最新の記事
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■カネヒキリ
【東京大賞典】(大井)?カネヒキリ完全復活、ヴァーミリアン2着
東京大賞典結果

 カネヒキリが直線でヴァーミリアンとの叩き合いを制し、JCDに続くG1連勝。これで復帰後G1・2勝目、通算でG1・6勝となった。


 現地に行ったわけですよ。初めての大井競馬場。昼過ぎまで寝てたのもあってバタバタと家を出たわけですよ。立会川から歩きましたよ。ついたら16時回ってて焦って馬券を買って、ゴール前へ。厳密にはゴール板前じゃなく、ゴール50m手前くらいですか。ラチから20mほど離れたところへ。これ以上前に近づくのは怖く、これ以上後ろから見るのは不安で。

 現地で競馬を見ることってあまりないんです。


 どうなんでしょうね。何も言葉にできないわけですが。怖かったです。本当に。これからレースが始まるのが怖かったんです。


 カネヒキリ自身が抱えている不安。それがどれだけ大きいものかということは、それなりに長い時間競馬を見てきた人間なら嫌でも分かる。期待というものを背に乗せて走るには、あまりにも大きいダメージだ。

 JCDでは応援こそしたものの、その背中に期待を乗せてはいなかった。夢は自分の中でぐるぐると回り続けるだけで、カネヒキリの背に乗せようなんて思いもしなかった。あの感動的な結果に震えたし、夢をかなえてもらったものの、それはこちらから期待をしてのことじゃなかった。

 でも今の自分は違う。カネヒキリに期待せずにはいられなかった。

 だから、自分が願うものと違う結果が訪れてしまうかもしれないということが、たまらなく怖かった。


 レース中は何も考えられなかった。ほとんど覚えてない。スタートよく好位に取り付けたことに拳を握ったこと、直線に向いたところで外から並びかけるヴァーミリアンの勢いに敗戦を覚悟したこと、最後に目の前を通り過ぎるカネヒキリが最高に格好よかったことだけ覚えている。


 本当によかった。本当にありがとう。

 この日、カネヒキリフジキセキに並ぶヒーローになった。


■レース回顧
 というわけで細かいところも少し見ていこうかと。現地じゃ格好いいってことしか分からなかったんで、家でレースを見直してラップを見直して自分の中で落としどころだけ確認。


 12.4- 12.1- 13.0- 13.9- 13.0 という遅すぎるラップで1000m通過。格下のブルーホークにとっては一見ありがたいラップ。しかしこれだけ遅いと逆に勝利の目が完全に消えてしまうわけで。後続がピッタリついてきて上がり勝負では、現役ダート最強クラス相手じゃどうしようもないだろう。結果、35秒を切るような上がりを使わないと押し切れないという形になってしまい、それをこの馬に望むのは可哀想としか。

 カネヒキリは好スタートからスッと好位へ。外を回されることもなく、他の馬に不利を受けることもない理想的な位置取り。ブルーコンコルドフリオーソは位置取りの時点で終わってしまった。結果論になるが、この2頭はスタートで後手を取った分を取り返しにかかっても良かったかもしれない。なんせ2F目12.1秒。動いても脚は残せた。

 ヴァーミリアンは鞍上に上手く導かれていた。この頭数では最内がマイナス要素になりえるところだったが、スムーズに外目に持ち出してこちらもベストポジション。JCDでは最初のコーナーで位置取りを下げてしまったのが敗因の一つだけに、今回は力が発揮できるレースにできた。こちらとしてはそれが何よりも怖かったことだが。

 サクセスブロッケンはレース前に後方からのレースを示唆していたが、さすがにこのペースでは無理に下げるわけにもいかず。2強を見ながらのレースを想定していたのだとすれば誤算ではあったろうが、力を出すには充分な位置取り。

 そのまま隊列変わらずに勝負どころの3角まで。後半は 12.5- 12.2- 12.3- 11.4- 11.7 という極限の上がり勝負に。

 ラップが上がったところから4角にかけてで後ろのブルーコンコルドフリオーソは位置取りを押し上げようとするが、ヴァーミリアンカネヒキリには追いつけず。むしろ引き離されるような形。これはもう格の違いと言うしかないだろう。幾度も見てきた主役と脇役がハッキリ別れる瞬間が今回も形に表れた。

