最新の記事
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジキセキ産駒現役馬(11月26日現在)
 オープン:17頭(G1馬2頭・重賞馬6頭・OP勝馬11頭)
 1600万下:11頭
 1000万下:42頭

 2歳(11月26現在)
 オープン:3頭(重賞馬1頭・OP勝馬1頭)
 500万下:7頭


■7歳世代(2000年生)

オープン:1頭(重賞馬1頭・OP勝馬1頭)
 フジサイレンス G3勝利


1000万下:2頭
 ハギノメトロポリス
 ダイヤモンドスター



■6歳世代(2001年生)

オープン:3頭(重賞馬1頭・OP勝馬3頭)
 タマモホットプレイ G2勝利 G3勝利 G1・5着
 マルカキセキ OP勝利 G1・4着
 テイエムアクション OP勝利 G3・3着


1600万下:3頭
 ムーンシャイン
 メイショウオキナ
 プリンスコウベ


1000万下:7頭
 ケージーフジキセキ
 ビッグファルコン
 ヴンダー
 ドリームキセキ
 ヒカルアルタイル
 シャドウハーツ
 レオフォーレンス



■5歳世代(2002年生)

オープン:7頭(G1馬1頭・重賞馬2頭・OP勝馬3頭)
 カネヒキリ G1勝利(4勝) G3勝利
 コスモマーベラス OP勝利 G3・2着 G1・4着
 ユメノシルシ G3勝利 OP勝利
 ナリタプレリュード G3・2着 OP3着
 ナリタシークレット G3出走
 ウイングシチー OP4着
 ダンディズム OP5着


1600万下:3頭
 ビッグホワイト
 シールビーバック
 ハイパーレスポンス


1000万下:9頭
 チョウカイキセキ
 キラリダイヤモンド
 ワイルドソニック
 ケイアイスカイ
 ナスケンウインド
 トーアセンヒメ
 マコトジョワイユー
 ビリーヴザミラクル
 メイショウホクシン



■4歳世代(2003年生)

オープン:5頭(G1馬1頭・重賞馬2頭・OP勝馬3頭)
 ドリームパスポート G2勝利 G3勝利 G1・2着(3回)
 コイウタ G1勝利 G3勝利
 キンシャサノキセキ OP勝利 G1・3着 G3・3着
 フィールドベアー OP出走
 ファイングレイン G1・2着 G2・2着


1600万下:4頭
 タガノサイクロン
 ナリタジューン
 ハネダテンシ
 ラズベリータイム


1000万下:7頭
 タガノエクリプス
 アクロスザヘイブン
 クレヨンルージュ
 アドマイヤミラクル
 ジェイウォーク
 アドマイヤフッキー
 スリーキセキ



■3歳世代(2004年生)

オープン:1頭(OP勝馬1頭)
 ゴールデンダリア OP勝利 G2・2着 G1・6着


1600万下:1頭
 ケアレスウィスパー


1000万下:17頭
 ジャドール
 シンデレラマン
 エイジアンウインズ
 エイシンイチリン
 ピエナビーナス
 グレースエポナ
 アメジストリング
 ファルカタリア
 ステラパラダイス
 アルティマトゥーレ
 ツルマルキセキ
 ミラクルハニー
 メガリス
 アドマイヤマジン
 アポロアパッチ
 クロカンブッシュ
 ニードルポイント


500万下:21頭
 エイワンキセキ
 ダイワチャーム
 シャルロットノアル
 ミカノレディー
 ルアシェイア
 アリマエンプレス
 トーセンアイリス
 ホットストック
 ニシノフジヤマ
 トーセンラピュタ
 トゥインクルタイム
 パスタイム
 アドマイヤハート
 サバスデイ
 ワーキングウーマン
 ミラクルボネット
 ダイワジェラート
 アドマイヤタヒチ
 シルヴァーピーク
 オレンジスムージー
 ハニーフラッグ



■2歳世代(2005年生)

オープン:3頭(重賞勝馬1頭・OP勝馬1頭)
 エフティマイア G3勝利 OP勝利
 サブジェクト G3・2着 OP・4着
 ミリオンウェーブ G3・2着


500万下:7頭
 ドゥービリーヴイン
 レディービスティー
 ビギンマニューバー
 ブライダルフェア
 マルブツキング
 リーヴタイム
 ショウサンマグナ









スポンサーサイト
 数字はまずまずの第5回東京・京都開催。連勝で準オープンに駆け上がる馬が2頭、2歳戦勝ち上がりが3頭などに加えて、久々の特別勝利も達成。1000万下特別、準オープン特別、オープン特別と3週連続勝利。期待の大きいフィールドベアーキンシャサノキセキも賞金加算。中身も伴った充実の開催だった。

