成り立つ競馬ってアレだよね動物虐待だよね馬がかわいそうだよねって言ってるやつらと同種に見える。

 そりゃもうしゃあない話じゃないですか。それを言うんだったらもうどうしようもないですよってお話。動物愛護団体のベジタリアンの如く、競馬から離れるしかないんじゃないですか。


 それよりはそろそろビジネスとしてちゃんと競馬を見つめる時期が来たって証拠じゃないかな、と。こないだのキャッシュコールマイルでの斤量問題然り、今回のトレードだって日本競馬が日本人が思っている以上に世界に認められているってのが現象として表れただけ。その事象が今回のアドマイヤムーンのトレード話。それ以上でもそれ以下でもない。

 こっから日本競馬が沈没するのか浮上するのかってのは、今回のトレードが問題になるんじゃないわけで。今回のトレードで日本競馬が認められているってことが現象として表れたってのを踏まえた上で、今後どのように日本競馬が振る舞うことができるかどうかが問題になるわけだ。


 あくまでもこのトレードは日本競馬を取り巻く世界が変化していることが現れただけの現象であり、今後も腐るほど起こりうる事象のひとつでしかない。これがきっかけで人の意識が変わり世界が変わって見えるようになることはあっても、今回の事象のせいで何かに影響を及ぼすなんてことはありえない。

 そんなことがあると思ってるようなヤツは愚鈍で考えの足らない人種だと私は思う。世間はそうやって動いてない、というか、世間を動かしているヤツらはそんなに馬鹿じゃない。激流の中に身を投じる人たちの覚悟と、その覚悟を持った人の脳漿はもっと高尚で泥臭い。


 そんな感じかなぁ。ま、トレードで地元にいなくなるだのなんだのってのは分かるけど、地方馬が中央に移籍したりその逆があったりってのは今までも常識的に行われていたわけで。それ以外にもオグリキャップの馬主が替わりまくったりとか、古くはどうしてもダービー欲しいっつってダイコーターがダービー前に馬主替わったとかって話も昔からあるわけで。

 少なくとも日本国内では主戦場を変えて競馬を続けるってのは当たり前に起きていたわけだし、ビジネス理由で馬主が替わったりもあったわけだし、もっと純粋に馬主としての名誉だとかってのを求めて金で名馬を手に入れるってのもあったわけだし。

 レース選択でも海外レースを使うことが挑戦ではなく純粋なレース選択の一環になってたり、種牡馬でも海外に輸出されたりシャトルで南半球へ渡ったり、セレクトセールに外国から買いに来たり。

 20年前と違って競馬の中でも色々なことが世界規模で動いているわけで、日本もその中にすでにあるわけで。パート1国入り云々じゃなくってすでに世界の中に飛び込んでるのが日本競馬なんだから。じゃあ馬主トレードとか主戦場の変更だとかが世界規模に変更があっても今更どうこう言う問題じゃないっしょ。

 そう、今更感だね。今更何を言ってるんだって感じ。


 ちょろちょろっと見て回ったら水上とか言うライターだか血統論者だかが発端だったっぽいのかね。うん、この人が言ってることはホント今更感に溢れてるよね。

 競馬に何を求めるのも自由だけど、自分が感情的に納得できないからってそれをいかにも筋道立てて自分の感情こそが正しいと主張するのはみっともない。どうしても感情的に許せないなら、「なんや分からんが俺は嫌やわ」って言ってる方がずっといい。
■フジキセキ通信・7月22日号
3場開催10頭出走【1-1-0-0-8】

・小倉(3頭出走【0-0-0-0-3】)
ライスフラワー___5R 3歳未勝利 芝1800 54 飯田 祐史____6着
ウォーターギブン__6R 3歳未勝利 ダ1700 56 高橋 亮_____12着
スリーキセキ____9R 天草特別 ダ1700 55 生野 賢一_____6着

・新潟(5頭出走【0-1-0-0-4】)
デュヌラルテ____4R 3歳未勝利 芝1200 54 柴田 善臣____2着
タイフーンクラス__5R 3歳未勝利 芝1800 56 吉田 稔_____16着
ヒシインパラ____5R 3歳未勝利 芝1800 51 的場 勇人____7着
ジュールヴィアン__6R 2歳新馬 芝1400 54 蛯名 正義_____10着
ランプランサス___7R 3歳上500万下 ダ1200 55 岩部 純二___10着