 この時点で争覇圏内と言えるのはカネヒキリ・ヴァーミリアン・サクセスブロッケン

 4角回って直線を向いた瞬間の印象はどう見てもヴァーミリアン。そこだけで勝ち馬を誰か当てろといわれたら、ヴァーミリアンとしか答えようがない。それくらいに素晴らしい手応えと反応だった。カネヒキリと馬体を併せ、そして交わしていく。ああ、やっぱりこの馬がベストのレースをしたら本当に強いんだなと思わされた。

 だからこそそこからカネヒキリが踏ん張って差し返したのには驚かされた。正直これは負ける時のシナリオだろとしか思えなかったから。最後2Fをともに11秒台で駆け抜けて、叩き合いを制して勝ち切ったのだから、最高級の評価を与えていいだろう。この馬は本当に強い。

 ヴァーミリアンも強かった。力を出し切れば今回のように他の馬を引き離して勝ち切れる強さがある。この上がり勝負で引き離すのだから、格が違うとしか言えない。さすがカネヒキリがいない間にダートで無敵の強さを誇っていただけある。展開一つでカネヒキリを負かすことは可能だろう。


 さて。改めてカネヒキリの来年。やはり海外には向かわないとのこと。国内専念。ただ、ダート専念との言葉は聞かれない。いや、2度も重度の屈腱炎をやっちゃった馬を今更芝に挑戦なんて考える方がおかしいのかも知れないけども。故障前には札幌記念への参戦プランもあった。ここで現役続行を考えるからにはそれくらいのサプライズがあっても……なんてね。

 その前にまずはフェブラリーS。これでG1・7勝目を挙げ、G1勝利数最多タイに並び、中央ダートG1最多勝記録更新して、すべてはそこから始まる。

 なんてこと考えてたら、ダイワスカーレットがフェブラリーS参戦の可能性が持ち上がっているとか。そういや昨年もそんなこと言ってたっけか。安牌と思っていたフェブラリーSが一気に面白くなってきた。タイプ的にダイワスカーレットがダートで力を発揮しても不思議はない。だからってダートで負けるわけにはいかない。向こうからすれば格好の叩き台ってとこだろうけど、なんとしても一泡ふかしてほしい。

 他にもダートの新鋭が続々出てきている。既存勢力もまだまだ衰えは見られない。ひょっとして来年のG1でフェブラリーSが一番面白いものになるかもね。


 あ、個人的な想いとしては、これで引退→来年種牡馬がベストってのは変わりません。種牡馬になれるのかって話があったりするけど、どう考えてもなれるでしょう。陣営がよりよい条件での種牡馬入りを考えての現役続行だっただけの話で。そのために評価を上げたかっただけで。

 だからこそここで引退するわけにもいかないし、どこかで芝にチャレンジでもして評価を上げなければ……なんて調教師は考えてそうだなぁって思ってます。はい。


スポンサーサイト
第5回阪神開催

 35頭出走【3-3-2-3-24】
 勝率:0.086
 連対率:0.171
 複勝率:0.229


12月*6日5頭出走【0-1-0-1-3】
12月*6日4頭出走【2-0-0-0-2】
キタサンアミーゴ__6R 2歳新馬 芝2000 55 川田 将雅____1着
カネヒキリ_____11R ジャパンCD ダ1800 57 C.ルメール___1着

12月13日3頭出走【0-0-0-1-2】
12月14日5頭出走【0-0-0-1-4】
12月20日5頭出走【0-1-0-0-4】
12月21日5頭出走【0-0-1-0-4】
12月27日1頭出走【0-0-0-0-1】
12月28日7頭出走【1-1-1-0-4】
フィールドベアー__12R ファイナルS 芝1600 57 秋山 真一郎__1着


第5回中山開催

 21頭出走【0-3-0-3-15】
 勝率:0.000
 連対率:0.143
 複勝率:0.000


12月*6日3頭出走【0-0-0-0-3】
12月*7日3頭出走【0-0-0-1-2】
12月13日3頭出走【0-0-0-0-3】
12月14日1頭出走【0-1-0-0-0】
12月20日3頭出走【0-0-0-2-1】
12月21日3頭出走【0-1-0-0-2】
12月27日1頭出走【0-0-0-0-1】
12月28日4頭出走【0-1-0-0-3】