 が、そろそろ重賞が。



第5回京都開催

 40頭出走【5-5-7-3-20】
 勝率:0.125
 連対率:0.250
 複勝率:0.425


11月*3日4頭出走【0-1-2-0-1】
11月*4日3頭出走【0-0-0-2-1】
11月10日4頭出走【1-0-0-0-3】
ビギンマニューバー_3R 2歳未勝利 芝1800 55 四位 洋文____1着
11月11日8頭出走【2-0-2-0-4】
マルブツキング___4R 2歳新馬 芝1400 55 C.ルメール____1着
ナリタジューン___12R 山科特別 ダ1400 55 安藤 勝己____1着
11月17日4頭出走【0-2-0-0-2】
11月18日6頭出走【1-1-1-1-2】
フィールドベアー__10R 古都S 芝2200 57 秋山 真一郎_____1着
11月23日2頭出走【1-0-0-0-1】
メガリス______7R 3歳上500万下 ダ1200 53 藤岡 康太__1着
11月24日5頭出走【0-0-1-0-4】
11月25日4頭出走【0-1-1-0-2】



第5回東京開催

 35頭出走【3-3-0-6-23】
 勝率:0.086
 連対率:0.171
 複勝率:0.171


11月*3日5頭出走【0-0-0-2-3】
11月*4日3頭出走【0-1-0-0-2】
11月10日5頭出走【0-0-0-0-5】
11月11日5頭出走【1-0-0-2-2】
ラズベリータイム__12R 3歳上1000万下 芝2000 55 蛯名 正義__1着
11月17日3頭出走【0-0-0-0-3】
11月18日4頭出走【1-1-0-2-0】
ブライダルフェア__5R 2歳新馬 芝1400 54 佐藤 哲三_____1着
11月23日4頭出走【1-0-0-0-3】
キンシャサノキセキ_11R キャピタルS 芝1600 56 藤田 伸二___1着
11月24日4頭出走【0-1-0-0-3】
11月25日2頭出走【0-0-0-0-2】
■フジキセキ通信・11月25日号
3場開催8頭出走【0-1-2-0-5】

・京都(4頭出走【0-1-1-0-2】)
ワーキングウーマン_8R 3歳上500万下 ダ1400 54 長谷川 浩大_2着
エイシンイチリン__10R 雲ヶ畑特別 芝1200 54 長谷川 浩大__12着
スパニッシュソウル_12R 3歳上500万下 芝1600 55 橋本 美純__5着
フミノウインダム__12R 3歳上500万下 芝1600 57 池添 謙一__3着

・東京(2頭出走【0-0-0-0-2】)
ドリームパスポート_10R ジャパンカップ 芝2400 57 安藤 勝己___14着
シンデレラマン___11R アプローズ賞 芝1600 56 武 幸四郎___8着

・中京(2頭出走【0-0-1-0-1】)
アイバンホー____3R 3歳上500万下 ダ1000 55 田中 博康___5着
ベレッツァ_____6R 3歳上500万下 芝1200 52 浜中 俊____3着


 パドックを周回するドリームパスポートを見ただけで目頭が熱くなってしまって。本当によく戻ってきてくれた。それもこんなに早くに。そして無事に回ってきてくれた。これ以上何を望むことがあるだろう。いや、あるけどさ。

 レースの内容は何か言えるレベルではなかった。厳しい言い方をすれば、ここに出てきていいような馬じゃなかった。ハッキリ言って話にならない。鞍上がずっと引っ張ったままってのも酷ければ、それで少しずつ位置取りが下がって勝負どころではすでに圏外になってたのも酷い。それでも、かつての脚があればと思ったが、やっぱり重度の骨折での長期休養明けという現実は重かった。上がり3Fを見ても、たとえ位置取りよく進めたとしても勝ち負けに加わることは難しかったんじゃないかと思う。

 今日のドリームパスポートは弱かった。

 だが、これがドリームパスポートじゃない。これが本当の姿じゃない。実力を出し切った姿じゃない。今後は実力が出し切れるかどうかが大きな課題になるが、実力を出し切れればこんなレースなんてしないはず。そう信じている。