・函館(2頭出走【1-0-0-0-1】)
レディービスティー_4R 2歳新馬 芝1800 54 松田 大作_____1着
ハッピームード___8R 3歳上500万下 芝1200 55 須貝 尚介___12着


 今日も10頭出走。1着は1頭で2着が1頭。


 2歳馬2頭目の登場となったレディービスティーが超話題馬スパークキャンドルを退けてデビュー勝利。また新潟でもジュールヴィアンがデビューも、こちらは10着と大きく負けてしまった。

 POGでも人気を集めた超良血スパークキャンドルが圧倒的人気を集めたが、牝馬レディービスティーが見事差し切って勝ってくれた。2歳新馬戦ということもあり緩いペースは当たり前だが、好位で追走した人気馬を直線では外から交わしてそのまま押し切る素質を感じる勝ち方だった。エフティマイアと違いまだまだ完成度は高くないタイプとのことで、初戦に1800mという距離を選んだことからものんびりとクラシックを見据えて使われていくんじゃないかな、と。アドマイヤキッスみたいなのはやりすぎとしても、2歳G1に使わない選択肢なんじゃないかと。
【2歳新馬】(函館4R)?レディービスティー快勝、スパークキャンドルは2着


 母父トニービン組のデュヌラルテがデビュー戦から一変してクビ差2着。ダートから芝に変わった影響か、1回使って変わったのか、これで完全にメドが立ったか。1200mの距離で自分より前の馬に押し切られる形なら順番待ちだろう。
■ダイタクリーヴァ通信・7月22日号

リラ___新潟 4R 3歳未勝利 芝1200 54 穂苅 寿彦____18着

 まさかこの馬がまだ未勝利でもがくなんて。昨年夏に2戦目で2着したときには考えもしなかった。前走で4着できてるんだからもうどうしようもないということはないと思うんだが。

 過去に掲示板に載ったのはすべて福島で。対して新潟は成績が残せていない。左回りが苦手説、密かに坂・小回りが得意説(中山は中央開催故に除外)、いろいろ考えられるが、秋の福島開催って未勝利戦なくなったんだっけか残ってるんだっけか。どちらにしても条件選ぶ余裕はないよなぁ。
■フジキセキ通信・7月20日号
3場開催10頭出走【3-1-1-0-5】

・小倉(3頭出走【0-0-0-0-3】)
キシュウアゲイン__1R 3歳未勝利 ダ1700 54 幸 英明_____6着
ラファル______1R 3歳未勝利 ダ1700 54 和田 竜二____10着
マチカネアポロン__3R 3歳未勝利 芝2000 56 川島 信二____13着

・新潟(2頭出走【1-0-1-0-0】)
エフティマイア___8R マリーゴールド賞 芝1400 54 蛯名 正義__1着
メジロラルゴ____9R 3歳上500万下 ダ1800 55 武士沢 友治__3着

・函館(5頭出走【2-1-0-0-2】)
バトルルビー____2R 3歳未勝利 ダ1700 54 藤田 伸二____8着
サクラメフィウス__3R 3歳未勝利 ダ1000 54 藤田 伸二____9着
パスタイム_____3R 3歳未勝利 ダ1000 54 横山 典弘____1着
クロカンブッシュ__7R 3歳上500万下 ダ1700 50 北村 友一___1着
フィールドベアー__9R 漁火S 芝1800 57 秋山 真一郎_____2着


 今日は10頭出走して半分の5頭が馬券対象になる絶好調日。前開催で爆発した週末以来、ここ最近は結果が出ていなかっただけに久々の祭りは嬉しかった。私自身は寝坊して2頭ほど取れるはずだった単複を逃してしまったりしたが。


 2歳馬エフティマイアが中団から余裕を持って抜け出す強い勝ち方でデビュー2連勝を飾った。今年は今日時点ではまだエフティマイア以外はデビューしていないので、この時点では2歳戦勝率10割。

 エイシンパンサーの取り消しで1番人気に推された形になったが、デビュー戦の圧勝劇が偽りではなかったと証明してくれた。時計はさほど速くないが最後は手綱を抑える余裕もあり、現時点でのこのメンバーでは抜けた実力があることを証明できた。ただ、将来性を云々するにはあまりにも時期が早すぎるだけに、まずは目指せアルーリングボイスということで。暮れの阪神に向かって新潟2歳Sをなんとか勝ってほしい。
【マリーゴールド賞】(新潟)?エフティマイアが2連勝を飾る