第3回中京開催

 22頭出走【0-1-2-2-17】
 勝率:0.000
 連対率:0.046
 複勝率:0.136


12月13日4頭出走【0-0-1-0-3】
12月14日5頭出走【0-0-0-0-5】
12月20日2頭出走【0-0-1-0-1】
12月21日2頭出走【0-0-0-0-2】
12月27日3頭出走【0-0-0-0-3】
12月28日6頭出走【0-1-0-2-3】

■フジキセキ通信・12月28日号
3場開催17頭出走【1-3-1-2-10】

・阪神(7頭出走【1-1-1-0-4】)
キャニオンブラウン_6R 2歳新馬 芝2000 55 下原 理____3着
マイネルビバーチェ_6R 2歳新馬 芝2000 54 浜中 俊____7着
サトノエクスプレス_7R 2歳500万下 芝1600 55 北村 宏司__2着
ハニーフラッグ___8R 3歳上1000万下 ダ1800 55 秋山 真一郎_7着
フサイチダイチャン_9R 3歳上1000万下 芝1600 56 鮫島 良太__7着
アメジストリング__10R オリオンS 芝2400 53 武 幸四郎___11着
フィールドベアー__12R ファイナルS 芝1600 57 秋山 真一郎__1着

・中山(4頭出走【0-1-0-0-3】)
カラードミル____1R 2歳未勝利 ダ1200 54 小林 淳一___8着
ワインアドバイザー_5R 3歳上500万下 ダ1800 57 C.ルメール__2着
カサデアンジェラ__6R 3歳上1000万下 ダ1200 54 三浦 皇成__8着
クロカンブッシュ__8R グッドラックH 芝2500 52 三浦 皇成___6着

・中京(6頭出走【0-1-0-2-3】)
ワキノキルシェ___1R 3歳上500万下 ダ1700 54 長谷川 浩大_4着
ケイアイアストン__8R 3歳上500万下 芝1200 53 宮崎 北斗___6着
クーノキセキ____9R 3歳上500万下 芝2000 54 上村 洋行___4着
マルイチキセキ___9R 3歳上500万下 芝2000 57 生野 賢一___9着
アドマイヤミラクル_10R 矢作川特別 ダ1700 57 藤岡 康太____2着
ミリオンウェーブ__12R 尾張S 芝1200 54 和田 竜二______13着


 今年最後は17頭と多数出走。


 どの馬も掲示板までは来れても勝ち切れず、今年の中央最後の勝利はカネヒキリJCDかぁと思っていたところで、今年の最後のレースとなるファイナルSフィールドベアーが見事に勝利。トップハンデでよくがんばってくれた。これで今年はオープン特別を3勝、重賞で2着2回3着1回と、年間通してよくがんばってくれた。ここをトップハンデで制したことで、来年改めて重賞戦線で期待が膨らんだ。


 いろいろありましたが今年はG1・3勝含む重賞7勝でリーディング2位と素晴らしい結果に終わりました。まだ明日の東京大賞典が残っていますが、これでひと段落。来年もフジキセキ産駒が重賞戦線で活躍してくれることを期待しています。
■ダイタクリーヴァ通信・12月28日号

・阪神
ルールプロスパー__9R 3歳上1000万下 芝1600 56 角田 晃一__10着

・中京
ベニバナ______9R 3歳上500万下 芝2000 54 池崎 祐介__5着
■フジキセキ通信・12月27日号
3場開催5頭出走【0-0-0-0-5】

・阪神(1頭出走【0-0-0-0-1】)
ジニオマッジョーレ_6R 2歳新馬 芝1600 54 松岡 正海_____11着

・中山(1頭出走【0-0-0-0-1】)
ダイワパーパス___4R 2歳未勝利 芝2000 55 武士沢 友治___10着

・中京(3頭出走【0-0-0-0-3】)
キセキノミノル___4R 2歳未勝利 芝2000 54 藤岡 康太____10着
ビートオール____8R 3歳上500万下 ダ1700 57 丹内 祐次__中止
ベレッツァ_____11R 中京日経賞 芝1200 53 芹沢 純一___16着