 有馬記念まで1ヶ月。立て直し優先で回避という選択肢も考慮に入れつつ、じっくりと調整していってほしい。鞍上は安藤勝ダイワスカーレットに騎乗するとかって噂なんで、またしても乗り替わりとなるだろう。アドマイヤムーンが引退とのことで岩田デルタブルースか?)、一回限りの代打ということでルメールorペリエ(代打じゃなくてずっと乗ってほしい)といった辺りが有力候補かと思われる。まずは掲示板目指して。かつての輝きを取り戻すところから。
【ジャパンカップ】(東京)?ケイティーズ一族のアドマイヤムーンが叩き合いを制す
■フジキセキ通信・11月24日号
3場開催11頭出走【0-1-1-0-9】

・京都(5頭出走【0-0-1-0-4】)
タイセイビエント__5R 2歳新馬 ダ1200 54 和田 竜二_____5着
キセキメロディー__6R 2歳新馬 芝1400 54 M.デムーロ____5着
リーヴタイム____9R 白菊賞 芝1200 54 和田 竜二_____7着
マコトジョワイユー_10R 御室特別 芝1800 55 田中 克典____3着
ケアレスウィスパー_11R 貴船S ダ1200 54 高野 容輔_____11着

・東京(4頭出走【0-1-0-0-3】)
アサクサダンディ__5R 2歳新馬 芝1600 55 藤田 伸二_____2着
エイワンキセキ___6R 3歳上500万下 ダ1300 54 横山 典弘__8着
ビリーヴザミラクル_10R オリエンタル賞 芝2000 53 小林 淳一__12着
アクロスザヘイブン_12R セレブレイション賞 芝1400 55 松岡 正海_8着

・中京(2頭出走【0-0-0-0-2】)
ペイルローズ____6R 3歳上599万下 ダ1000 52 丸田 恭介__8着
ナスケンウインド__11R 大須特別 ダ1700 57 増沢 由貴子____12着


 中京開催が始まって3場開催。11頭出走。


 2歳馬が3頭デビュー。アサクサダンディは惜しくも2着。良血らしい高い素質を持ってそう。タイセイビエントキセキメロディーもそれぞれ5着と初戦としてはまずまずの結果を残してくれた。
【2歳新馬】(東京4?5R)


 マコトジョワイユーが人気薄に反発して3着と結果を出した。札幌開催からかなり使い詰めできているが、京都に戻ってきていきなり好走はちょっと予想外。アクロスザヘイブンは直線で前が壁になりまくりでまったく追えず。前が開いてからの脚を見る限り、充分に争覇圏内だっただけにこれは残念。
■ダイタクリーヴァ通信・11月24日号

・東京
ジョウショーネヴァ_5R 2歳新馬 芝1600 55 幸 英明____12着

 少しずつダイタクリーヴァ2世代目も姿を現してきた。ジョウショーネヴァは最低人気だったが、3頭負かしただけでまずはよしとしておこう。


■フジキセキ通信・11月23日号
2場開催6頭出走【2-0-0-0-4】

・京都(2頭出走【1-0-0-0-1】)
メガリス______7R 3歳上500万下 ダ1200 53 藤岡 康太__1着
タマモホットプレイ_11R 京阪杯 芝1200 57 渡辺 薫彦_____7着

・東京(4頭出走【1-0-0-0-3】)
フラッシュバット__5R 2歳新馬 ダ1400 54 村田 一誠_____15着
アポロアパッチ___10R 深秋特別 ダ1300 56 石橋 脩____13着
キンシャサノキセキ_11R キャピタルS 芝1600 56 藤田 伸二___1着
フジサイレンス___11R キャピタルS 芝1600 56 吉田 隼人___15着


 3日連続開催の初日は6頭出走と淋しかったが、2頭が勝利するまずまずの結果。


 キンシャサノキセキがやっと強いところを見せてくれた。スプリンターズS?マイルCSは賞金が足らず、向かった京阪杯をも賞金不足で除外されてのキャピタルS。グレード別定のせいで下手なG3より豪華なんじゃないかってくらいのメンツを相手。ジュニアC以来勝ち星のないマイルの距離に東京競馬場大外。これだけ厳しい材料が揃っていたが、スタート直後から引っ掛かって相変わらず折り合いに難があるところを見せながら4番手追走、直線早めに抜け出してそのまま押し切る強いレースぶり。ファンとしては溜飲が下がる思いだった。

 エアシェイディ・マイネルスケルツィ・シンボリグランといったG3の番人を封じ込めて勝ち切ったのだから、引っ掛かるのだけなんとかなればG1でも勝ち負けの能力は充分にある。久々に胸を張ってこの言葉を言える。やっぱりこの馬は強い。