 函館参戦から一気に見違えるようなレースをしているクロカンブッシュが、牝馬限定戦とはいえ古馬相手の500万下をあっさり卒業。期待はしていたもののホントに勝っちゃうんだから驚かされた。離れた後方から一気の末脚はもう完全にこの馬のパターンになったようで。こういうレースをするタイプは気性面にしろ肉体面にしろ、成長して大人のそれになればまたもう一段階上のレースができるようになる。函館巧者という可能性が強いこともあわせて考えると、おそらくは来年のこの時期にまたポンポンと勝ってくれるんじゃないかと。時間をかけて出世していってほしい1頭だ。


 4戦目を迎えたパスタイムも勝ち上がり。一気に距離短縮で結果が出せた。まだまだ4戦目ということで今後もじっくり成長してくれればあとひとつふたつは楽しめるんじゃないかな、と。そういやこの馬に新馬戦で勝ったグレースエポナはどうしたんだろ。やはり競走馬は順調に使えてこそだなと思ったり。


 巴賞での敗戦ショックか函館記念ではなく漁火Sへ回ったフィールドベアーだったが、今日は出遅れることもなくうまくレースができた。ただこっちにサイレントプライドが回ってくるのはちょっと卑怯というかついてないというか。ここ2戦を重賞2着3着している馬を相手にするのは運がないなぁと。

 一番外枠からこの馬にしてはまずまずのスタート。コーナーなりに位置取りを下げる形になって後方2,3番手。そこから早め仕掛けで外々を回していってアグネスアークをしっかり差し切ったんだから、やはり準オープンで走る馬じゃない実力の持ち主だ。ただ今回は重賞勝ち負けクラスが内枠から内々でレースを進めて直線も内をついてのロスのない競馬。それ相手に0.2秒差なんだから負けたのは仕方ないとしか言いようがない。

 これで22戦4勝・2着8回・3着4回。掲示板外したのは2回のみと相変わらずの安定感だ。総賞金も1億円突破でフジキセキ産駒の代表馬の1頭に加わる資格はある。だが、出遅れ癖が原因でもあるが勝ち切れないタイプと言われれば返す言葉もない状況。勝ち馬のような器用さがあれば今すぐにでも重賞戦線でも主役を張れるんだろうけども……。ま、まずは確実に準オープンを勝ってから、か。
【漁火S】(函館)?サイレントプライドが断然人気に応える


■そういえば
 なんか牝馬ばっか勝ってね? 夏は牝馬と言うけれど。フジキセキはフィリーサイアーと言うけれど。ま、フィールドベアーも準オープンのレースだと考えれば勝ってたようなもんだったんだし、たまたまだろうけどね。なんとなーく気になっただけ。
カテゴリー
CssTagCloud