 今年のラス前は5頭出走で未勝利。一桁着順もなしは哀しいところ。オーラスは17頭出走とここ最近では一日の最多出走頭数となるので期待したいところ。

 あ、ホントのオーラスは29日の東京大賞典か。見に行けたら見に行こう。

■ダイタクリーヴァ通信・12月27日号

・中山
ベルウッドローツェ_4R 2歳未勝利 芝2000 55 池田 鉄平____9着


■フジキセキ通信・12月21日号
3場開催10頭出走【0-1-1-0-8】

・阪神(5頭出走【0-0-1-0-4】)
アスカルディ____1R 2歳未勝利 ダ1400 54 藤岡 佑介____8着
ダンツブロンズ___1R 2歳未勝利 ダ1400 55 小林 徹弥____11着
ドンスピリタス___1R 2歳未勝利 ダ1400 55 川田 将雅____6着
スナークムサシ___4R 障害未勝利 ダ2970 60 仲田 雅興____3着
コスモスプライト___7R 2歳500万下 ダ1200 54 浜中 俊____6着

・中山(3頭出走【0-1-0-0-2】)
エクロジオン____7R 3歳上500万下 ダ1800 57 村田 一誠__8着
アクロスザヘイブン_10R クリスマスC 芝1600 54 柴田 善臣___11着
テラノファントム__12R 幕張特別 芝2000 56 藤田 伸二____2着

・中京(2頭出走【0-0-0-0-2】)
キセキサイチャン__1R 2歳未勝利 ダ1000 54 田島 裕和____8着
アドマイヤミラクル_10R 香嵐渓特別 ダ1700 57 的場 勇人____12着


 今日は10頭出走で未勝利。勝ち星が遠いなぁ。


 休養明け叩いて2戦目のテラノファントムが前走3着に続いて2着。さすがにこのクラスでは格が違うとばかりに圧倒的人気に推されたが応えることができなかった。

 この馬に関してはもうとにかくキレないってのがすべて。今日も力はまずまず出せていたが、まくってそのまま押し切った勝ち馬を差し切るような脚はそもそも持っていない。逆にテラノファントムがあんなレースができればいいんだろうけども。

 ま、相手は準オープンでの連対経験があったわけで、これで期待はずれと言うのは早いか。ナリタダイコクと揃って決め手不足に悩みそうだが、そうなるとフィールドベアーのような感じになっていくのかな、と。

 もっとテンが速くなったり、道中が緩まないラップになればこのクラスは軽く突破できそうなんだけどもなぁ。実力はあるというか、クラスが上がっても壁にぶつからないと思うんだけども。
【幕張特別】(中山)?トーセンクラウン 快勝

■ダイタクリーヴァ通信・12月21日号

・中京
コアレスリーヴァ__9R 3歳上500万下 芝1200 57 赤木 高太郎__5着


 3着と同タイム5着とまずまずの走り。休養前の最後のレースからすると、ちゃんと立て直してきているのが分かる。これなら裏開催でメンバーに恵まれればもしかしたらもあるかも。
カテゴリー
CssTagCloud