 なんだかんだで安田記念と同じ舞台の府中マイルを好タイムで勝ったのは今後の展望を考えても大きい。できれば重賞でもう一度賞金加算しておきたいので、次走候補の阪神C京都金杯連対確保が当面の目標。それさえできれば高松宮記念にしても安田記念にしても問題なく出走できるだろう。個人的な夢としては秋の天皇賞で走る姿も見てみたいのだが。速めのラップを馬が求めて、それで最後も止まることなく押し切れるという走りっぷりが、サイレンススズカの可能性を感じさせる。ま、現実問題としてサイレンススズカほどの走りは無理だとしても、中距離を速めラップで逃げる形は案外はまったりするかもとか妄想してる。

 しかしアレだ、エフティマイアからナリタジューンまで特別勝利が遠かったが、そこからフィールドベアーに続いてあっさり3週連続特別勝利達成。となるとそろそろ重賞制覇がやってきてもいいかなーなんて思ったり。もっと言えば、G1を年に一個じゃ淋しいしあと一個二個上乗せってのも望みすぎじゃないよねーなんて思ったり。日曜日が待ち遠しい。
【キャピタルS】(東京)?キンシャサノキセキが後続を抑える


 昨年のPO馬メガリス500万下も突破。正直なとこ、もう少し時間がかかると思っていたが、先行して36秒台の上がりでまとめる素晴らしい内容。時計もそこそこ優秀で、すぐに1000万下で通用はしないにしても500万下の時計としては充分すぎるもの。2着にも母父フジキセキテイエムオーディンが入ってフジキセキファンには嬉しい結果になった。


 京阪杯に出走したタマモホットプレイはそれなりに走ったが7着まで。条件的にはベストにかなり近い条件だったが、時計面でこの辺が限界という感。おそらくだが1分8秒フラットがいっぱいいっぱいの馬なんじゃないかと。限界まで走れなくても今日くらいの時計で走れれば、馬場と展開ひとつで重賞でもチャンスはあるだろうし、まだまだ老け込む感じでもないんで来年もがんばってもらいたい。
■フサイチギンガ
レース結果
レース映像
(トップ→映像→過去映像→地域選択で岩手→検索→3R:2歳七組2歳七組 )


 1.3倍の圧倒的一番人気に支持されたフサイチギンガだったが、既デビュー馬2頭に先着されてデビュー戦は3着まで。

 内容は先日の記事の通り酷いものだった。出遅れもすぐに前に取り付いて、3番手で勝負どころを迎えるも直線はフラフラ。最後は右ムチに反応して外ラチに吹っ飛んでいって差し切れず3着。これはもうどうしようもない。

 馴致レベルからじっくりやるか、調教・実戦の中でレースを教え込ませるか。どっちが現実的なのかも分からないが、長ーい目で見てあげないといけないっぽい。
■フサイチギンガ
特別インタビュー/フサイチギンガの佐々木修一調教師に聞く

 フサイチギンガがいよいよデビュー。同じように佐賀所属となったフサイチサガントスから随分と遅れてしまったので心配していたが、心配するに値するような状況だったようで。こういうのも含めて実力なんだから仕方ない。フサイチギンガがより実力を発揮できるように陣営が努力してくれるのを見守るしか。無力で無責任だが応援するのみ。
カテゴリー
CssTagCloud