タガノシビル  サイタスリーレッド  ビップフウマ  ミカノレディー  クラスまとめ  シャンパンサーベル  ハイベストバイオ  ネコエルフ  イスラボニータ  ショウナンバーキン  クールマギー  トゥルーストーリー  ノリノリハッピー  コスモバルク  ランパスインベガス  アドマイヤヤング  コアレスフェーブル  マダムヤッコ  メリーチャン  クランドールゲラン  オルティラアスール  クレバートウショウ  ベルモントホウオウ  ダンスインザムード  タマモナイスプレイ  カネヒキリ  七夕賞  リラ  ネオザウイナー  ブラックブリーズ  チェスナットバロン  シャークベイ  凱旋門賞  フジヤマコクリュウ  アカンサス  エーシンデューク  ダンツカナリー  ロサギガンティア  タピエス  エイシンキンチェム  ウインレナータ  アドマイヤシャイ  サーカスタウン  チョウカイキセキ  シャラントレディ  アドマイヤリリーフ  コルポディヴェント  ステラーケイト  メメビーナス  キンシノキセキ  アルタイル  バアゼルリバー  スティルゴールド  ローザルージュ  シングンガガ  カリスマサンキセキ  ミリオンウェーブ  スマートオーディン  コスモアルヘナ  ノースウィナー  スパイスシャワー  スリラーインマニラ  エルズミーア  スケールアップ  シュネークリスタル  メガオパールカフェ  ダノンシャンティ  ウェディングフジコ  ピックアンドポップ  ブライティアミル  ワンダーブラザウン  開催まとめ  ベストブルーム  ローズミラクル  アスターサンダー  コールサインゼロ  レイディルアレナ  サダムリスペクト  ゴットマスタング  ミッキーマーチ  アクロスザヘイブン  ユアマイラブ  ロードクルセイダー  アルマオンディーナ  セイウンオセアン  ロンドンタウン  ゴールドヘクター  キラリダイヤモンド  ツキミチャン  モンサンナシーラ  ケイアイアストン  Sushisan  サンデーサイレンス  キスザスターズ  グレイスティアラ  モレサンドニ  ドリームパスポート  キタサンガンバ  アズマリュウセイ  プリンスコウベ  ピュアダイアモンド  ブライティアスター  デルマジュゲム  トーセンアマポーラ  アスクジョーダン  ウインオベロン  マサノホーク  セラミックアート  ショウナンアンジュ  NHKマイルC  レーティングまとめ  マーセラス  ジェイウォーク  マザックヤース  ドンデナーダ  ダノンキセキ  バナナムーチョ  ハーツクライ  ゴールデンファレノ  デンファレ  グランセブルス  チーフアセスメント  プロフェッショナル  タカオキセキ  ブラスリング  エスピナアスール  ショウナンバッカス  トップライセンス  フィールドベアー  エーシングランダム  ピュアコンチェルト  ピュアダイヤモンド  キタサンコンサート  ポイントキセキ  ミラクルポイント  フェブラリーS  オリアーナ  ゼトス  レッドサイファー  コアレスレーサー  クールモア  ヴェリーウェル  ソワンドタイガー  コウザンヒキリ  サグレス  キングノヨアケ  朝日杯FS  ピンクベリーニ  グッドラックミー  イクシア  ブルーイングリーン  アドマイヤシェル  スマートカルロス  エースドライバー  マルカシリウス  プレゼピオ  クッカーニャ  クーノキセキ  ショウサンミーベル  アークマイニング  ディープインパクト  キタサンアミーゴ  スティンライクビー  ディライトフル  ピースオブパワー  コアレスリーヴァ  タマモトッププレイ  サンドルトン  レッドグラサージュ  スナッチアキス  オークス  ダーズンローズ  アラフジ  メイプルレインボー  カラフルデイズ  トーホウアマポーラ  コスモマーベラス  ウインアズライト  エイシンシテンノー  コスモレティクルム  ゴールデンクラウン  レイヌドネージュ  ルノートル  シャイニーリーヴァ  ツーオブアス  ノースノース  オンガエシ  ダイオプサイド  ツクバホクトオー  ヒカルアカツキ  ファントムロード  スマイリングムーン  タガノサイクロン  メイショウワッフル  リアン  テイエムライオネス  パシフィックブルー  サフィロス  ナリタシルエット  コットンパール  ビバグリーン  ジューンブラジリエ  マウントビスティー  シンメイフジ  マスターソムリエ  ハッピーサークル  オトコノヒマツリ  アイムユアドリーム  シュシュブリーズ  マサノジェット  シャイニングタイム  ポリール  エイシンオルドス  マイネルヴォーダン  クインズサン  シャイニーアース  サンフレイム  スプリングアース  アドマイヤモラール  フロアクラフト  ホーマンフリップ  ヒーロー  ナリタスプリング  イチブン  マダムジルウェット  トーセンラピュタ  スイープトウショウ  ミエノキセキ  アポロノホウリン  トウケイリニア  マルカベンチャー  