ストレイトガール  レディーゴー  スリーキンシャサ  シュシュブリーズ  タマモナイスプレイ  ブルザンインディゴ  ミツバ  タピエス  タカオキセキ  ブライティアスター  アキトフォルテ  キラリダイヤモンド  アチーヴ  シンゼンガンプ  ナリタプレリュード  タガノラヴキセキ  チーフアセスメント  アクロスザヘイブン  チョウカイキセキ  キングノヨアケ  シルバーキセキ  ドリームパスポート  カネヒキリ  コアレスリーヴァ  ゲネラルプローベ  ビューティサン  オレンジスムージー  コイウタ  テイエムライオネス  ミエノキセキ  スイープトウショウ  アーベントロート  ニザエモン  ハングリージャック  トルバドゥール  ハイベストバイオ  ピュアダイヤモンド  ネオザウイナー  キクノエクレール  シャークベイ  ビアンカシェボン  ダイナミックウオー  スティルゴールド  エースドライバー  マックスバローズ  ミラクルボネット  ニューレジェンド  ジェネロシティー  マックヴァン  ツクバホクトオー  ゴールデンクラウン  ウインフロレゾン  トーホウアマポーラ  ショウナンバッカス  サグレス  ビーナスライン  プリティアクィーン  サンデーサイレンス  プントバンコ  キンシノキセキ  エスピナアスール  ロープアドープ  コールサインゼロ  タガノシビル  プレゼピオ  マルカシリウス  コスモレティクルム  ロードクルセイダー  モンサンビアンカ  トシファイブスター  ショウナンバーキン  Sushisan  オメガブルーハワイ  スパイスシャワー  マルブツフジ  クラスまとめ  オブテネール  スズハヤトウー  ブライトライン  ダイオプサイド  シャルロットノアル  セブンサミッツ  タマモトッププレイ  帝王賞  エールブリーズ  シャイニーホーク  ビップフウマ  タガノビッグバン  サイタスリーレッド  イチブン  テイエムグンカン  グッドラックミー  ジェイウォーク  メイショウホクシン  安田記念  マチノアカリ  キョウエイプライド  マンボノテイオー  アドマイヤダリヤ  ストローハット  ノーブルクリスタル  チャームポット  ヒーロー  ミルキープッチ  ヒカルアカツキ  レッドサイファー  ショウサンミーベル  サンライズイーグル  フジヤマコクリュウ  デルマジュゲム  トーセンアマポーラ  サトノスティング  ウインユニファイド  グランマルシェ  関東オークス  パープルセイル  ブルーメリディアン  フリーダムマーチ  ブルーイングリーン  フォールインラブ  ウェディングフジコ  グァンタナメラ  ゴールドヘクター  ソーミラキュラス  ディオベルタ  マルシアーノ  コルノグランデ  シュウジ  サーカスタウン  フライトゥザピーク  マーセラス  セイウンオセアン  クロフォード  アドマイヤサガス  ブラックブリーズ  ユリオプスデイジー  ヤマイチレジェンド  シンメイフジ  ワキノキセキ  シャイニーリーヴァ  ダノンキセキ  クインズサン  ウインレナータ  サダムリスペクト  ショコラーチ  セルリアンコスモ  モンサンナシーラ  ケイアイアストン  オースミレジスタ  エイシンキンチェム  ピックアンドポップ  シャイニングホープ  スケールアップ  フジキセキ  朝日杯FS  カラフルデイズ  ショウナンカウィー  ロードシャリオ  プルメリア  クイーンキセキ  アポロノホウリン  レイディルアレナ  ナリタシルエット  トウケイリニア  ダノンシャンティ  アサクサレーサー  オークス  クレバートウショウ  プロフェッショナル  コパノカチーノ  プリュキエール  テンノサクラコ  ダンツカナリー  キョウエイヒドラ  ディープインパクト  オルティラアスール  スマートオーディン  ローズミラクル  イクシア  サンフレイム  アドマイヤコウベ  プレシャスペスカ  シャラントレディ  ユキノカトレア  マイネルパッセ  宝塚記念  アースワンキセキ  ハーツクライ  タムロスカイ  ビギンマニューバー  サイモンゼーレ  アドマイヤシャイ  トーセンウィーク  ルールプロスパー  タガノハウリング  マザックヤース  コスモバルク  コアレスレーサー  クロンドローリエ  ピースオブパワー  メイショウワダイコ  プリームス  エイシンシテンノー  プレシャスレディー  ミラクルレジェンド  サウンドレーサー  スリラーインマニラ  ジャドール  サフィロス  アドマイヤシェル  ハッピーサークル  セラミックアート  ヴェリーウェル  ウインランブル  レイヌドネージュ  オフクヒメ  スティンライクビー  リターンストローク  サダムアリガトウ  イスラボニータ  トップライセンス  ダーズンローズ  サンマルメジャール  セイクリッドセブン  ノリノリハッピー  凱旋門賞  アースエンジェル  ボップリヴァーサル  ピアチェーレ  ミリオンウェーブ  ネオキセキ  ラプレシオーサ  エーシンカオルーン  ミッキーシャンティ  メイケイペガスター  ユアマイラブ  マサノホーク  キタサンガンバ  デストリーライズ  カラマ  ジューンブラジリエ  