ロープアドープ  コアレスレーサー  トーセンラピュタ  シャークベイ  キョウエイヒドラ  スナッチアキス  ローザルージュ  マザックヤース  シュネークリスタル  レインボーシャワー  Fuji_Fantasy  コットンパール  ノースウィナー  コスモアルヘナ  ツキミチャン  ベストブルーム  ノーブルクリスタル  キイレ  ヴェリーウェル  アドマイヤシェル  シャルロットノアル  ピアチェーレ  ジェネロシティー  ブライトライン  フジノゴールド  マサノホーク  宝塚記念  メイプルレインボー  ピックアンドポップ  サダムリスペクト  スティンライクビー  トゥルーストーリー  アラフジ  アサクサレーサー  オンガエシ  タマモホットプレイ  ダイタクリーヴァ  アーベントロート  マルシアーノ  セルリアンコスモ  タマモトッププレイ  キングレオポルド  スリーキンシャサ  プレスアテンション  ヒットジャポット  京都新聞杯  タマモベストプレイ  ケイアイアストン  オトコノヒマツリ  マーセラス  アキトフォルテ  バアゼルリバー  エイシンシテンノー  ピースオブパワー  シャイニングホープ  タガノラヴキセキ  トップライセンス  タピエス  ロードクルセイダー  ダイシンカレラ  アズマリュウセイ  オフクヒメ  ミラクルレジェンド  ウインオベロン  ルノートル  シュウジ  ラプレシオーサ  クランドールゲラン  メガオパールカフェ  コスモマーベラス  ハングリージャック  キタサンコンサート  オベリスク  レアドロップ  セイクリッドセブン  ビッグホワイト  ミカノレディー  マサノジェット  ワキノキセキ  キクノエクレール  タカオキセキ  プレシャスペスカ  シャイニーアース  ジェイウォーク  オブテネール  ブルザンインディゴ  プレゼピオ  ダイナミックウオー  マスターソムリエ  フライトゥザピーク  ユースティティア  サトノスティング  トーセンギャラリー  フジヤマコクリュウ  レディーゴー  タガノシビル  キョウエイプライド  マックスバローズ  ショウナンアンジュ  マレボプール  ブラスリング  サフィロス  エーシンジャッカル  スパイスシャワー  応援馬券  フィールドベアー  ウェディングフジコ  クラシコ  ブラックルーラー  アークマイニング  グァンタナメラ  ナリタプレリュード  エルズミーア  シャイニーリーヴァ  タムロスカイ  メイショウワダイコ  ドラケンスバーグ  エイシンオルドス  ダンスインザムード  アースワンキセキ  ヒカルアカツキ  ストレイトガール  クインズサン  松国ローテ  マウントハレアカラ  コウザンヒキリ  ソフトライム  ソワンドタイガー  ショウナンバーキン  ゴーソッキュー  ポップリヴァーサル  アスターサンダー  ブライティアパルス  ショークール  ロサギガンティア  オリアーナ  クレバートウショウ  タマモナイスプレイ  ミエノキセキ  ダンツカナリー  レッドカーペット  アイムユアドリーム  天皇賞  シンゼンガンプ  レレマーマ  キタサンガンバ  安田記念  アドマイヤリリーフ  メメビーナス  アルタイル  ラッキーマイラブ  アスクティターン  ロードシャリオ  デルマジュゲム  トウケイリニア  リターンストローク  シャラントレディ  アドマイヤシャイ  セール  秋華賞  ユリオプスデイジー  ナリタシルエット  ピュアダイアモンド  ポイントキセキ  ピュアダイヤモンド  レイヌドネージュ  イクシア  モルトカズマ  フロアクラフト  トーセンウィーク  ヴィクトリアマイル  チェスナットバロン  タガノハウリング  ニューレジェンド  アカンサス  サンフレイム  ウインユニファイド  トーホウアマポーラ  セブンサミッツ  メイショウホクシン  プロフェッショナル  ノースノース  ジーガールージュ  エールブリーズ  ポリール  クッカーニャ  セイウンオセアン  セラミックアート  ゼトス  スイープトウショウ  オメガブルーハワイ  ネオキセキ  メイショウワッフル  コパノカチーノ  ディライトフル  ウインランブル  サニーデイズ  アポロノホウリン  ミラクルボネット  ネコエルフ  プントバンコ  スマイリングムーン  ルールプロスパー  ブルミラコロ  タガノレイヨネ  カラマ  シャンパンサーベル  マルブツフジ  モンサンビアンカ  開催まとめ  マックヴァン  ブライティアスター  シングンガガ  ピッツバーグ  ジャーマンアイリス  ウインアズライト  ジートップキセキ  ビービーボヌール  マダムジルウェット  サイモンゼーレ  リアライズリンクス  シュシュブリーズ  タガノサイクロン  ブルーイングリーン  ハイベストバイオ  リアン  エースドライバー  シャイニングタイム  ビバグリーン  ジャドール  関東オークス  マルカベンチャー  コアレスリーヴァ  サグレス  