ブルミラコロ  クイーンキセキ  マックスバローズ  ジョージジョージ  関東オークス  メイショウボノム  サダムアリガトウ  セブンサミッツ  ミツバ  秋華賞  モンサンビアンカ  プントバンコ  フジキセキ  宝塚記念  トシファイブスター  菊花賞  ウインユニファイド  オフクヒメ  マチノアカリ  トーセンギャラリー  スズハヤトウー  グランマルシェ  アーベントロート  ポッドシルビア  マイルCS  エールブリーズ  クロフォード  デストリーライズ  グァンタナメラ  プリュキエール  ビーナスライン  メイショウホクシン  クラシコ  ジャズダンサー  天皇賞  タマモホットプレイ  ビッグホワイト  サトノスティング  トミケンモヴェール  サイモンゼーレ  エーシンジャッカル  ジャーマンアイリス  キョウエイヒドラ  マンボノテイオー  フライトゥザピーク  ポップリヴァーサル  レレマーマ  コイウタ  皐月賞  ゲネラルプローベ  ウインブルーローズ  応援馬券  レアドロップ  ブラックルーラー  ワキノキセキ  マックヴァン  ビップピュアレディ  シャルロットノアル  フリーダムマーチ  ミラクルボネット  ベツレヘムスター  ルールプロスパー  ブライトライン  アースエンジェル  プレシャスペスカ  テイエムグンカン  ジャパンカップ  タマモベストプレイ  マイネルパッセ  オースミレジスタ  アースワンキセキ  タガノハウリング  メルヴェイユドール  ショークール  シンゼンガンプ  ウインランブル  ユキノカトレア  クレバーカイザー  ベルウッドローツェ  キョウエイプライド  ヤマイチレジェンド  帝王賞  ティノ  ビアンカシェボン  ブルーメリディアン  タマモホットポット  ゴールドキセキ  モルトカズマ  ニザエモン  コパノカチーノ  ショコラーチ  スリーキンシャサ  タガノレイヨネ  ミラクルレジェンド  ダイシンカレラ  レディーゴー  プレシャスレディー  ミルキープッチ  ビービーボヌール  アサクサレーサー  タガノラヴキセキ  エルフショット  レッドカーペット  シュウジ  クロンドローリエ  ナンヨーカノン  キンシャサノキセキ  ミッキーシャンティ  Fuji_Fantasy  シルバーキセキ  ノーブルクリスタル  キクノエクレール  フジノゴールド  タガノビッグバン  ラプレシオーサ  タマモコントラバス  馬券  桜花賞  フレンチイデアル  メイショウサムソン  オベリスク  シャイニングホープ  プリティアクィーン  ディオベルタ  ジートップキセキ  メイショウジビュス  トルバドゥール  ナリタシークレット  ジェネロシティー  エーシンカオルーン  セルリアンコスモ  パームアイランド  カフェラビリンス  ビギンマニューバー  リアライズリンクス  ジャドール  バシレウスライオン  タムロスカイ  ヒットジャポット  キイレ  アドマイヤコウベ  フジノゴトク  ラッキーマイラブ  ゴーハンティング  カラマ  ジュヴェビアン  ビューティサン  ストローハット  ピエナアプローズ  ダイナミックウオー  アドマイヤサガス  キタサンエピソード  セール  サラマンカ  ハングリージャック  ソフトライム  ラズベリータイム  サンマルメジャール  パープルセイル  ニューレジェンド  オレンジスムージー  トーセンウィーク  松国ローテ  オブテネール  ミラグロッサ  安田記念  ヒカルカツキ  ショウナンカウィー  マルシアーノ  ゴーソッキュー  フミノウインダム  ピアチェーレ  ロードシャリオ  ストレイトガール  ブンブンブラウ  ボップリヴァーサル  ジュンゲル  レインボーシャワー  ブライティアパルス  ソーディヴァイン  ブルザンインディゴ  ウインフロレゾン  ダービー  ユースティティア  ヴィクトリアマイル  ドラケンスバーグ  ダイタクリーヴァ  リターンストローク  サンライズイーグル  ヴィオラーネ  ヤマイチキセキ  ジーガールージュ  ネオキセキ  プルメリア  エリザベス女王杯  メイショウワダイコ  チャームポット  ピッツバーグ  アスクティターン  キングレオポルド  ロープアドープ  アチーヴ  メイケイペガスター  シャイニーホーク  ユリオプスデイジー  マレボプール  サウンドレーサー  マルブツフジ  オメガブルーハワイ  マウントハレアカラ  ソーミラキュラス  プリームス  コルノグランデ  プレスアテンション  サダムパテック  ツインピークス  ナリタプレリュード  サニーデイズ  マーブルフレンテ  エフティシュタルク  ダノンマッキンレー  ロースミラクル  アキトフォルテ  フォールインラブ  アドマイヤダリヤ  京都新聞杯  ジュエルクイーン  テンノサクラコ  セイクリッドセブン  タイキソレイユ  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。