アークマイニング  トミケンモヴェール  クレバーカイザー  シャイニングタイム  ダンスインザムード  メリーチャン  タマモホットポット  ゼトス  トーセンラピュタ  ピエナアプローズ  アスターサンダー  ステラーケイト  レッドグラサージュ  キタサンアミーゴ  菊花賞  ウインアズライト  Fuji_Fantasy  レレマーマ  オベリスク  タガノサイクロン  トゥルーストーリー  ショウナンアンジュ  デンファレ  マスターソムリエ  ミラクルポイント  ナリタスプリング  ポリール  サニーデイズ  ヴィオラーネ  トーセンギャラリー  ツキミチャン  ブラスリング  コスモアルヘナ  アドマイヤリリーフ  マウントハレアカラ  アドマイヤヤング  サラマンカ  NHKマイルC  ソワンドタイガー  応援馬券  リアン  フジノゴトク  ミカノレディー  アスクティターン  ノースノース  アルタイル  レッドカーペット  ローザルージュ  クールマギー  マイネルヴォーダン  コアレスフェーブル  ジュンゲル  レアドロップ  マイルCS  ドンデナーダ  ヤマイチキセキ  メイショウボノム  オリアーナ  ロンドンタウン  ジャーマンアイリス  ゴットマスタング  メイショウワッフル  桜花賞  メメビーナス  エーシンジャッカル  アカンサス  プレスアテンション  フェブラリーS  ブラックルーラー  松国ローテ  アドマイヤモラール  エルズミーア  クールモア  ジートップキセキ  馬券  ノースウィナー  ダイシンカレラ  ベルモントホウオウ  ミッキーマーチ  リラ  アルマオンディーナ  カリスマサンキセキ  モレサンドニ  パシフィックブルー  ゴーハンティング  タイキソレイユ  リアライズリンクス  スナッチアキス  バシレウスライオン  ビバグリーン  グランセブルス  コルポディヴェント  シュネークリスタル  フロアクラフト  メイショウサムソン  クーノキセキ  ゴーソッキュー  メガオパールカフェ  グレイスティアラ  フィールドベアー  エイシンオルドス  マレボプール  アイムユアドリーム  ツインピークス  京都新聞杯  ラズベリータイム  エフティシュタルク  カフェラビリンス  メイプルレインボー  ピュアダイアモンド  キスザスターズ  ゴールドキセキ  ブンブンブラウ  スマイリングムーン  レーティングまとめ  タマモベストプレイ  ドラケンスバーグ  アズマリュウセイ  ピュアコンチェルト  オンガエシ  ネコエルフ  七夕賞  セール  ホーマンフリップ  フレンチイデアル  マサノジェット  ジャズダンサー  コスモマーベラス  ランパスインベガス  モルトカズマ  チェスナットバロン  キイレ  アスクジョーダン  マダムヤッコ  キタサンコンサート  ダノンマッキンレー  パームアイランド  マルカベンチャー  ショークール  ヒットジャポット  ワンダーブラザウン  ロサギガンティア  ベルウッドローツェ  皐月賞  コウザンヒキリ  ファントムロード  ジャパンカップ  ラッキーマイラブ  クッカーニャ  ヒカルカツキ  ツーオブアス  レインボーシャワー  ソフトライム  エーシンデューク  オトコノヒマツリ  タガノレイヨネ  スプリングアース  ピンクベリーニ  ジョージジョージ  シングンガガ  ベストブルーム  プリンスコウベ  キタサンエピソード  エーシングランダム  エルフショット  ブルミラコロ  ベツレヘムスター  ビップピュアレディ  ダイタクリーヴァ  ミラグロッサ  フミノウインダム  コットンパール  ディライトフル  ジーガールージュ  キンシャサノキセキ  ポイントキセキ  天皇賞  ロースミラクル  タマモコントラバス  メイショウジビュス  ポッドシルビア  ウインオベロン  サダムパテック  ビッグホワイト  シャンパンサーベル  エリザベス女王杯  ティノ  サンドルトン  クランドールゲラン  バナナムーチョ  ブライティアミル  ジュエルクイーン  ピッツバーグ  ナンヨーカノン  スマートカルロス  マウントビスティー  キングレオポルド  秋華賞  開催まとめ  ポップリヴァーサル  ビービーボヌール  バアゼルリバー  ルノートル  メルヴェイユドール  マーブルフレンテ  ナリタシークレット  ジュヴェビアン  フジノゴールド  ダービー  ゴールデンファレノ  ヴィクトリアマイル  クラシコ  ソーディヴァイン  ブライティアパルス  ユースティティア  ウインブルーローズ  アラフジ  タマモホットプレイ  シャイニーアース  マダムジルウェット  

カウンター
ブログ内検索
月別記事
プロフィール

gigeki

Author:gigeki
フジキセキ系直系応援&成績まとめブログです。
画像はゴールデンダリア@プリンシパルSです。

edit

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

競馬リンク
競馬ブログ
RSSリーダー登録
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。