パームアイランド  エリザベス女王杯  フォールインラブ  ジュンゲル  ウインフロレゾン  ランパスインベガス  サンドルトン  ゲネラルプローベ  パープルセイル  テンノサクラコ  ラズベリータイム  サダムパテック  メルヴェイユドール  デストリーライズ  ゴットマスタング  メイショウサムソン  キンシャサノキセキ  ゴールデンクラウン  ショコラーチ  タイキソレイユ  トーセンアマポーラ  キタサンアミーゴ  マンボノテイオー  ブンブンブラウ  バナナムーチョ  アドマイヤダリヤ  ダービー  ヒーロー  フジキセキ  プリームス  モレサンドニ  イスラボニータ  スマートカルロス  ヤマイチキセキ  ユアマイラブ  ウインレナータ  ダノンキセキ  プリティアクィーン  スマートオーディン  マイルCS  クールモア  クールマギー  プリンスコウベ  メイショウボノム  ゴールドヘクター  アドマイヤサガス  ジョージジョージ  プレシャスレディー  アクロスザヘイブン  ティノ  アースエンジェル  ステラーケイト  テイエムライオネス  ジュエルクイーン  カフェラビリンス  サラマンカ  マチノアカリ  朝日杯FS  コルポディヴェント  ヤマイチレジェンド  アドマイヤヤング  オークス  ダノンシャンティ  帝王賞  テイエムグンカン  ファントムロード  マダムヤッコ  コスモレティクルム  グランセブルス  ゴーハンティング  サウンドレーサー  ブラックブリーズ  マーブルフレンテ  ミッキーシャンティ  NHKマイルC  クロンドローリエ  七夕賞  エフティシュタルク  ロンドンタウン  スプリングアース  サンマルメジャール  グランマルシェ  ゴールドキセキ  トシファイブスター  クイーンキセキ  シンメイフジ  ダーズンローズ  ポッドシルビア  カネヒキリ  クーノキセキ  エーシンカオルーン  ブライティアミル  スズハヤトウー  スティルゴールド  チョウカイキセキ  レイディルアレナ  キタサンエピソード  ユキノカトレア  ショウナンカウィー  タガノビッグバン  菊花賞  ベルモントホウオウ  クロフォード  チーフアセスメント  ハッピーサークル  ジャパンカップ  ヒカルカツキ  メイケイペガスター  オルティラアスール  バシレウスライオン  レッドグラサージュ  ネオザウイナー  アドマイヤモラール  コールサインゼロ  アチーヴ  レッドサイファー  プリュキエール  ウインブルーローズ  ダイオプサイド  シャイニーホーク  クレバーカイザー  カラフルデイズ  ドリームパスポート  ストローハット  ビップピュアレディ  ベルウッドローツェ  コルノグランデ  ビップフウマ  ワンダーブラザウン  ミッキーマーチ  フミノウインダム  プルメリア  ノリノリハッピー  スリラーインマニラ  ホーマンフリップ  ボップリヴァーサル  ショウサンミーベル  ミリオンウェーブ  コイウタ  ゴールデンファレノ  ジュヴェビアン  ミツバ  ソーディヴァイン  ジャズダンサー  デンファレ  アドマイヤコウベ  ジューンブラジリエ  エスピナアスール  フジノゴトク  ビアンカシェボン  ベツレヘムスター  チャームポット  馬券  ヴィオラーネ  タマモコントラバス  ビーナスライン  サンデーサイレンス  アルマオンディーナ  ローズミラクル  キングノヨアケ  アスクジョーダン  ショウナンバッカス  マルカシリウス  ツクバホクトオー  ニザエモン  タマモホットポット  ミラグロッサ  シルバーキセキ  ナリタシークレット  メリーチャン  ディープインパクト  サダムアリガトウ  エーシングランダム  サンライズイーグル  キスザスターズ  オースミレジスタ  カリスマサンキセキ  凱旋門賞  ビギンマニューバー  サーカスタウン  ビューティサン  モンサンナシーラ  フレンチイデアル  ロースミラクル  スケールアップ  マウントビスティー  キラリダイヤモンド  ソーミラキュラス  オレンジスムージー  ツーオブアス  桜花賞  トミケンモヴェール  レーティングまとめ  サイタスリーレッド  ピンクベリーニ  ミルキープッチ  ディオベルタ  ナリタスプリング  ドンデナーダ  マイネルヴォーダン  グレイスティアラ  イチブン  ピュアコンチェルト  リラ  ピエナアプローズ  フリーダムマーチ  ミラクルポイント  グッドラックミー  マイネルパッセ  トルバドゥール  エルフショット  パシフィックブルー  コアレスフェーブル  ダノンマッキンレー  エーシンデューク  エイシンキンチェム  ブルーメリディアン  ハーツクライ  ナンヨーカノン  Sushisan  フェブラリーS  皐月賞  クラスまとめ  コスモバルク  キンシノキセキ  ツインピークス  メイショウジビュス  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。